週一回のお手入れでぷるぷる唇に!リップスクラブについて解説します

週一回のお手入れでぷるぷる唇に!リップスクラブについて解説します

お肌のお手入れは入念にするけど、唇はついおろそかになりがち…という人はいませんか? 唇が荒れやすい人にとって、悩みは冬場だけではありません。 私も、油断するとすぐに唇がガサガサになったり皮がむけてきたりしてしまうタイプなので、お手入れが必須です。 唇が荒れていると口紅の発色もよくないし、塗りたてはきれいでも時間がたつとガビガビになってしまうこともあります。 そんな時のお助けアイテム、リップスクラブについてたっぷりご紹介します♪
お肌のお手入れは入念にするけど、唇はついおろそかになりがち…という人はいませんか?
唇が荒れやすい人にとって、悩みは冬場だけではありません。
私も、油断するとすぐに唇がガサガサになったり皮がむけてきたりしてしまうタイプなので、お手入れが必須です。

唇が荒れていると口紅の発色もよくないし、塗りたてはきれいでも時間がたつとガビガビになってしまうこともあります。
そんな時のお助けアイテム、リップスクラブについてたっぷりご紹介します♪

リップスクラブって?

リップスクラブとは、主にスクラブ(粒子)と油分で作られた、唇専用のスクラブです。
スクラブには、おもに砂糖や塩などが使われます。
油分はリップクリームでもよく使われるワセリンや植物オイルなどでできていることが多いです。

【リップスクラブを使うメリット】

ガサガサしがちな唇にとって、リップスクラブを使うメリットたくさんあります!
その中でも3つのポイントについて解説していきます。

唇の古い角質や汚れを落とす

まずは、唇の角質と汚れの除去です。
唇もお肌と同じで、古い角質がたまることで荒れやすく、乾燥したり皮がむけたりしやすくなります。
また、唇はさまざまな汚れがつきやすい箇所でもあります。
リップスクラブを定期的に使うことで新陳代謝を促し、汚れや角質をしっかりケアすることでやわらかくし、血行もよくしてくれます。
くすみや縦ジワが気になる唇を健康な唇に近づけてくれます。

唇の色素沈着を防ぐ

また、唇に汚れや口紅の色素が残っていると、色素沈着の原因になります。
ティントタイプの口紅などが普段のメイク落としで落とし切れていないこともあります。
リップスクラブでケアすることで、それらの汚れをリセットし、唇本来の色を守ることができます。

唇にうるおいを与えてくれる

スクラブでやさしく角質を落としてくれるのと同時に油分が補われるので、唇にうるおいを与えることができます。
スクラブでケアした唇には水分や油分が浸透しやすいため、普通にリップクリームやリップバームを塗るよりも効率よくうるおわせることができます。

【リップスクラブの選び方】

唇は、皮膚に比べて薄いため顔用のスクラブでは刺激が強すぎることがあります。
唇には、必ず専用のリップスクラブを選ぶようにしましょう。
選び方のポイントはいくつかあります。

ベースとなる成分で選ぶ

ベース成分は、唇にうるおいを与える決め手になります。
石油から作られているワセリンは、リップクリームやリップバームにもよく使われる素材です。
医療用としても使われるほど信頼性が高いものなので、安心して使うことができるといえます。
また、ホホバオイルやナッツオイル、シアバターなどの植物性油脂はオーガニック化粧品などにもよく使われます。
はちみつは唇をしっとりうるおしながらビタミンやミネラルを補い、なめらかに整えてくれます。

スクラブ成分で選ぶ

よく使われるのは砂糖(シュガースクラブ)ですが、他にもぶとうやあんずの種子、コーヒーの殻など植物を原料にしたスクラブなどもあります。
ボディスクラブで使われる素材よりも肌あたりがやさしいのが特徴です。

形状で選ぶ

リップクリームと同じような形で持ち運びやすく、手を汚さずに使えるスティックタイプは手軽で人気が高いです。
洗い流さないタイプであれば、外出先でもさっと唇に塗ってなじませることができるため重宝します。
一方、指ですくって使うジャータイプはスティックタイプに比べて大容量なので、自宅で使うのにおすすめです。
衛生面が気になるという人はスパチュラを使うのもいいでしょう。

【リップスクラブの使い方】

リップスクラブの使い方はアイテムによって多少違いがありますが、基本的に以下のステップになります。

1.唇を湿らせる
2.リップスクラブを唇にのせてマッサージする
3.ぬるま湯でリップスクラブを落とす
4.保湿する

メイクをしている場合は、クレンジングでリップカラーを落としてからおこなってください。
マッサージはガサつきや皮めくれが気になるからといってゴシゴシこするようなことはせず、やさしくおこないましょう。
乾燥がひどい人は、ラップなどで覆って10分ほどおくとさらに効果的です。
スクラブを洗い流したら、最後にリップクリームなどで保湿して完了です。

【リップスクラブを使う頻度】

リップスクラブはやりすぎると唇に刺激になり、かえって皮むけや黒ずみの原因になることもあります。
アイテムによりますが、だいたい週に1~2回を目安にするとよいでしょう。
毎日使えるものもありますので、商品の説明をよく読んで確認するようにしてください。

