おすすめのボディソープ10選♡見せたくなる肌にステップアップ♪

おすすめのボディソープ10選♡見せたくなる肌にステップアップ♪

毎日使う、ボディソープ。肌に合ったものを選びたいですよね! 今使っているボディソープを使い切ったら、新しいものに変えようかと検討している人必見♪ ボディソープの選び方を、肌質別でご紹介します。 おすすめのボディソープも、同時にチェック!
毎日使う、ボディソープ。肌に合ったものを選びたいですよね!

今使っているボディソープを使い切ったら、新しいものに変えようかと検討している人必見♪
ボディソープの選び方を、肌質別でご紹介します。
おすすめのボディソープも、同時にチェック!

ボディソープの選び方の目安

ボディソープを選ぶときには、いくつかの目安を決めておくと商品選びがスムーズになります。
昨今ではボディソープの種類が非常に豊富なので、目移りしますよね。
後悔しない買い物をするためにも、購入時のポイントを押さえておきましょう!

肌に合った成分のものを選ぶ

ボディソープは、肌に直接触れるものです。
汗をかきやすい部分はスッキリしたいものですが、全身に使用するものなので、洗浄力だけに注目してしまうのはNG!

皮膚が薄いおなかや荒れやすいお尻、デリケートゾーンなども全身くまなく洗えるものを選ぶべきです。

そのためには肌に合ったものを選ぶのが一番!
皮膚が薄い部分に使用して、荒れたりかゆみが出ないものを使用しましょう。
どんなものがよいかわからないときは、店頭スタッフの助言や口コミを参考にするのが◎

コスパにも注目

ボディソープは、入浴時に毎回使用するものです。
消耗品なので、コスト面も気になりますよね。

価格だけを重視してしまうと、肌への負担が大きすぎて継続使用ができない可能性があります。
すべて使い切る前に破棄してしまうのはもったいない!

そうならないためにも、価格だけでなく成分にも注目しましょう。
容量と価格のバランスも考慮し、継続使用できるコスパの高いアイテムを選んでくださいね。

泡切れなどの口コミもチェック

ボディソープは、体の汚れや皮脂などを落とすアイテムです。
肌についたときの使用感や泡切れは、毎日使う上で知っておきたいですよね。

べたべたと肌にまとわりつくボディソープは、洗い流すのに時間と手間がかかる上に肌トラブルを起こしやすいので注意しましょう。

ボディソープの使用感は、商品パッケージや店員さんの助言だけでなくネットの口コミにも注目!
実際に使用した人の、生の声がたくさん寄せられています。

肌質に合ったボディソープの選び方

ボディソープ選びに欠かせないのが、自分や家族の素肌に情報です。
成分がよくても肌に合わないものを使用してしまうと、肌荒れなどの予期せぬマイナートラブルを招いてしまうかも。

それを防ぐためにも、肌質の把握は重要です。

乾燥肌の人

敏感肌の人や、肌がデリケートな小さなお子さんと一緒にボディソープを使用したい人は、洗浄力が強すぎないものを選びましょう。

アミノ酸系、両面界面活性剤系がおすすめです。
アミノ酸系は、ココイルやラウロイルと書かれた成分が当てはまります。
両面界面活性剤系は、ココアンホ酢酸Naやコカミドプロピルベタインなどです。

肌への負担が少ないので、安心して使用できます。
なんとなく肌がカサカサしている、肌の調子を整えたいと思っている人も使用できますよ。

敏感肌の人

敏感肌の人は、成分表示を最初にチェック!
「敏感肌用」「低刺激処方」と書かれているものであれば、低刺激である可能性が高くなります。

アミノ酸系やグルコシド系は、刺激が少ないので特におすすめです。
敏感肌の人は、ボディソープの洗い残しで肌が荒れてしまう可能性が高い傾向。
泡切れがよく、肌にべったりつかないテイストのボディソープを使用して、洗い残しがないよう気を付けてください。

こすりすぎずに洗い流せるよう、泡タイプのものを選ぶのもよいですね。

ニキビがある人

ニキビは、顔だけにできるものではありません。
背中全体や肩周辺、腰やお尻にもできることがあります。

ニキビができる原因は顔に限らず毛穴が詰まることが原因です。
ニキビができてしまったら、普段使っているボディソープでは効果が現れにくいかも。
ニキビ肌専用のボディソープを使用してみるのがおすすめです。

ニキビ肌専用のボディソープには、殺菌成分が配合されています。
肌が弱い人には負担が大きくなり可能性があるので、購入する前に店頭の専門スタッフに相談してみましょう。

おすすめボディソープ10選♡

ボディソープを新調したい、ボディソープ選びに難航している人必見!
おすすめのボディソープを厳選してご紹介します。

耳慣れた有名なメーカーのものから、成分にこだわったオーガニックのものまで紹介しています。いろいろなものを見比べて、気になったものはピックアップしておきましょう!

