脱毛後のボディケアは注意点がたくさん!どんな点に気をつけるべき?

脱毛後のボディケアは注意点がたくさん!どんな点に気をつけるべき?

脱毛はマナーと言われるほど、多くの人が行っています。 サロンやクリニックで行う人もいれば、自己流で脱毛をする人もいるでしょう。 しかし、その後のボディケアは注意が必要なのです。 今回は脱毛直後のボディケアに関することについて紹介します。
脱毛はマナーと言われるほど、多くの人が行っています。サロンやクリニックで行う人もいれば、自己流で脱毛をする人もいるでしょう。

しかし、その後のボディケアは注意が必要なのです。今回は脱毛直後のボディケアに関することについて紹介します。

脱毛後に起きることがある肌トラブル


日常的にボディケアをしている人は、脱毛後にも同じ感覚で行ってしまう人もいます。しかし、脱毛後は注意点がいくつもあるのでこれらに気を付けないと肌トラブルにつながるのです。どんな点に注意するべきかを見ていきましょう。

脱毛後は乾燥状態

脱毛直後は肌が乾燥していると考えましょう。
特にカミソリや家庭用脱毛器を使った場合は、皮膚の表面がむき出しの状態です。

カミソリなどを使えば、肌の表面を削るのでダメージを受けやすい状態となっています。
そのため、安易なことをしてしまうと思わぬ肌トラブルを招くことになるのです。

肌が赤くなる

レーザー脱毛の後は肌に赤みが出やすいですよね。特殊なレーザーをムダ毛に照射して発熱させ、発毛組織を破壊するレーザー脱毛では、発生した熱によってお肌が炎症を起こします。

照射の時間が長かったり、出力が高かったり、脱毛前に日焼けしていた時などは赤く炎症を起こします。

カミソリで自己処理したときも赤みが出やすいですね。カミソリでムダ毛を剃る時に、皮膚の角質も傷つけてしまいます。角質が乱れたお肌は炎症を起こし、刺激に敏感になるので、赤みだけでなく、ヒリヒリ痛くなることもあります。

お肌が弱い人はカミソリ負けしやすいので注意してくださいね。除毛クリームや毛抜きでの脱毛もお肌を傷めます。はっきり言うと、お肌に負担を与えない脱毛方法はほぼありません。

ぶつぶつができる

脱毛後、赤いぶつぶつができたという経験ありませんか?
家庭用脱毛器やカミソリ、シェービングで自己処理するときだけでなく、サロンや医療脱毛をしてもぶつぶつができることがありますよね。
このぶつぶつの正体は毛嚢炎(もうのうえん)といって、毛穴の炎症のことです。

人間の皮膚には常在菌といって、いろいろな種類の菌がいます。(だからって汚いわけじゃないんですよ!)
脱毛した後のお肌はダメージを受けてバリア機能が低下しているから菌に抵抗できません。

毛穴の奥まで雑菌が入り込むと、炎症を起こして赤いぶつぶつができるんです。

かゆみが出ることもある

脱毛後にかゆみが出ている場合、既に乾燥状態が悪化していると考えられます。
保湿等をしっかり行って、少しでも肌の状態を良くすることを考えましょう。

かゆみが出ているからといって掻いてしまうと、余計に肌に負担をかけることになります。かゆみが出ている場合は冷やすなどをして、掻かないようにかゆみを抑える工夫をしてください。

脱毛後3日間は注意するべき

ボディケアで注意するのは脱毛直後だけではありません。基本的に脱毛から3日間は肌が乾燥しやすい状態が続くと考えてください。つまり、些細な刺激から肌トラブルにつながることが多いのです。

脱毛後のおすすめボディケア方法


脱毛後はボディケアができないのかと聞かれると、そうではありません。しっかりとポイントを抑えて行えば問題はありません。こちらでは、どのようなボディケア方法があるのかを見ていきましょう。

保湿をしっかり行う

乾燥状態を防ぐためには、保湿をしっかり行うことが大切です。乾燥状態だからと言って外に出ないわけにはいきません。保湿をしっかり行うことで、紫外線の影響などを最小限に抑えることができます。脱毛直後の場合はいつもよりも入念な保湿を行うようにしてください。

保湿しすぎということはないので、肌の乾燥を防ぐためにしっかりとケアをしましょう。

クールダウンで赤みを防ごう

お肌の炎症を防ぐために、クールダウンが必要です。
赤くなってヒリヒリしている部分は、氷水で冷やした清潔なガーゼやタオル、またはタオルに包んだ保冷材を軽く押しあてて冷やしてくださいね。

特に、熱を帯びている場合は十分に冷やしましょう。

保湿でぶつぶつを防ごう

角質層が剥がれていたり、炎症を起こしている皮膚は、バリア機能が低下して雑菌に対する抵抗力が弱くなっています。きちんと保湿してバリア機能を回復させましょう。

特に、カミソリやシェービングを使った後はお肌が乾燥していますから、化粧水やボディクリームで保湿してください。
最初に化粧水をつけて保湿した後に、ボディクリームで油分をプラスしましょう。傷みや刺激がある時は、低刺激の敏感肌用化粧水や乳液で保湿するのがおすすめ。

毛嚢炎が長引くと色素沈着して黒くなってしまう可能性があるので、早めにケアしてね。

脱毛後にしてはいけないNG習慣

ボディケアするだけではなく、肌トラブルをまねくNG習慣を避けることも大切ですよ。

脱毛後の摩擦NG

脱毛で傷ついた角質層をさらに剥がしてしまうので、摩擦は絶対にNGですよ。入浴中にタオルや垢すりなどで強くこするのはやめましょう。

特にVIO脱毛をした後は、下着による摩擦に注意してくださいね。化学繊維の下着は比較的固い素材なので、脱毛後のデリケートなお肌を傷つけてしまうかもしれません。

綿やシルクなど天然素材の下着を身につけましょう。

脱毛後の日焼けはNG

紫外線はお肌の天敵です!脱毛して炎症を起こしているデリケートなお肌に、日焼けは絶対NG。

そのため外出する際は、必ず日焼け止めを使いましょう。ただ、日焼け止めはSPFやPAの値が大きくなるにつれて効果が高いのですが肌への負担も強くなります。

海や山などアウトドアの場合は日焼け止め効果が高いものの方がいいのですが、買い物など日常的な外出の場合は高い効果のものでなくても構いません。APF30、PA++程度を目安にしておきましょう。

脱毛後の運動はNG

ジョギング、ヨガ、ジムでのトレーニングを毎日のルーティンに入れている人は少なくありません。
ですが、脱毛の後に運動すると体温が上昇して、皮膚の炎症がひどくなることがあります。
脱毛した日はできるだけ激しい運動を避けた方がいいですね。

脱毛後のボディケアは注意点をしっかり把握して行おう

脱毛した後は適切なボディケアが大切です。
間違ったボディケアをすると、ムダ毛がなくなり綺麗になった肌をかえって肌トラブルにしてしまうことに。

サロンやクリニックで脱毛をした場合は、脱毛後の注意点などアドバイスを受けることも可能です。
しかし、自分で脱毛をした場合は自分自身で注意点を調べないといけません。
ついいつも通りに過ごしてしまい、肌の乾燥を招いてしまったというケースもあるので気をつけましょう。
TOP