かかとの角質はどうしてひび割れる?自分でできるフットケアをしよう!

かかとの角質はどうしてひび割れる?自分でできるフットケアをしよう!

かかとがカチカチだな~と思っていたら、ある日ピキッとひび割れができて痛い思いをしたことはありませんか? 私は年々ひどくなってる気がします。。 ここではかかとの角質がなぜひび割れるかと、自分でできるフットケアを紹介します! すべすべでひび割れのないかかとをめざしましょう☆
かかとがカチカチだな~と思っていたら、ある日ピキッとひび割れができて痛い思いをしたことはありませんか?
私は年々ひどくなってる気がします。。

ここではかかとの角質がなぜひび割れるかと、自分でできるフットケアを紹介します!
すべすべでひび割れのないかかとをめざしましょう☆

かかとのひび割れはこれが原因!

かかとに何か悪いことをした覚えもないのに、ある日ぱっくりとひび割れるんですよね。
浅いひび割れならまだ大丈夫、でも深いときって本当に痛い…!

実は角質のひび割れは次に紹介する原因で起きるんです。
いくつもの原因が重なっている場合もあるので、自分の生活を振り返りつつチェックしてみましょう!

硬くなったままで放置した

かかとの角質が硬いだけでは特に困らないので放置しがちです。
でも古い角質って、本当ならターンオーバーではがれているはずなんですよ。。

それができないまま古い角質がたまっていくので、かかとがどんどん硬くなります…!
ただかかとは体重が一番かかる部分だから、角質が厚くなるのも不思議ではありません。
でもひび割れるってことは、古い角質がたまりすぎかもしれないんですね。

かかとが黄色っぽくなったりガサガサしたりしていれば、放置して厚くなっている状態です。

乾燥がひどい

私の場合これが原因かなって思いますね。。
指先も乾燥でよくひび割れるし…!

でも足の裏はもともと皮脂腺がなくて乾燥しやすい部分なんです。
「だから少しでも角質が厚くなって何もケアしないと、ガサガサになってくるのか~」と納得ですね。

しかも乾燥は進行するので、放っておくと真皮層という深い部分まで進んで痛いひび割れが起きてしまいます。。
角質で守るはずの真皮層にダメージを与えてしまうなんて、本来の働きが果たせてないんですね。

新陳代謝が乱れている

年齢を重ねる・大きなストレス・運動不足・睡眠不足など、生活習慣の乱れは新陳代謝の乱れにもつながります。

歳をとると新陳代謝のペースが遅くなるので、年々かかとも硬さが気になってくるんですね。。
不規則な生活やストレスは体に大きな負担をかけるから、若い人でも新陳代謝が遅れがちに。
新陳代謝が原因だと、かかとだけでなく他の部分にも影響が出てるかもしれませんね。

栄養が足りない

肌をつくるには十分な栄養が不可欠です!
タンパク質やビタミンなどの栄養が不足したりバランス悪かったりすると、角質がピキッとひび割れてしまいます。

忙しいとつい1食抜いたり外食で一品もので終わらせたりすることありますよね。。
ファーストフードは便利だし、家事さぼりたいな~と思うときにはお世話になっちゃいます。
でもきれいなかかとには食べ物も大事ですね!

実は病気が隠れている

これはただの古い角質の硬さやひび割れではない!と思うときは、何か病気が原因かもしれません。
専門家でなければ判断できないので、早めに皮膚科などでみてもらってくださいね。
間違ったセルフケアが悪化させることもあるし、お医者さんにみてもらうと安心感もありますよ♪

セルフフットケア、やってみよう♪

かかとの硬い角質、ひび割れができる前に何とかしたい!と思ったら、こんなケアをやってみましょう☆
いくつかのセルフケアを組み合わせて取り組むこともおすすめですよ♪

専用のケアアイテムで削る

硬くなったかかとを軽石で削る方法は、昔から行われてきたやり方ですね。
でも軽いしだと強く削れすぎてガチガチかかとが悪化する原因に。。

削るときはかかとケア向けの専用フットケア製品を使いましょう♪
かかとにひび割れのあるときは、硬いままそっと削る方がおすすめです。
硬いだけの場合は、お風呂に入るなどして角質をやわらかくしたあと削ると良いですよ!

初めて削るときはほんの少しずつにしましょうね。

十分な保湿ケアをする

尿素配合の保湿クリームと靴下を用意します。
お風呂あがりまたは寝る前に、ひび割れが心配なかかとへ保湿クリームをしっかり塗って靴下で保護して寝るだけ♪
顔のスキンケアのついでにこれならできそうですね!

もしかかとがガチガチのときは、クリームをつけてラップをし30分ほど置く集中ケアもおすすめです☆
初めは毎日ケアして、やわらかくなってきたかな?と思えば、週1~2回の頻度でフットケアを続けると良い状態が続きます♪
削らずどうにかしたい人におすすめのケアです。

ピーリング剤を使ってはがす

かかとに限らず、足の裏全体の硬い角質をすっかりはがすのがピーリング剤です。
足の裏を専用の薬液に浸して、使い方どおりにしばらく置きます。

すると足の裏の余分な角質がべろんとめくれてきます!
脱皮のように一度でするんとはがれるわけではないので、素足になる時期の前にやっておいた方がいいかも?

