一日の疲れとサヨナラ。お風呂に入りながらできるフェイスケアとボディケア&アウトバスケア

一日の疲れとサヨナラ。お風呂に入りながらできるフェイスケアとボディケア&アウトバスケア

毎日のお風呂で疲れを癒す人も多いですよね(*´ω`*) 私も毎日のお風呂が楽しみと言っても過言ではないほど、お風呂好きです。 学生の頃は、ここまでお風呂好きではなかったんですけどね(;^ω^) 清潔さを保つために入っているだけでしたが、大人になるとボディケアのために入っています。 今回は、お風呂で出来るボディケアなどについて紹介していきましょう!
毎日のお風呂で疲れを癒す人も多いですよね(*´ω`*)
私も毎日のお風呂が楽しみと言っても過言ではないほど、お風呂好きです。
学生の頃は、ここまでお風呂好きではなかったんですけどね(;^ω^)
清潔さを保つために入っているだけでしたが、大人になるとボディケアのために入っています。
今回は、お風呂で出来るボディケアなどについて紹介していきましょう!

お風呂にはこんな効果がある

お風呂に入る(湯船に浸かる)ことは健康と美容にいいといわれますが、そのメカニズムをご存じでしょうか?
お風呂には温熱効果・浮力効果・水圧効果の3つの効果があるといわれています。

ここでは、お風呂にまつわる健康効果・美容効果についてそれぞれくわしく説明していきます♪

お風呂の健康効果1.温熱効果

温熱効果は、文字通り体をあたためる効果のことです。
体温を上げることで新陳代謝を促し、体内の老廃物を排出したり、肌をきれいにしたりしてくれます。

また、温度差をつけることで交感神経と副交感神経が活発になります。
リラックスしたいときにはぬるめのお湯、シャキッとしたいときには熱いお湯といったように使い分けることで、心身をコントロールしやすくなります

お風呂の健康効果2.浮力効果

浮力効果は、お湯に体をつけると浮力がかかることでリラックスしたり、普段負担がかかっている部位を楽にしたりしてくれる効果です。

お風呂以外でも、スイミングエクササイズなどはこの浮力効果を利用したものになります。
浮力で体への負担が減り、なおかつ水の抵抗で鍛えたい部位への負荷がかかるため、体の弱い人や高齢の人にも人気です。
マタニティエクササイズにも取り入れられているのを見かけますよね

お風呂の健康効果3.水圧効果

水圧効果は、お湯にかかる水圧によって体の末端から心臓に向かって血液を循環させるポンプアップ効果を促すものです。
水圧は深いところほど高くなるため、普段全体重を受けている足やふくらはぎに圧がかかり、血液やリンパ液の循環がよくなるというしくみです。

血液やリンパ液の循環がよくなることで、温熱効果ともあいまって老廃物の排出を助け、疲労回復や美肌の助けになるというわけです。

お風呂に入浴する前にしておくと美容にいいこととは?

お風呂でできる美容にいいことは、入浴中だけでなく入浴前からもおこなえます。
入浴前にもケアをしてあげると、お風呂での美容効果がより高まりますよ♡
ここからは、お風呂の入浴前におすすめの美容にいいことを教えていきますね!

コップ1杯の水を飲む

お風呂の入浴前におすすめなのは、コップ1杯の水を飲んでおくということです。
お風呂は温かくて、洗っているときも湯船のなかでも水分が奪われています。

たかがコップ1杯の水でも、お風呂で奪われた水分を補ってくれる役目があります!
蒸気が充満していても乾燥するので、乾燥から守る美容にいいことなんですよ。

ストレッチをする

お風呂の入浴前には、軽くからだ全体のストレッチをしておくこともおすすめです。
ストレッチをしなくても、お風呂で血行が良くなってからだはほぐれます。

けれどお風呂の入浴前にストレッチをしておけば、ほぐれやすくコリの解消になります♡
ストレッチは筋力を高め基礎代謝も上げるので、ダイエット効果も期待できますよ。

ドライブラッシングをする

お風呂の入浴前に、ドライブラッシングをする人が増えていることをご存知でしょうか。
あまり聞き慣れないですが、乾いた専用のブラシのことで、からだをマッサージできます。

お風呂前にドライブラッシングをすることで、入浴前から血流を良くすることができます!
この状態でお風呂に入れば、血行促進効果であがった後も美容にいいことだらけですよ。

お風呂でできるフェイスケア


お風呂は肌がほぐれて毛穴が良い感じに開くので、美容にいいことづくめです♡
お風呂の適温は、38度から40度くらいがリラックス効果が高いのでここもポイント。
ここからは、お風呂でできる美容にいいことを教えていきますね。

フェイスパック

お風呂でおすすめなのはフェイスパックをすることです。
お風呂は軽いサウナ状態にあるので、蒸気で自然と肌がほぐれて毛穴が開きます。
ここでフェイスパックをすると、浸透率も高くて皮脂や古い角質も除去できます!