1.ネイチャーラボ ダイアンボタニカル ボディソープ ディープモイスト

液状タイプのボディソープで、90%以上が天然成分由来でできています。
天然成分のものを使ってみたいと思っている人には、特におすすめです。

多数の天然成分が配合されているので、敏感肌の人の肌には少し負担がかかってしまうかもしれません。

甘いハニーオランジェの香りがついており、使用後は香水を使用したようなふんわりとした香りに包まれます。
リッチな気持ちでバスタイムと入浴後のリラックスタイムを過ごせますよ♡

2.クロバーコーポレーション 敏感なお肌のための泡ボディソープ

泡タイプのボディソープで、年齢や肌質を問わず使用できます。
洗浄力が高めなので、肌のべたつきが気になる人にもおすすめです。
肉体労働を仕事にしている男性の汗や皮脂なども、スッキリ落とせますよ。

保湿成分と整肌成分が配合されているので、敏感肌の人も安心して使用できます。
秋や冬の乾燥が気になるシーズンの使用はもちろん、1年通して使用できる優れものです。
無香料なので、香りが気になる人も使用できます。

3.花王 ビオレu 潤い美肌 ボディウォッシュ

液体タイプのボディソープで、洗浄力が高め。
敏感肌の人は、使用を開始する前に成分などをチェックしておくと安心です。

保湿力が非常に高く、使った後肌がしっとり仕上がります。
乾燥肌で入浴後に肌がカサカサしてしまう人に、特におすすめ♡

液体タイプですが、泡立ちは申し分ありません。
ふんわり柔らかな泡が自分でも作れるので、使いたい分だけ泡を作り、肌を優しく洗いましょう。
ローズ&ホワイトブーケの香りがついているので、リラックス効果にも期待が高まります。

4.ニベア クリームケア ボディウォッシュ ヨーロピアンホワイトソープの香り

液状タイプのボディソープで、保湿力の高さが魅力的。
ニベアといえば、保湿クリームが有名ですが、ボディソープも保湿力抜群です!

使用後はカサつき知らずの、柔らかな肌に仕上がります。
保湿成分が多いため、使用中は若干ぬめりが気になりがち。
すすぎ残しがないように配慮しましょう。

固形石鹸に近い香りがついているため、毎日使っても飽きません。
楽しみながら使い切れる点も◎家族で使用しても、香りが気になりにくい傾向です。

5.持田ヘルスケア コラージュフルフル 泡石鹸 300ml

泡タイプのボディソープで、洗浄力抜群なので男性にもおすすめ!
洗浄力だけでなく、肌の潤いもキープする保湿力の高さも併せ持っています。

皮膚への刺激が非常に低い成分で作られているので、敏感肌の人も使いやすいアイテム!
かすかに香るフローラルの香りは、ニオイに敏感な人にも不快にならない程度の香りです。
肌を守りつつ高い洗浄力も持っているため、価格は少し高めの設定となっています。

6.ダヴ 濃密泡ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア

泡タイプのボディソープで、敏感肌や乾燥肌が気になる人からの指示を集めています。
高保湿で肌に優しく、泡タイプなので肌を優しく洗い上げることが可能。
どの年齢層の人も手軽に使用できて、使い方も簡単です。

根強い支持を得ている商品であり、継続使用できる手軽な価格で販売されているのも魅力♡
家族だけでなく、泊まりに来た友人や親族も、安心して使えますよ!
継続使用することで、潤いのに満ちたきめ細かな肌が作れます。

7.第一三共ヘルスケア ミノン 全身シャンプー(医薬部外品)

泡タイプのボディソープで、肌への刺激を抑え込んだ成分で作られています。
抗炎症成分を配合しているのだけでなく、肌の負担になる成分が非常に少ないのが特徴。

洗浄力が低いので、毎日汗をたっぷりかく人や皮脂が気になっている人は汚れが落ちきれない可能性がある点は要注意です。

敏感肌で新しいボディソープを探そうと思っている人にはおすすめ!
使用後は少し肌がかさつきやすいので、しっかりと保湿して肌の潤いをキープしましょう。

8.キュレル ボディウォッシュ

液体タイプのボディソープで、保湿力抜群!
ボディソープを使った後に肌が乾燥して悩んでいるという人に、特におすすめのボディソープです。

洗浄力が低いため、梅雨以降の暑い時期に使用すると汗などが落としきれないかもしれない点は注意が必要です。

乾燥肌がひどく、肌の保湿力を失いたくないときに使用するのもよいですね。
肌荒れなどが落ち着くまでのボディソープとして使用するなどの使用方法を編み出して、肌の状態を改善させたいときに使用するのも◎

9.hadakara ボディソープ フローラルブーケの香り

液体タイプのボディソープで、高い保湿力を誇る人気の高いアイテムです。
洗浄力が低いので、汗や汚れをきれいさっぱり洗い流したいときには不向き。
肌に潤いが欲しいと思うときに使用するのがおすすめです。

保湿成分が豊富に含まれていますが、中には肌に刺激を与えてしまう可能性がある成分には注意しましょう。
肌が弱い人、敏感肌の人は少し注意が必要です。

10.イソップ ボディクレンザー11

液体タイプのボディソープで、オーガニック独特の苦みを感じる香りがついています。
大人なテイストのボディソープに負けない、おしゃれなボトルも魅力のひとつです。

洗浄力が高いだけでなく、保湿力も申し分ありません。
敏感肌の人には少し刺激が強いかもしれないので、使用前に成分を確認しましょう。

オーガニックのボディソープを探している人、普通肌や脂性肌の人に特におすすめのボディソープといえます。
プレゼントにも最適です。

自分の肌質に合ったボディソープを使おう♪

ボディソープは、成分だけでなく自分の肌に合うものを選びましょう。
継続使用するものなので、価格や容量にも注目!

家族全員が使用できるものを選ぶのも◎
香りにもこだわると、リラックスタイムがより一層充実しますよ♡

昨今のボディソープは、形状にいくつかの種類があるので、毎日使っていて苦にならないものを選んでくださいね。
TOP