歯磨き粉の研磨剤は危険?研磨剤の効果や特徴と成分を詳しく解説します!

歯磨き粉の研磨剤は危険?研磨剤の効果や特徴と成分を詳しく解説します!

歯磨き粉には、研磨剤配合と研磨剤不使用の種類があることを知っていますか? 歯磨き粉の研磨剤は、目的によって良い効果が得られる一方、歯に良くない点も。 今回は、歯磨き粉の研磨剤の効果や特徴と、成分について詳しく解説します。
歯磨き粉には、研磨剤配合と研磨剤不使用の種類があることを知っていますか?
歯磨き粉の研磨剤は、目的によって良い効果が得られる一方、歯に良くない点も。
今回は、歯磨き粉の研磨剤の効果や特徴と、成分について詳しく解説します。

歯磨き粉の研磨剤の効果や特徴とは?

歯磨き粉に含まれる研磨剤は、歯汚れを落とすのに必須な成分だと思っていませんか?
歯磨き粉の研磨剤は歯汚れの除去に効果的ですが、歯にとってマイナスになることも。
ここでは、歯磨き粉の研磨剤の効果や特徴について解説していきます!

【メリット】歯の表面の着色汚れや黄ばみを落とす

歯磨き粉の研磨剤は、歯に付着した着色汚れや黄ばみをクリアにする効果が期待できます。
歯の着色汚れは普段の生活のなかの、コーヒーや紅茶などの飲み物によるもの。
黄ばみはタバコのヤニなどが原因で、どちらも繰り返すことで長年蓄積して茶渋のようになります!
研磨剤配合の歯磨き粉でケアすれば、この悩みを改善してくれますよ♪

【デメリット1】歯の表面のエナメル質を削ってしまう

歯磨き粉の研磨剤は、歯の表面を削る細かな顆粒が含まれている特徴があります。
研磨剤の成分は、歯の表面を綺麗に見せるのに必要な成分な一方、必要以上に削り過ぎてしまうデメリットが…。
歯磨きは人によって1日数回おこなう人もいると思います!研磨剤入りの歯磨き粉の使い過ぎは、大切なエナメル質も削ってしまう場合もあります。

【デメリット2】虫歯や歯周病になりやすい

歯磨き粉の研磨剤は、使いすぎると歯の表面のエナメル質を削ってしまう恐れがあります。
歯の着色汚れや黄ばみを除去したい際に限定して使えば、さほど心配はありません。

とはいえ歯磨き粉の研磨剤は長期使用することで、エナメル質を削ってそこから虫歯や歯周病になってしまうといった特徴が…。
研磨剤の有無を時と場合で使い分けると良いです!

歯磨き粉の研磨剤の成分は?

歯磨き粉の効果や特徴を知ったところで、研磨剤の成分についても気になりませんか?
歯磨き粉の研磨剤のメリットとデメリットは、成分の作用を知れば理解できますよ。
ここでは、歯磨き粉の研磨剤の成分について解説していきます!

リン酸カルシウム

歯磨き粉の研磨剤の成分には、リン酸カルシウムと呼ばれる成分が含まれています。
リン酸カルシウムは「ハイドロキシアパタイト」とも呼ばれていて、聞いたことがある人も多いのでは?
リン酸カルシウムは歯の表面のエナメル質を傷つけたり、根元を削ってすり減らす特徴があります。
歯汚れの除去以外の使用は考えたいですね。

粒状炭酸カルシウム

歯磨き粉の研磨剤の成分には、粒状炭酸カルシウムと呼ばれる成分が含まれています。
粒状炭酸カルシウムは、リン酸カルシウムと同様の内容の成分で、歯の表面を削ります。
着色汚れや黄ばみなど、歯汚れのケアの際に限定して使うのは問題いので安心です♡
粒状炭酸カルシウムも、毎日の長期使用をするとエナメル質を削ってしまうので注意です!

顆粒・塩

歯磨き粉の研磨剤の成分には、顆粒や塩などのなじみのある成分が含まれています。
こちらも歯の表面に付着した色素沈着や黄ばみの除去、歯垢ケアの際にはおすすめです♪
研磨剤入りの歯磨き粉に顆粒が含まれていると、歯の表面を削ってすり減らす場合も。
ほかには、清掃剤やシリカや水酸化アルミニウムなども高研磨作用があるので注意です。

研磨剤入りの歯磨き粉の長期使用は控えましょう

歯磨き粉の研磨剤の効果や特徴と、研磨剤の成分内容について解説しました。
歯磨き粉の研磨剤は歯の表面を綺麗に整え、着色汚れや黄ばみや歯垢を除去します☆
一方デメリットもあって、必要以上に長期使用するとエナメル質を削って傷つけます。
エナメル質が傷つくと、虫歯や歯周病にかかりやすくなるので気をつけましょう!
TOP