個人差はありますが、1~3週間ですっかりむけますよ♪
今までのガサガサかかとが不思議なくらいきれいな肌に☆

スクラブで優しく洗う

肌が敏感な人はピーリングの薬剤につけたり削ったりできません。。
そんなときはフットケア用スクラブを使ってお手入れしましょう!

スクラブとは細かい粒を含んだ洗浄剤のことで、この粒が古い角質を落とす助けになるんですね♪
天然塩など自然の成分を使ったスクラブなら、敏感肌の人も使いやすいです。

それでも肌にトラブルが起きてはいけないので、先にパッチテストをしましょう。

全身の健康を保つ

足の裏だけ徹底的にケアしても、体が健康でなければすぐにまたトラブルが起きてしまいます。。
そうならないために、全身の健康な状態をキープしましょう!
心身の健康を保つために気をつけたいポイントを紹介します☆

栄養バランスのとれた食事

栄養が偏ると肌の新陳代謝が乱れやすくなるので、十分な栄養をバランスよくとりましょう♪
ごはんやパンなど主食ばかりにならず、肉や魚、野菜も種類豊富にとるといいですね。
肉だけでなくてたまには魚を使うこともおすすめ☆

外食で丼物のような一品ものを食べるときは、小鉢で1~2品プラス!
ひじきの煮物とかおひたしとか、野菜や海藻をとれるとバランスよくなりますね。

インスタント食品や加工品は食品添加物の多いものもあり、食べすぎには要注意!
メニューに取り入れると調理が楽で便利ですが、それだけで終わらないようにしましょう。

適度な運動で血行をよくする

運動不足は全身の血行が悪くなりやすいため、古くなった角質など老廃物を外へ出すためにも適度な運動を続けましょう!
それに運動はストレス解消にもなるので、心身ともに元気になれますね♪

運動すると汗をかくのでかかともほどよくうるおい、乾燥がやわらぎます。
毛穴につまった汚れも汗と一緒に外へ出るので、気になるニオイ対策にもなっちゃいます♡

外に出て運動ができないときは自宅で筋トレをするだけでもOK。その場でできるプランクなどはかなり筋力を使うため、短い時間でもじんわり汗をかきますよ。

たっぷり寝て睡眠不足を避ける

肌の生まれ変わりサイクルは約6週間です。
でも睡眠不足になるとその代謝サイクルが乱れてしまうので、十分な睡眠時間をとりましょう!

睡眠中に分泌される成長ホルモンが関わっているので、寝る時間もチェック☆
眠り始めてから3時間くらいたつと成長ホルモンが分泌されます。

するとせめて0時前までには寝る習慣をつけたいですね♪
それより遅くなると十分成長ホルモンを分泌できないまま早朝になり、体が起き始めてしまいんです。。

フットケアサロンってどうなの?

「自分で角質ケアするのは難しそう」「いくらやってもうまくいかない」と思うとき、プロの力を借りる方法もあります。
フットケアサロンは足の裏のケアを専門で行うお店です♪

エステやリラクゼーション店のメニューにフットケアを用意しているところもあります。
フットケアサロンでどんなことをするか、簡単に紹介しますね!

フットケアサロンは誰でも行ける?

フットケアサロンは健康上の問題がなく、足の裏にキズのない状態であれば施術が受けられます♪
サロンごとに予約方法が異なるので、ホームページなどをチェックし予約してからでかけると安心ですよ♡

素敵なインテリアのお店やリラックス空間を大切にしたお店など、雰囲気もいろいろで自分に合ったお店を見つけましょう。
ネイルサロンでフットケアも扱うお店があるので、ふだんネイルサロンへ行く人はそちらで相談してもいいですね♪

フットケアサロンでの施術

フットケアサロンではかかとの角質ケアだけでなく、足全般のお手入れを行っています。
たとえば爪のケアやむくみケアなどです。
かかとも気になるけどこっちも改善したいな~と思うことがあれば、予約時に伝えておきましょう♪

サロンによりフットケア全てがコースになっているところ、自分の希望でえらべるところなどさまざまです。
口コミを見て予算と料金を比較しつつ、施術を受けたいサロンを選びましょう☆

事前のカウンセリングで改善したいところ、気になるところを相談して、プロと一緒にめざす足元を考えられますよ!

かかとの角質がひび割れる前にセルフケアしよう!

かかとに古い角質がたまって厚くなると、ひび割れができて痛い目にあいます…!
そうなる前に自分でフットケアをして、健康なかかとをキープしましょう♪

かかとの状態に合わせてフットケアアイテムを使ったお手入れをしつつ、全身の健康を保つのがおすすめです。
ふだん靴下や靴に隠れていて見えないかかとですが、サンダルを気兼ねなくはくにはケアしましょうね!

ときにはフットケアサロンでプロにお手入れしてもらう方法もいいですよ♪
ついでにネイルも楽しんで気分も高めても☆
人に見せても恥ずかしくない、美しいかかとをめざしましょう!
TOP