老け見えの原因はバストの位置!?簡単バストケアでアップさせよう!

老け見えの原因はバストの位置!?簡単バストケアでアップさせよう!

「○○さんって老けて見えるよね」「○○ちゃんは見た目が若いよね」女性たちの間でこんな会話は日常茶飯事。誰だって、少しでも若く見られたいのが本音ですよね?バストの位置が下がってくると、年齢よりも老けた印象になりますよ。バストケアして、ツンと上向きのバストを目指しましょうね♪
「○○さんって老けて見えるよね」「○○ちゃんは見た目が若いよね」女性たちの間でこんな会話は日常茶飯事。誰だって、少しでも若く見られたいのが本音ですよね?

バストの位置が下がってくると、年齢よりも老けた印象になりますよ。バストケアして、ツンと上向きのバストを目指しましょうね♪

バストの位置が下がるのはなぜ?

原因1・加齢のせい

Vネックなど胸が開いた服を着ると貧相に見える…その原因は胸の位置が下がっているせいかも。

もともとの骨格が原因というよりは、以下の理由でバストの位置が下がっている可能性があります。理由が分かると、バストアップする方法が分かってくるはず。

原因2・クーパー靭帯が伸びたせい

悲しいことに、年齢を重ねるとバストの細胞が減って胸の位置が低くなってしまいます。細胞が減ったバストは柔らかくなって外に流れ、バストの上部のボリュームが減り、下部がたるみます。

バストは脂肪でできていますよね。横や下に流れてしまった柔らかい脂肪は、自力では元に戻れません。
バストの脂肪は、クーパー靭帯というコラーゲンが主成分の組織で支えられています。このクーパー靭帯は伸び縮みしません。

いったん伸びてしまうと、元に戻すことができないんですね。出産後の授乳期、激しい運動、サイズの合っていないブラをつけている…などが原因で伸びてしまったクーパー靭帯は、バストの脂肪を支えることができず、バストの位置は下がってしまいます(T_T)

理想的なバストの位置は黄金の三角形

鎖骨の中心のくぼんでいる部分とバストトップを結んだ時にきれいな正三角形を描けたら、大きい小さいにかかわらず、美しい黄金比のバストです。

正三角形ではなく、縦長の二等辺三角形になったらバストの位置が下がっている証拠。理想的な位置にあるバストは、肩とひじの間のちょうど1/2にバストトップがきますよ。

貴女のバストはどうですか?鏡の前でチェックしてみてね。

バストケアで下がった胸をアップさせよう!

バストケアを始めるのは早ければ早いほどgood。年齢を重ねれば重ねるほど、バストは柔らかくなって下に流れてしまうので、今すぐ始めましょうね!

マッサージでリンパを流そう!

乳腺と大胸筋の新陳代謝をアップさせて、上向きの美乳を作りましょう。まずは鎖骨周辺のリンパを流します。鎖骨の真ん中のくぼんでいる辺りに手を置いて、鎖骨に沿って指でさするようにワキまで流します。

この時、力を入れずに優しく撫でるようにしてください。滑りが良くなるように、ボディクリームやマッサージ用アロマオイルを使うといいですね。

次に、ワキの下に4本の指を入れてグリグリしてください。ワキの下には大きなリンパ節があるので、リンパが溜まりやすくなっています。痛い人はリンパが詰まっていますよ。あまり力を入れる必要はありません。これでリンパが流れやすくなりました。

いよいよバストのマッサージ。
右の手のひらを左のバストの下に添えて、外側から内側へ優しくさすってください。

次に、左手で同じく左のバストの下を内側から外側へさすります。右のバストも同じように外側から内側へ、内側から外側へと繰り返してさすってください。リズミカルに、片側10回ずつリンパを流しましょう。

それから、脇に流れたお肉をバストに戻すイメージで、右手のひらを左の脇へ伸ばしてください。背中の方に流れたお肉を胸に戻すように、前にかき集めます。これも片側10回ずつ行います。

最後に、もう一度鎖骨に沿ってリンパを流し、ワキの下をグリグリします。これでバストアップリンパマッサージ終了です。リンパマッサージした後は水分補給を忘れずにね。

自分に合ったサイズのブラを選ぼう!

小さいサイズのブラをつけていると、血流が悪くなってバストに栄養が届きにくくなります。かといって、実際のサイズよりも大きなブラをつけていると、ブラの中でバストが安定しないので、クーパー靭帯が伸びてしまいます。

だから、ブラ選びはとっても重要。正しいサイズが分からない時は、ショップで計測してもらいましょうね。運動する時はサポート力の強いスポーツブラを、寝る時はナイトブラをつけることも大切です。

姿勢を正してバストアップ!

猫背で背中が丸まっていると、バストの位置が下がってしまいますよ。

普段から正しい姿勢を意識しましょうね。とはいっても、常に姿勢を意識するのってけっこう大変。そこで、1日に2回、午前中に1回、午後に1回、背中を壁にぴったりつけて真っすぐ立ってみてください。

背中の上部、かかと、後頭部がぴったり壁につきますか?壁に沿って立つことで、体にきれいな姿勢を覚えさせましょう。

バストケアで若々しく

年だから、出産したから…なんてあきらめないで!毎日手軽に続けられる簡単なバストケアで、トップが上向きの若々しいバストを作りましょう。きっと印象が変わってくるはずですよ。今から始めれば、5年後、10年後の貴女の姿は変わります。
TOP
無題ドキュメント