ボディケアに活用したい! オイルの魅力やその使い方をチェック

ボディケアに活用したい! オイルの魅力やその使い方をチェック

保湿やマッサージに使えるボディオイルには、一体どのような効果が期待できるのでしょうか。 ボディケアにオイルを使うメリットや期待できる効果、適切な使い方などを紹介します。 また、オイルにも様々な種類があるのでそれぞれの働きも確認しましょう。

ボディオイルの種類とそれぞれの効果とは

ボディオイルには、皮膚の表面にオイルの膜を張って肌の潤いを逃さず閉じ込める効果があります。
保湿力が高く、ボディケアやマッサージを行う際には欠かせないという人も多いですよね♪
オイルには様々な種類があり、効果も少しずつ違います。
ボディケアで人気の高いオイルとその特徴を種類ごとに確認しましょう。

ホホバオイル

人の皮膚にも含まれているワックスエステルが主成分。
肌への馴染みが良く、スキンケアやボディケアのほか、頭皮マッサージやヘアケアに活用されることも多いです。
ホハバオイルは保湿効果が高いので、入浴後の温まった状態の身体に塗るとマッサージしやすいのも特徴です。
また、弱ったバリア機能の回復を助けてくれたり、かゆみの改善などにも効果が期待できます。
さまざまな活用法で全身のケアに役立てることができそうですね。

アルガンオイル

アルガンオイルとは、モロッコにあるアルガンの木の実から絞ったオイルのことです。
ビタミンEをたっぷり含んでおり、肌の油分と水分のバランスを整える働きがあります。
オイリー肌やニキビのある肌でも使いやすいオイルです。
血行促進や抗酸化などの効果がきたいできるので、エイジングケアとして活用している人も多いようです。
シミや毛穴の開きなどが気になる人にもおすすめですよ。

オリーブオイル

オリーブオイルには、植物性のスクワレンやポリフェノール、ビタミンAなど、肌にうれしい効果をもたらす成分が豊富に含まれています。
肌のかさつきや乾燥が気になる部分に塗ると効果が期待できるほか、肌を柔らかくするためマッサージにも最適なんですよ。
調理用としても有名なオイルですが、しっかりボディケア用のものを選ぶようにしましょう。

オイルの効果的な使い方を知ろう!

伸びが良く保湿効果も高いボディオイル。
種類によってさまざまな効果があるということが分かったら、次は使うメリットを知って実際に使う際の使用方法を紹介します。
保湿に、マッサージに、スキンケアになど、自分に合った使い方でボディケアを楽しみましょう。

ボディオイルを使うメリット

オイルそのものが油分のため保湿力がとても高く、冬の乾燥する時期でも重宝されます。
伸びが良く使い心地も滑らかなので、マッサージでリンパを促したりむくみを解消する際にぴったり。
アロマオイルの代わりにつかえる手軽なスキンケアとしても人気です。
天然植物オイル配合のものを選べば、安全に浸透力の高いオイルを使うことができます。
オイルはべたつくというイメージを持っている人もいますが、ボディケア用のオイルは比較的さらっと使えるものが多いのでチェックしてみてください。

ボディオイルの使い方

ボディオイルは入浴後などの清潔な肌に塗りましょう。
500円玉程度のオイルを手に取ったら、両手を合わせてオイルを体温で温めます。
腕や足、ウエスト周りなど、パーツごとにオイルを手に取り温めてから使うようにしましょう。
全身に塗り込んだ後、リンパが留まりやすい箇所をゆっくりマッサージしましょう。
しっかりマッサージすれば、翌日むくみがスッキリしているはずです。

ボディオイルを使う注意点

ボディオイルは全身に使えますが、皮脂腺の多い胸元や背中などには塗らなくて良いとされています。
他の部位にオイルを塗っている場合でも、胸元や背中だけは油分が少ないボディローションなどのテクスチャのものを使うようにすると良いでしょう。
また、オイルは酸化していくので、太陽が当たる場所に保管しないなどの注意が必要です。
開封したオイルはなるべく早めに使うよう心がけましょう。

ボディケアにオイルを使う時は種類や使い方をチェックしよう

ボディケア用のオイルには、保湿やマッサージなどさまざまなメリットが期待できます。
使うタイミングや量などをしっかりチェックして、より効果的な使い方をしましょう。
オイルの塗りすぎや保管方法などにも注意して、良質なオイルで理想の肌質を手に入れたいですね♪
TOP