夜のボディケアで乾燥知らず! うるつや肌を目指すスキンケア方法とは

夜のボディケアで乾燥知らず! うるつや肌を目指すスキンケア方法とは

お風呂上りや就寝前など、夜はボディケアを行うのに最適なタイミングということはご存知ですか? 顔のスキンケアだけでなく、手足や背中、お尻など夜だからこそじっくりできるボディケアを行って、乾燥に負けないうるうる、つやつや肌を手に入れましょう。
お風呂上りや就寝前など、夜はボディケアを行うのに最適なタイミングということはご存知ですか?

顔のスキンケアだけでなく、手足や背中、お尻など夜だからこそじっくりできるボディケアを行って、乾燥に負けないうるうる、つやつや肌を手に入れましょう。

いつやるの? 夜のボディケアにぴったりのタイミング

夜といっても、学校や会社から帰宅して寝るまでは数時間ありますよね。

食事や入浴、翌日の準備など、ぼーっとしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます(>_<)

夜はいつどんなケアをしたらいいのか、スキンケアに適したタイミングをご紹介します!
via pixta.jp

帰宅直後

お風呂に入るまでメイクしたままという人も多いようですが、肌の表面にあるメイクや皮脂などの油分は時間が経つと「過酸化脂質」という老化に影響を及ぼす物質に変化してしまいます。

なので、メイクをして出掛けて帰宅したらできるだけ早めにクレンジングすることが大切です。

お風呂で再度洗顔をすると肌に負担がかかることもあるので、乾燥が気になる人はこのタイミングで洗顔まですませましょう。

その際、しっとりタイプの洗顔料をしようするのがおすすめです。

お風呂上り

バスタイムは1日の疲れを癒す、とっておきのリラックスタイム。

バスタイム中にもできるボディケアはありますが、大事なのはお風呂上りです。

お風呂上りは入浴前よりも乾燥しやすく、時間勝負とも言えます。

身体の水滴をさっと拭いたら、ボディークリームやボディオイルなどを使って保湿しましょう。

身体が温まった状態で素早く保湿することがポイントです。

就寝前

美容は寝る前の行動が大事と言われることが多いのをご存知ですか?

お風呂上りに保湿をしますが、入浴と睡眠の間隔が空く人はもう一度保湿クリームを塗るなどスキンケアを行いましょう。

特に冬は暖房などで室内が乾燥しているのでこまめなケアが欠かせません。

軽いストレッチで身体をほぐしてからねるのもおすすめです。

質の良い睡眠と就寝前のボディケアを習慣にすると、翌日のお肌の調子が良くなるだけでなく気分も上がります。

夜のボディケアはこれをしよう!

夜にボディケアを行うタイミングをご紹介しましたが、、具体的にどのようなケアを行えばよいのでしょうか。

ボディクリームやオイル、マッサージなど、夜のボディケアで実践したいおすすめの方法をピックアップしました。

ボディクリーム

クリームを手に取ったら、まずは手のひらで温めます。

直接肌に塗るのではなく、手のひらで温めてから塗ることで効果もアップします。

塗り込む際、ごしごしとこすったりさらっと滑るように塗ったりするのはNG。
くるくるとやさしく塗り込むのがポイントです。

肌には細かい“シワ”が無数にあるので、単に滑るように塗るだけでは成分が行き届きません。

かといってごしごしとこするように塗ると肌に負担をかけてしまいます。

マッサージ

クリームやオイルを使ってマッサージしましょう。

血行促進や保湿だけでなく、リラックス効果もあるので1日の終わりにぴったり★

オイルはリラックス用、セルライト用、保湿用など種類によって効果も変わってくるので、自分の目的に合わせて選びましょう。

クリームはテクスチャーや香りで選ぶ楽しみもありますよね♪

毎日のルーティーンにしておけば、心と体を癒すお楽しみ時間になりそうです。
via pixta.jp

ストレッチ

寝る前のストレッチはついさぼってしまいがちですが、少しやるだけでも効果があります。
体が温まり寝つきも良くなるほか、疲労回復にも効果が期待できます。

筋肉が凝り固まったまま放置していると、代謝が悪くなったり身体がむくみやすくなったりします。
ストレッチポールなどを使って全身の凝りをほぐすのもおすすめです。

マッサージとセットで行うとより効果的ですね。




夜のボディケアを習慣化して憧れボディを目指そう!

夜は1日の中でも心身の疲れを取りリラックスできる大切な時間。

帰宅直後、お風呂上り、就寝前とさまざまなタイミングで適したボディケアを行いましょう。

1日で劇的な変化は期待できませんが、毎日続けることで理想の肌質やスタイルに近づいていくはずです。
TOP
無題ドキュメント