あまーい香りで気分も上がる!ローラメルシエのハンドクリームをご紹介します

あまーい香りで気分も上がる!ローラメルシエのハンドクリームをご紹介します

ちょっとした気分転換をしたいとき、ワクワクするような香りを取り入れることで気分が上がるということは多いものです。 かといって、香水はちょっと…ということもあると思います。 そんなときおすすめしたいのが、日中のハンドケアに使うハンドクリームです。 ローラメルシエには、うっとりするほどおいしそうな香りのするハンドクリームが揃っています♪
ちょっとした気分転換をしたいとき、ワクワクするような香りを取り入れることで気分が上がるということは多いものです。
かといって、香水はちょっと…ということもあると思います。
そんなときおすすめしたいのが、日中のハンドケアに使うハンドクリームです。

ローラメルシエには、うっとりするほどおいしそうな香りのするハンドクリームが揃っています♪

ローラメルシエ ハンドクリームの特徴

ローラメルシエのハンドクリームについて、香りや実際の使い心地をご説明していきます!

香りが限りなく本物に近い!

ローラメルシエのハンドクリームは、とにかく香りがとってもリアルでおいしそうなのが特徴です。
それもそのはず、シナモンやアラビアコーヒー、ナツメグ、カカオ、バニラなど、天然の材料がふんだんにつかわれているんです!
そのため、本物のお菓子のような甘い香りがリアルに表現されているということなんです♪

天然成分をたっぷり配合していて手指もしっとり

天然成分として含まれているのは香りの部分だけはありません。
手指をうるおす成分としても、シアバターやホホバ、グレープシードオイル、アボカドオイルなど贅沢な植物オイルをたっぷり配合しています。
また、アロエベラエキスや大豆たんぱく、アーモンドタンパク、ハチミツ、ヒアルロン酸などのうるおい成分が肌をしっかりと潤してくれます。

使用感はべたつかず、しっとりするのにすっとなじんで表面はさらっと仕上がるのが特徴です。
仕事中や作業の途中でさっと塗っても、次の作業の邪魔になりません。
ハンドクリームとしての機能も申し分ないといえそうです♪

ローラメルシエ ハンドクリームには4種類の香り

ローラメルシエにはとっておきの4種類の香りがあります。
どれも素敵な香りなので、気分によって使い分けてみても楽しいかもしれません♪

ローラメルシエ ハンドクリーム・クレームブリュレ

クレームブリュレは、生クリームをベースにしたこってりしたプリンの表面を砂糖で焦がし、飴色のカラメルを割って食べるお菓子です。
このクレームブリュレの香りは、まさにそんなお菓子そのものの香りだそうです♪
甘いバニラの中に、ほろ苦いカラメルの香りまで忠実に再現されています。

ローラメルシエ ハンドクリーム・アンバーバニラ

アンバーとは樹脂が化石化したもので、火にくべると甘い香りがするそうです。
香料として使われるほか、アクセサリーなどに使われることでも知られています。
そんなアンバーとバニラの組み合わせは、甘い香りにとにかく癒やされるとの声も多い人気の香りです。
少量でも強く香るので、眠る前に使うという人も多いようです。

ローラメルシエ ハンドクリーム・フレッシュフィグ

フィグとはイチジクのことです。
生のいちじくの、甘酸っぱくてどこか官能的な香りが表現されています。
フルーツ系のグルマン香水が好きな人にはぴったりハマりそうな香りといえるかもしれません。
フレッシュなのに大人っぽい香りが持続します。

ローラメルシエ ハンドクリーム・アーモンドココナッツミルク

アーモンドとココナッツ、ミルクの香ばしくてやさしい香りが広がって、幸せな気分になれます。
甘さがありながらも嫌味がなく、どこか懐かしい、誰もがうっとりしてしまうような香りといえそうです。
4種類のうち最も使いやすくて気に入っている、という声もあるようです☆

気分で使い分けても!ローラメルシエのハンドクリームで心にも肌にもうるおいを

ローラメルシエのハンドクリームはどれも香りが「絶品」といえる仕上がりになっています。
周囲に香りすぎてしまうのが気になってしまう人は、テレワーク時やお休み前などに使うというのもおすすめです。
とくに眠る前に塗るとリラックスできて、ちょっと贅沢な時間を味わうことができますよ☆
TOP