冬の紫外線が強い時間帯について冬でもUVカットは必要なの?

冬の紫外線が強い時間帯について冬でもUVカットは必要なの?

冬になると、気温が低くなり、湿度も低くなりますよね。夏とは全く違う気候になるので、紫外線ってそこまで強くないと思ってしまいがち。しかし、そのようなことはなく、UVカットは1年中必要です。冬の時期において、紫外線が強い時間帯とUVカットの必要性について見ていくことにしましょう。
冬になると、気温が低くなり、湿度も低くなりますよね。夏とは全く違う気候になるので、紫外線ってそこまで強くないと思ってしまいがち。

しかし、そのようなことはなく、UVカットは1年中必要です。

冬の時期において、紫外線が強い時間帯とUVカットの必要性について見ていくことにしましょう。

冬の紫外線が強い時間帯とは

冬になっても紫外線は降り注いでいますが、寒い時期だと、あまりピンと来ないですよね。

紫外線のことよりも、寒さ対策や乾燥対策に気が行ってしまいがち。

寒い時期において、紫外線量が多い時間帯は午前11時~午後13時となっています。

いわゆるお昼の時間帯であることは、夏場と変わりませんが、少し早い時間になっていることは確かなようです。

UV-Aについて

紫外線のひとつであるUV-Aは、冬になっても夏の半分ほどの量にしか減らないとか!
これは大事件ですよね…。

お肌の乾燥対策に意識が行きやすい時期ということもあり、紫外線のことは忘れてしまいがちですが、それは絶対に避けなければならないこと。

UV-Aに長時間当たり続けると、皮膚の老化が早まり、しわやたるみの原因となります。

UV-Bについて

UV-Bは、皮膚の表面に影響を与えると言われており、シミやそばかすの原因になります。

また、サンバーンを引き起こすと言われています。

サンバーンというのは、皮膚の表面がやけどをしたかのような状態になること。

繰り返すことで皮膚がんになりやすくなるため、できる限り避けた方がいいでしょう。

冬も日焼けはするもの?

結局のところ、冬でも日焼けはすると言えるでしょう。

しかし、夏のように一気に焼けるということがあまりないため、気が付きにくいのです。

また、露出の少ない服装であるため、顔以外は日焼けしにくいと言えます。

一気に焼けないだけで日焼けはしています

一気に日焼けしないからこそ、冬の紫外線は怖いと考えた方がよさそうです。

日々、蓄積されていく紫外線ほど怖いものはありません。

冬でも日焼け止めは塗るようにし、ちょっとした外出でも紫外線カットをしましょう。

寒い時期は、太陽の光がぽかぽかして気持ちが良い…と全く気にせず、むしろ心地よく感じてしまうことも多いのですが、あの行為はかなり危険なんですよね。

私は、冬のひなたぼっこが大好きで、紫外線なんて全く気にしていませんでした。

今思うと、これまで何十年も恐ろしいことをしていたかのような気持ちになります。

皆さんも気を付けてくださいね!

日焼け止めは冬でも使うべき

冬になると湿度が著しく低下するので、常に乾燥した状態となります。
特に外の湿度の低さは概ね、気温と比例しているもの。

冬の方がシミを作りやすい理由として、

①寒さに気を取られて紫外線対策が不十分
②外気が乾燥しており、乾燥肌になると角質層の水分を失う
③寒いことから、血行不良になり、そのことがターンオーバーに影響する


大きく分けると、このような理由になります。

冬だからこそ、うっかりしていたかのような理由がシミへとつながるのです。

冬の紫外線はお昼の時間帯が危険!寒い時期もせっせとUVケアしましょう

これまで浴びて来た紫外線は仕方ないとしても、これからの紫外線を気を付けることはできますよね。

女性ならだれでも、きれいな肌には憧れるはず…。

私も冬の紫外線対策は甘かったこと実感していますが、その結果が目の下のシミなんだと納得(-_-;)

皆さんは、私のようにならないためにも、1年中紫外線対策を行うようにしましょうね♪
TOP