おすすめリップスクラブ・スティックタイプ

まずは、リップクリームのように持ち歩きもできて使いやすいスティックタイプのリップスクラブをご紹介します。

REVLON(レブロン) レブロン キス シュガー スクラブ

2020年のコスメアワードを多数受賞している実力派のリップスクラブです。
ザクロ種子油、ヨーロッパキイチゴ種子油、ブドウ種子油の3種のフルーツオイルのはたらきで、唇の荒れをケアしながらうるおします。
シュガースクラブが角質をケアしたあとは溶けていくため、洗い流す必要がありません。
そのため、お休み前やメイク前だけでなく日中も気軽に使えます。

K-Palette(ケーパレット) リップシュガースクラブモイスト

洗い流しがいらない、塗るだけの簡単リップスクラブです。
日中の保湿やお休み前に使うことができます。
砂糖のスクラブが体温で溶けて、唇の角質をやわらかくケアしてくれます。
保湿力が高いので、皮むけやゴワつき、ひび割れなど乾燥による唇のトラブルに悩む人におすすめ。
しっかりとうるおって赤ちゃんのような唇になれると評判のようです。
ミント・ローズ・ピーチ・レモンの4種類から選ぶことができます。

NUDE'up(ヌードアップ) リンクルリップス

こちらも洗い流さなくていいリップスクラブで、スクラブとバームに加えてティントの役割も果たしてくれます。
シュガースクラブは唇にのせてマッサージするうちに体温で溶けてなじみ、うるおしてくれます。
さらに、レチノール・エラスチン・フラーレンといった美容成分を配合しており、ぷっくりとハリのある唇に導いてくれます。
アルコールフリー・パラベンフリーで低刺激となっており、スクラブ自体もとろけるため、毎日でも使用することができます。
オレンジの香りもさわやかです。

Dior(ディオール) アディクト スクラブ&バーム

リップケアアイテムといえばアディクトマキシマイザーで知られるDiorの、リップスクラブアイテムです。
シュガースクラブが唇にのせるとバームのようにとろけて唇をうるおしてくれます。
スティックタイプで、スクラブも残らないため外出先でも手軽に使えるのがうれしいです。
自然なピンク色に発色して、血色の良い唇に見えるのも特徴です。
香りは甘く、見た目も上品なため人気の高いアイテムです。

おすすめリップスクラブ・ジャータイプその他

ジャータイプやポンプタイプなど、スティックタイプ以外のリップスクラブもご紹介します。
ジャータイプはスティックタイプに比べて容量が多く、また見た目にも楽しいものがたくさんあります♪

innisfree(イニスフリー) コーヒー リップスクラブ

アラビアコーヒーノキ種子と黒砂糖の2種類のスクラブが唇の角質をケアし、ココナッツオイルが唇をうるおしてくれるリップスクラブです。
ほろ苦く大人っぽいコーヒーの香りでリラックスできます♪
チェジュ島のイニスフリーグリーンカフェで出るコーヒー豆殻を原料にしているため、環境にやさしいのもポイントです。

トレンドホリック リップピーリング

砂糖のスクラブにはちみつや黒砂糖のエキスを合わせ、ビタミンCなどを配合したリップピーリングです。
少量とってマッサージをする使い方のほか、たっぷりと唇にのせて3~5分パックするという使い方もできます。
唇にのせるととろけるような感触になり、やさしくマッサージすることができます。
かさつきやくすみを解消し、ぷるぷるの唇に導いてくれます。

Laline(ラリン) リップスクラブ

ピンク色のかわいいリップスクラブで、香りは甘いバニラです。
砂糖のスクラブがやさしく唇をケアし、うるおいを引きよせながらくすみやかさつきを落としてくれます。
唇に少量のせて、砂糖のスクラブが溶けるまでやさしくマッサージしてから洗い流すか、ふき取って完了です。
唇の縦ジワやくすみが気になる人におすすめです♪

SABON(サボン) リップスクラブ

砂糖のスクラブが唇の古い角質をケアし、キメをととのえてくれます。
ホホバオイル・グレープシードオイル・シアバターといった植物性のオイルで唇にうるおいをあたえ、ふっくらと仕上げてくれます。
最後は洗い流さず、ふき取るだけで完了するのも手軽でうれしいポイントです。
低刺激で、週に2~3回の使用が推奨されています。

LUSH(ラッシュ) リップスクラブ

おいしそうな香りが取り揃えられている、LUSHのリップスクラブです。
シュガースクラブと天然香料の甘い香りで、口に入っても不快感がありません。
定番の香りのほかに季節のおすすめもあり、バイカラーやマルチカラーで見た目にも楽しいです。
洗い流した後はつるつるでやわらかい唇になるそうです♪

unpa.cosmetics BubiBubi Lip

唇専用のマッサージパックです。
唇にのせるとスクラブが泡立って、唇の上でしゅわしゅわします♪
泡の力で唇の汚れや角質をしっかり吸着・除去したあとは、モモやコメヌカなど天然由来の植物成分がうるおいを補給してくれます。

リップスクラブで、いつでもうるうるつやつやの唇に!

リップスクラブの使い方と、おすすめのリップスクラブについてご紹介してきました。
いつでもうるうるの唇でいられると、それだけではつらつとした印象を与えてくれます。
週に1~2回取り入れるだけで唇の荒れが改善し、見た目もよくなることが期待できますので、ぜひ試してみてください。
TOP