タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

肌につけてもいいアロマオイルはある?正しいアロマオイルの使い方を知ろう

肌につけてもいいアロマオイルはある?正しいアロマオイルの使い方を知ろう

健康や美容にも効果が期待できる、アロマオイル。ちょっとした体調不良など薬に頼らず解決したいときにもおすすめです。日常的に活用することによって気持ちが整うだけでなく、身体や肌へも良い効果を感じられるはず。 しかし、使い方には注意が必要です。体に良いといっても、アロマオイルを肌に直接つけることにはリスクがあるので、正しい使い方を知っておく必要があるのです。

健康や美容にも効果が期待できる、アロマオイル。ちょっとした体調不良など薬に頼らず解決したいときにもおすすめです。日常的に活用することによって気持ちが整うだけでなく、身体や肌へも良い効果を感じられるはず。

しかし、使い方には注意が必要です。体に良いといっても、アロマオイルを肌に直接つけることにはリスクがあるので、正しい使い方を知っておく必要があるのです。

健康や美容にも効果が期待できる、アロマオイル。ちょっとした体調不良など薬に頼らず解決したいときにもおすすめです。日常的に活用することによって気持ちが整うだけでなく、身体や肌へも良い効果を感じられるはず。

しかし、使い方には注意が必要です。体に良いといっても、アロマオイルを肌に直接つけることにはリスクがあるので、正しい使い方を知っておく必要があるのです。

アロマオイルは肌に直接つけない

「アロマオイル」と呼ばれるものの中でも、「エッセンシャルオイル」と呼ばれるものは100%の精油であり、自然の植物から抽出されるもの。なのでそれ自体は天然成分で、身体に良いものであることは間違いありません。しかし、精油は数百キログラムの植物からわずか数リットルだけを抽出されるものという仕組み上、自然の状態よりもかなり濃縮されており、刺激が強いのです。

アロマオイルを使うときの注意

アロマオイルを日常的に使うには、何点かの注意事項を気にしておく必要があります。まず、原液を直接皮膚に塗らないこと。また、精油を飲用するのも基本的にはNGです。もちろん、目に入らないようにも注意が必要です。小さな子供がいる家は特に気をつけましょう。

なお、ラベンダーとティートリーの精油は例外として、原液を肌につけることができると言われています。ただし、肌の弱い人は気を付けましょう。

保管方法にも注意し、引火の危険があるため火気に近づけるのは厳禁です。さらに酸化を避けるため、キャップをしっかり締めて冷暗所に保管することを意識しましょう。

アロマオイルを肌に使いたいときには

アロマオイルは肌に直接触れないように使うもの。そのため、マッサージで使う際にはちょっとした工夫が必要です。

マッサージで肌に使用する場合は、必ずホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどのキャリアオイルを使うようにします。キャリアオイルは植物油で、アロマオイルを混ぜて1%以下に希釈して使うようにします。キャリアオイルは揮発性の高いアロマオイルとは違うため、成分的に安定しています。そのため、肌に直接塗ることができるのです。

アロマオイルを飲まない

アロマオイルは基本的に飲まないようにしましょう。特に子どもやペットの誤飲には要注意。過去には死亡事故や瀕死の重症となったケースも報告されています。

海外では医師の指導のもとでアロマオイルを内服することもあるようです。しかしこれはあくまで、医師の指導の下行われること。容量や方法を誤ると、肝臓や腎臓に重大な影響を与える場合があるため、個人の判断では行わないようにしましょう。

キャリアオイルの選び方

キャリアオイルとは、植物から抽出された植物油のこと。キャリアオイルは皮膚の脂肪構造と似ているものが多く、皮膚に馴染みやすく栄養を与えてくれます。

アロマオイルを肌につける場合は、このキャリアオイルを使って必ず薄めて使います。キャリアオイルを使うことで、アロマオイルの濃縮された成分をおだやかに肌へ浸透させることができます。また、キャリアオイルそのものに含まれる美容成分により、美肌効果も期待できるでしょう。

スウィートアーモンドオイル

アロママッサージに最もよく使用される定番オイルといえば、このスウィートアーモンドオイル。使い心地はなめらかで、すべりが良いのが特長です。マッサージにはぴったりのオイルといえます。

オレイン酸やビタミンなどの美容成分を豊富に含んでいるため作用もおだやかなので、敏感肌の人でも安心して使うことができます。ほかのオイルに比べると酸化しやすいのが難点ですが、コストパフォーマンスが良くお手頃価格で手に入るので、普段使いに最適のオイルといえるでしょう。贅沢に使ってマッサージをしましょう。

ホホバオイル

ホホバオイルはホホバの実から採取したオイル。精製されたホホバオイルのほかに、未精製のゴールデンホホバオイルという黄金色のオイルもあります。

ホホバオイルは肌をやわらかくし、柔軟性を保ちたいときに向いているオイルです。使用感はしっとりしていてもべたつかず、さらっとした使い心地を求める人におすすめです。酸化しにくく、香りもほとんどありません。そのため日常のフェイスケアに最適で、どんな肌タイプの人でも使えるオイルです。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイルは、人の皮脂に含まれ加齢とともに減少する、パルミトレイン酸を含んでいるオイルです。そのため加齢による肌の悩みを抱える、エイジングケアをしたい人にさ特におすすめです。オイル自体は酸化しにくいので使いやすく、肌への刺激が少ないうえなじみやすいのも特徴。べたつかず、さらっとした感触のオイルを使いたい人には特に向いています。

