どの角度から見てもすっきり!二重あご解消マッサージ方法をご紹介♡

どの角度から見てもすっきり!二重あご解消マッサージ方法をご紹介♡

マスクの下からひっそりとはみ出る二重あご。あごを引いたときや少しうつむいたとき、もたついたお肉のタプタプを以前より感じていませんか?二重あごが悪化すると顔が大きく見えたり、老けて見えたりと、よいことは1つもありません……。 本記事では、フェイスラインをシャープに見せるための、二重あご解消マッサージ法について紹介します!どの角度から見てもすっきりとしたフェイスラインになりたい人は、ぜひ参考にしてくださいね♡
マスクの下からひっそりとはみ出る二重あご。あごを引いたときや少しうつむいたとき、もたついたお肉のタプタプを以前より感じていませんか?二重あごが悪化すると顔が大きく見えたり、老けて見えたりと、よいことは1つもありません……。

本記事では、フェイスラインをシャープに見せるための、二重あご解消マッサージ法について紹介します!どの角度から見てもすっきりとしたフェイスラインになりたい人は、ぜひ参考にしてくださいね♡

二重あごになる原因

実は、二重あごの原因は首についた脂肪だけではなく、以下の3つの原因によっても起こってしまうんです。

1.たるみ
2.むくみ
3.姿勢の悪さ

二重あごになる原因を詳しく知って、マスクの下からチラリと見えるお肉にさよならしましょう♪

1.たるみ

マスク生活が長くなり、顔の表情を以前よりも動かさなくなった人も多いのではないでしょうか?(ちなみに私はマスクをつけているとき無表情でいることが多いです。汗)

表情を作るための筋肉、「表情筋」は使わなくなるとゆるんでしまい、顔全体のたるみを引き起こします。

また、コロナ禍で人と話す機会が減り、舌の付け根の筋肉が衰えている人も多いでしょう。運動不足でボディラインの締まりがなくなるように、顔や舌の筋肉も鍛えないと重力に負けてしまうんです……泣

2.むくみ

皮下脂肪の原因にもなるむくみ。むくみは余分な水分が排出されずに溜まり、血管から出る水分量が増えることで引き起こされます。

夕方になると足がむくむことありますよね。それと同じように、老廃物が溜まりリンパの流れが悪くなることで、むくみ二重あごになってしまうこともあるんです。

むくみのないすっきりとしたフェイスラインを目指すためにも、のちほど紹介するマッサージで対処しましょう♪

3.姿勢の悪さ

PCやスマホを触る時間が増えた今、うつむいた状態で操作している人も多いのではないでしょうか?うつむいた状態が続くと、二重あごだけでなくほうれい線まで深くなるというダブルパンチ……。

さらに首が前に出てしまう「スマホ首」にもなりやすく、美容面だけでなく健康にも悪いので気をつけたいところ。楽な姿勢をとったときに、肩より耳が前側の位置にきている人は要注意です!

姿勢にも気をつけながら、これから紹介するマッサージに取り組んで、美しいフェイスラインを手に入れましょう♪

二重アゴ解消マッサージ方法

それでは早速、二重あご解消マッサージの方法を紹介していきます。ぜひ一緒にやってみてくださいね!

1.鎖骨のリンパを流す

2本の指で鎖骨をはさみ、内側から外側へ向かって優しく流す。(10回)

2.あご下を押す

人差し指をカギ状に曲げて、あご下のくぼみにあてる。
そのまま左右に30回優しくゆらす。

3.あご下から首まで引き上げる

2本の指であごの骨をはさむようにあてて、耳の方向へ優しく引き上げる。(20回)

4.耳の下から肩まで流す

親指の付け根を耳の下にあてて、肩に向かって優しく流す。(10回)
片方が終わったら、反対側も1から順番に取り組んで完了です。

マッサージ前にはクリームを塗って、皮膚との摩擦を減らしましょう!また、どの工程も気持ちよいと感じる強さで十分です。強くこすりすぎると、たるみやくすみの原因になるので注意してくださいね。

マスクしててもできる!「舌の運動」もおすすめ

マスクで口元が隠れている今だからこそ、こっそり二重あご対策しちゃいましょう!

やり方はとても簡単!

口を閉じた状態で、歯の外側を沿わすように舌をぐるぐる回すだけ。左右20回ずつ毎日おこなうと舌の運動不足が解消されて、小顔効果にも期待できますよ♡

二重あご予防のために生活習慣を見直そう!

せっかくマッサージを頑張っていても、二重あごになる習慣を続けていては元も子もありません……。

ここでは、二重あご予防のために取り入れたい2つの生活習慣を紹介します。

・姿勢に気をつける
・よく噛んで食べる

どちらもすぐに実践できますよ!

姿勢に気をつける

何と言っても姿勢は大事!PCやスマホを見ているときに前傾姿勢になっていたり、顔が前のめりになっていたら、すぐに姿勢を正しましょう。頭のてっぺんから紐で引っ張られているイメージを常にもっていると、自然と姿勢がよくなりますよ。

何かに集中しているとつい長時間同じ姿勢になってしまいますよね。できれば時間を気にしながら、ときどき首や肩を回すように意識しましょう。

よく噛んで食べる

二重あご予防には、表情筋を動かすことも大切です。食事のとき、噛む回数をいつもの倍くらいに増やしてみましょう。口周りの筋肉が鍛えられて、たるみ解消につながります。

よく噛んで食べると満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ防止にもなるので、ダイエット中の人にもおすすめですよ♡

フェイスラインをスッキリさせて小顔を目指そう!

「自分は若いから大丈夫」と思っていませんか?マスクで顔の筋肉を大きく動かさないことが増えた近年、二重あごになるのに年齢は関係ありません……!最近フェイスラインがぼやけてきたと感じる人は、早めに対処しましょう。

今回紹介したマッサージは1日3分もあればできるので、ぜひお風呂上がりや朝のメイク前に取り入れてみてくださいね。どの角度から見られても恥ずかしくない、すっきりとしたフェイスラインを目指しましょう♪
TOP