秋の紫外線はシミになりやすい!秋シミを作らないための方法を徹底解説

秋の紫外線はシミになりやすい!秋シミを作らないための方法を徹底解説

朝晩、肌寒く感じられる季節となりました。 夏の暑さが過去のものとなりましたが、紫外線はそうではありません。 秋になっても初夏と同じくらいの紫外線は降り注いでおり、シミに悩まされる人も多いとか。 秋のシミを作らないためにできること、これだけは避けたいNG行為を見ていきましょう。
朝晩、肌寒く感じられる季節となりました。

夏の暑さが過去のものとなりましたが、紫外線はそうではありません。

秋になっても初夏と同じくらいの紫外線は降り注いでおり、シミに悩まされる人も多いとか。秋のシミを作らないためにできること、これだけは避けたいNG行為を見ていきましょう。

秋はシミができやすい?紫外線対策で気を付けたいこと

実は秋という季節はシミができやすいと言われています。

その理由は紫外線量が意外と多いということだけではなく、肌が乾燥した状態となりやすいため。

肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れてしまい、その結果シミを作ってしまうことが分かっています。

美白効果のある美容液を使いましょう

夏にしっかりと紫外線対策をしていたという場合であっても、全く紫外線を浴びないということは無理でしょう。秋にしっかり行いたいことのひとつは、夏に浴びた紫外線をケアしていくということ。

美白効果のある美容液が一番効果が出やすいでしょう。

スキンケアも美白にこだわったものにすると、さらに高い効果を得ることができますよ。

秋も引き続き紫外線対策を行いましょう

秋になると紫外線対策がどうしても甘くなりやすいのは、過ごしやすい季節になったことで、紫外線がそこまで強くないという先入観にあります。

しかし、紫外線がそこまで強くないということはなく、初夏同様の紫外線が降り注いでいるのが実際のところ。

秋もしっかり紫外線対策を行うことで、シミを予防することができると言っても過言ではありません。

毎日しっかり保湿をしましょう

秋にシミができやすい理由のひとつは、肌の乾燥です。

肌寒くなると、湿度も下がりますし、夏と同じケアをしていると肌が乾燥するのは当然のこと。

朝晩の保湿、特に夜の保湿はしっかり行いましょう。保湿をしっかり行うことで、ターンオーバーがしっかり行われるので、シミができにくくなりますよ(^^♪

シミができやすくなるNG行為

実はシミができやすくなるNG行為というものがあるんです。

美容のためと思って行って来たことが、実はNG行為ということも。もし、これらのNG行為に心当たりがある場合は、すぐに中止してくださいね。

コンシーラーの使いすぎ

シミを隠すためのコンシーラー、それを使い過ぎると実はシミができやすくなる?これって事件ですよね!

シミやクマを隠すためのコンシーラーですが、どうしても厚塗りをしやすくなるため、乾燥しややすいというのは心当たりがある人も多いことでしょう。

また、使っている途中でケースを開けっ放しにすることも、コンシーラーそのものを乾燥させてしまいます。

柑橘系フルーツの食べ過ぎ

柑橘系フルーツはビタミンCなど美白効果が高い成分がたっぷり入っていますよね。美容効果が高いと毎日たっぷり摂るという人もいることでしょう。

しかし、柑橘系フルーツのなかには、ソラレンという光毒性物質が含まれており、この物質が紫外線に対する感受性を高めることが分かっています。

特に朝は柑橘系フルーツは避けた方がシミも避けることができますよ。

保湿ケアを怠る

秋からは特に保湿ケアをしっかり行わなければなりません。

夏の間は肌のべたつきが気になっていたという人は保湿ケアがどうしても適当になりがち。

しかし、秋からは意識した保湿ケアが必要です。保湿ケアを怠ると、シミができやすくなります。

実は私も秋の保湿の甘さでシミができたことがあるひとりです…泣

秋だからこそ!シミを作らないための努力をしましょう!<

シミの予防は日々の努力が必要であり、特に紫外線対策を行うことと、乾燥しないための保湿ケアを中心に行っていきましょう。

さらに、シミができやすくなるNG行為については、普段の生活で行ってしまっている場合もあるかもしれません。

今日からでも改善するようにしましょうね!
TOP
無題ドキュメント