アルガンオイル

アルガンオイルは「自然界の中で最高の老化予防薬」ともいわれるオイル。皮膚トラブルを回復、再生する効果が期待できる優れモノです。オレイン酸やリノール酸、ステロールなどの美容成分も豊富で、きめ細かくうるおいあふれる肌を目指したい人に向いています。

アルガンオイルは非常に希少価値の高いオイルなので、日常使いというよりは特別なご褒美として使うのがおすすめ。フェイシャル用のスペシャルケアなどに使うのが良いでしょう。

アロマオイルの希釈の仕方

アロマオイルは少量でも十分な効果を発揮します。そのため、濃度が高ければ良いというわけではありませんので、むしろ適度な薄さに保つ必要があります。濃度の高いアロマオイルは、かえって肌トラブルの原因になってしまいます。個人で使う場合には、一般的に安全な希釈率といわれている0.5%〜1%程度に薄めて使うようにしましょう。

アロマオイルの薄め方

アロマオイルは濃度を1%以下にして使うことを心がけましょう。1%濃度の場合は、キャリアオイル小さじ1杯・約5mlに対し、アロマオイル1滴・約0.05mlを垂らすことを目安にします。よく混ぜてから使いましょう。

希釈濃度の目安ですが、健康な肌状態である大人の場合は、顔用で0.1%〜0.5%、身体用で
1%にすると良いでしょう。敏感肌の人は、0.5%以下で考えましょう。アロマオイルは多くが1滴0.05mlなので、希釈を薄める場合には植物オイルの量を調整して多めにすると作りやすくなります。

アロマオイルの選び方

アロマオイルの選び方は、自分の好みの香りで選ぶに越したことはありません。加えて、健康上や美容上の得たい効果を想定してチョイスするのが良いでしょう。迷ったら万能な効果が期待できるラベンダーがおすすめ。

また、1種類でも構いませんが、複数のアロマオイルを組み合わせることで、香りの深みが増すとともに相乗効果が期待できます。

肌質別おすすめのアロマオイル

普通肌におすすめのアロマオイルは、ゼラニウム、ローズオットー、ローズウッドなどがあります。さらに、乾燥肌や乾燥に起因する肌トラブルにおすすめなのは、ゼラニウム、フランキンセンス、カモミール・ローマン、サンダルウッド、ネロリなど。脂っぽくて悩む脂質肌におすすめなのは、イランイラン、ローズマリー・ベルベノンなど。敏感肌におすすめなのは、ローズオットー、ローズウッド、カモミール・ローマンなどです。

また、どの肌質でもラベンダーはおすすめです。

パッチテストを行おう

キャリアオイルやアロマオイルは、まれに皮膚アレルギーを起こすことがあるので、初めて使う人や、敏感肌、アレルギー体質の人は事前にパッチテストを行うのが良いでしょう。

パッチテストは、キャリアオイルなどで希釈したアロマオイルを少量、腕の内側に塗布し、30分ほど置いて行います。このとき皮膚の状態を見て、赤みやかゆみ、炎症や腫れが生じたりしないかどうかを確認します。

かゆみや炎症などの異常が起きた場合は使用を中止し、すぐに水で洗い流しましょう。より厳密に行う場合は、48時間後の様子を確認するのが良いでしょう。

光毒性のアロマオイルに注意

ベルガモット、グレープフルーツ、レモンなど、中には紫外線と反応して肌に刺激を与える「光毒性」のアロマオイルもあります。たとえ薄めていたとしても、これらのアロマオイルを肌につけた直後に太陽の光に当たると、シミになったり赤く腫れることがあります。これらのオイルを使うときには、外出前や外出中は避けましょう。

アロマオイルをお風呂で使うときの注意点

アロマオイル、つまり精油はさまざまな使い方ができるもの。リラックスタイムであるお風呂で使うことができたら、より一層癒し効果が得られることは間違いありません。しかし、アロマオイルをお風呂で使うにはコツがあります。ここでは、お風呂でアロマオイルを使うときの注意点をまとめました。

お風呂で使う場合もキャリアオイルを

アロマオイルをお風呂で使う場合には、湯舟に直接オイルを垂らすより、キャリアオイルで混ぜてから使うのが効果的です。なぜならばアロマオイルは水に溶けにくい性質を持っているため、湯舟にそのまま垂らしても、混ざりきらないのです。そのため、濃度の高いアロマオイルが直接肌に触れてしまい、肌トラブルの原因となる可能性があります。

お風呂で使う場合にはキャリアオイルで希釈するか、天然塩や重曹などに垂らし混ぜて使うことで、こういったトラブルを回避することができます。


アロマオイルは肌に直接つけずキャリアオイルを活用しよう

100%のアロマオイルは、濃縮された成分なので原液のまま肌につけることは危険です。肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるので、自分の使いたいシーンに応じて、適切な濃度に薄めて使うようにしましょう。

その使い方さえ誤らなければ、アロマオイルにはあらゆる効果効能が期待できます。心身の不調にアプローチするだけでなく、美肌効果も期待できるので、女性の強い味方になること間違いありません。

TOP