今更聞けない!? 保湿アイテムの特徴とボディケアの順番

今更聞けない!? 保湿アイテムの特徴とボディケアの順番

ボディケアに欠かせないのが保湿アイテム。 とはいえ、ローション、クリーム、オイルなどその種類はさまざまです。 種類が多くて選べない! という人も多いのではないでしょうか。 それぞれの保湿アイテムの特徴と使い方、ボディケアの順番を調べました。
ボディケアに欠かせないのが保湿アイテム。

とはいえ、ローション、クリーム、オイルなどその種類はさまざまです。

種類が多くて選べない! という人も多いのではないでしょうか。

それぞれの保湿アイテムの特徴と使い方、ボディケアの順番を調べました。

人間の女の人って大変だにゃw

いつどれを使う? 保湿アイテムの特徴とは

保湿アイテムにもいろいろな種類があり、その使い方や効果もそれぞれ違います。

特徴や効果を知って使い分ければ、理想のうるすべ肌に近づくことができそうですね♪

ローション、クリーム、オイルなど、種類別にその特徴を紹介します。

ボディローション

ボディ用の化粧水ともいえるボディローションは、水分量が一番多い事が特徴です。
肌馴染みが良いので、パシャパシャと手軽に使えます。

ほかの保湿アイテムに比べて油分量が少ないので、夏に使ったり油分が多い部分に使ったりするのに適しています。

逆に、乾燥している冬の時期や乾燥肌の人、乾燥している部位には不向きと言えそうです。

ボディクリーム

オイルやワセリンが主成分で、乳液状のボディミルクよりも油分が多いのが特徴です。

半固形状で重めの質感のものが多く、室温が低いと伸ばしにくくなる製品もあるようです。

保湿力が高いので、乾燥肌の人や乾燥する季節に適しています。

改良が進み、ボディクリームでも肌に塗りやすいテクスチャーのものも多く販売されているので自分に合ったものを探してみましょう。

ボディオイル

保湿力はボディクリーム同様に高く、マッサージにも活躍します。

天然の直物油を主成分としていて、のびが良く肌への浸透率も高いです。

足やお腹、お尻、二の腕など気になる部位の引締め効果が期待できるものや、バストなどうるおいを与えてふっくらさせたい部位用のオイルなどさまざまな種類が販売されています。

ボディケアの順番を見なおそう

保湿アイテムの種類や効果を知ったら、使う順番やタイミングも確認しましょう。

アイテムを使うだけでなく、ストレッチなども取り入れるとさらに効果が期待できます。

ここでは、1日のなかで特にケアに時間をかけやすいお風呂上り後のボディケアの順番を見ていきましょう!

まずは保湿!

お風呂上りに一番大切なことは保湿です!

お風呂から上がって数分で肌から水分が出てしまうので、10分以内を目安に顔と身体の保湿をしましょう。

まずは顔のスキンケアをして、ボディローションで身体全体の保湿をしましょう。

後からクリームやオイルなどを使う場合は、プレ化粧水的な使い方でも大丈夫でしょう。

マッサージ

ボディクリームやオイルを使って、リンパの流れをほぐすようにマッサージをするとむくみにも効果的です。

好きな香りのアイテムを使えばリラックス効果も倍増するはず♪

ふくらはぎと太ももは念入りなのに、ひざのマッサージを忘れがちな人も多いのではないでしょうか。

たるみやすい部分なので、ひざも忘れずにマッサージしましょう。

ストレッチ

マッサージでほぐれた筋肉が動きやすい状態でストレッチをしましょう。

身体の柔軟性を高め代謝を上げると痩せやすくなり、下半身痩せにも高い効果が期待できます。

また、お風呂上りの体が温まった状態で行うマッサージとストレッチは冷え性の人にもおすすめです。

ストレッチをしてリラックスすると、質の良い睡眠にもつながりますよね☆

順番やアイテムをしっかり確認して最上のボディケアをしよう

筋肉がほぐれていない状態でストレッチを行うと効果は半減するため、マッサージ→ストレッチの順番で行うようにしましょう。

保湿→リンパを流し筋肉をほぐす→筋肉を伸ばすという順番でボディケアを行えば、日々の積み重ねで体質改善にもつながっていきますよ♪
TOP
無題ドキュメント