日焼け止めの使用期限はどうなってる?期限切れでも大丈夫?

日焼け止めの使用期限はどうなってる?期限切れでも大丈夫?

みなさん、日焼け止めって毎年使い切っていますか? 私もほとんど使いきるタイプなんですけど、たまに使い切れなかったものがあるんですよね。 翌年も使えるのかな~、大丈夫かな~、なんて思っているうちに数年経ってしまったものもあります。 今回は日焼け止めの使用期限について見ていきましょう。
みなさん、日焼け止めって毎年使い切っていますか?
私もほとんど使いきるタイプなんですけど、たまに使い切れなかったものがあるんですよね。
翌年も使えるのかな~、大丈夫かな~、なんて思っているうちに数年経ってしまったものもあります。

今回は日焼け止めの使用期限について見ていきましょう。

日焼け止めの使用期限ってある?

日焼け止めって使用期限ってあるのかなって思ったことは一度くらいありますよね。
こちらでは日焼け止めの使用期限に関することを見ていきましょう。

開封前は製造日から3年以内!

基本的に開封前であれば、製造日から3年以内が使用期限となっています。
というか、3年以内で変質する化粧品じゃない限りは使用期限を表示する必要がないと薬機法で定められているのです。
そのため、日焼け止めは使用期限が書かれていないものばかりなので未開封状態で3年以内ということで大丈夫かなって思います。

ただ、日が当たる場所で保存している場合は若干不安になってしまいますけどね。

開封後は1年以内に使い切ろう

開封後の場合は、明確な期限は定められていませんが1年以内に使い切るのがベストのようです。
残っていると勿体ないと思って取っておいてしまっていますが、1年以上前のもので開封済みの場合は処分した方がいいようですね。

1年後でも効果はある?

日焼け止めの使用期限が切れていてもSPFやPAなどに変化は起らないようです。
しかし、酸化する速度が早いのでなるべくなら使わない方がいいかなって感じですね。
特に肌が弱い人は些細なことでトラブルを起こす可能性があるので気をつけましょう。

使用期限が過ぎた日焼け止めを使うとどうなる?

こちらでは、使用期限が過ぎた日焼け止めを使うとどうなるのかを見ていきましょう。

品質が保てない

先述したように、使用期限が切れていると品質を保てないです。
なぜなら酸化速度が早くて品質維持が出来なくなるからと考えましょう。
そのため、想像では「大丈夫かな?」と思いながらも実際は悪影響が出る可能性もあるのです。

肌荒れを引き起こす可能性がある

開封済みの場合は酸化速度が早くなるだけではなく、雑菌が入り込む可能性もあります。
その雑菌が入り込んだ日焼け止めを使ったせいで、肌荒れなどを引き起こす可能性もあるんですよね。

変色していたりニオイがおかしかったりする場合は即使わないようにしましょう。
その状態で使ってしまうと、かなりの確率で肌トラブルを起こす可能性があるからです。

開封後の翌年はなるべく使わない方がいい?

ニオイや変色などがなければ使っても大丈夫だとは思います。
ただ、肌の弱い人などは避けた方がいいでしょうね。

目に見えるものがなくても、雑菌が入り込んで肌に乗せた時に悪影響が出てしまう可能性があるからです。
特に乳液タイプやクリームタイプは酸化しやすいので、ダメになっている可能性が高いです。
スプレータイプは酸化よりもニオイの変化に注意するようにしましょう。

使用期限が切れた日焼け止めには注意しよう!

肌のためを思うなら、使用期限が過ぎたものはなるべく使わない方がいいかもしれませんね。
ちょっとの節約行為が肌に悪影響を与えて、余計なスキンケアアイテムを購入することになりかねないからです。
私も家に置いてある開封済みの日焼け止めはすべて処分しようと思います。
肌が弱い方なので、万が一悪影響があったら泣くに泣けませんからね。

日焼け止めはリーズナブルなものも多いので、ケチるのではなく新しいものを買って安心して使った方がいいかもしれませんよ。
TOP