週に2回程度が良くやり過ぎは肌を痛めるので、週末などにやるのがいいですよ。
5から10分くらいの時間を目安にして下さいね♡

入浴剤でデトックス

お風呂の湯船はそのままではなく、入浴剤を入れることがおすすめです。
入浴剤は様々なメーカーの色々な効能があるので、よくチェックするといいです!

入浴剤がなくても、塩、日本酒、果物の皮なども入浴剤の代わりになります。
発汗作用、血行促進、冷え性改善、などの効果が得られ、美容にいいことが豊富なんです♪

お風呂でできるボディケア

こちらでは、お風呂でできるボディケアなどについて見てきましょう(n*´ω`*n)
毎日何気なくお風呂に入っている人は、ボディケアもしてしっかりと疲労を改善しておきましょう。

マッサージ

お風呂に入っている時は血行促進効果が期待できるので、マッサージに適しているんです。
マッサージは摩擦などもあるため、あまり長時間はおすすめされていません(・_・;)
でも、お風呂に入っている時は決して長くなりすぎないのでお風呂の時こそマッサージがおすすめされているんです。
適度にリラックスしている状態なので、マッサージ効果も高いと言われているんですよ( *´艸`)

マッサージオイルを使おう

お風呂でマッサージをすると言っても、出来ればマッサージオイルを使っておきましょう。
先述したように摩擦は肌に良くありません(・_・;)
そのため、摩擦を軽減するためにオイルで肌の滑りを良くする必要があります。
マッサージオイルの香りなどでリラックス効果も期待できるので、積極的に活用しましょう。
オイルの香りはさまざまなので、自分の好みに合わせて用意してくださいね。

リンパマッサージの基本とは?

リンパマッサージの基本は押す、揉む、さする、叩くの4つです。
身体の状態に合わせながらマッサージを行いましょう(`・ω・´)
ただ、気をつけたいこととして痛みを感じるようであれば力を抑えるようにしてください。
あまり強くマッサージをしすぎると逆に負担をかけてしまうことになりかねません(・_・;)

おすすめ入浴法「3分×3回入浴法」

3分×3回入浴法というものを聞いたことがありますか?

長く湯船に浸かるのがつらいという人も3分ならできそうということで人気の入浴方法なんです。
この方法だと、全身浴でも心臓への負担も比較的少ない状態で効果を上げることができるそうですよ♪

3分×3回入浴法のメリット

3分×3回入浴法は交感神経を優位にして新陳代謝を活発にするといわれている入浴方法です。
この方法で新陳代謝が高まると同時に、約1時間のウォーキングに匹敵するカロリーを消費するともいわれています。

つまり、ダイエットと美肌によい入浴法ということになるようです☆

3分×3回入浴法のやり方

具体的な方法は、3分湯船に浸かって出る→休む、を3回繰り返すというものです。
お湯の温度は熱めの41~43℃程度に設定し、肩まで浸かるようにしましょう。

おすすめなのは、
(かけ湯→)3分湯船→髪を洗う→3分湯船→体を洗う→3分湯船→顔を洗って終了
という流れです。

クレンジングをする場合は、最初にクレンジングをして最後にダブル洗顔をするか、ダブル洗顔不要なクレンジングなら最後にするようにします。
洗顔後にシャンプーやコンディショナーが顔につくと肌荒れの原因になるからです!

お風呂でボディケアをした後は?

こちらでは、お風呂でボディケアをした後に忘れてはいけないことを見ていきましょう。
お風呂の後はすぐにケアをしなければいけません(;´・ω・)
肌の状態を守るためにも、しっかりやるべきことをしてからゆっくりするようにしましょう。

乾燥防止のための保湿

お風呂の後はすぐに乾燥防止のための保湿をしてください。
5分以内に保湿をしないといけないと言われています(;´・ω・)
肌の乾燥を引き起こしてしまうと、メイクノリなども悪くなってしまい、肌トラブルを招く原因になりかねないのです(;´・ω・)
そのため、お風呂の後の乾燥対策は重要なのです。

ドライヤーよりも早めに乾燥対策

髪を乾かすのと保湿はどちらを先にするべきか、と考えている人もいますよね(;^ω^)
それは当然……保湿です!
先述したようにお風呂からあがった後は5分以内に保湿をしなければいけないのです。
ドライヤーを先にしてしまうと、軽く5分を過ぎてしまいますからね(・_・;)

お風呂の後は乾燥しやすい

お風呂の後は乾燥しやすいのです。
浴室から出た途端にどんどん乾燥していくと言っても過言ではありません(・_・;)
そのため、早めに保湿をして乾燥対策をしなければいけないのです。
せっかくボディケアで身体を労わっても、肌に負担がかかってしまうと本末転倒ですよね。
だからこそ、早めに保湿をして乾燥対策をしてください(;´・ω・)

お風呂はボディケアに最適なのでゆっくり身体を労わろう

お風呂はボディケアに最適の時間です。
血行促進効果が期待できるので、お風呂の中でゆっくりとコリをほぐしてあげましょう。
お風呂の後は乾燥対策をして、就寝してくださいね(`・ω・´)
ボディケアだけではなく肌ケアもしっかりしないと意味がなくなってしまいますよ(;^ω^)
TOP