ボディークリームの効果や使い方を知って乾燥肌を守ろう!

ボディークリームの効果や使い方を知って乾燥肌を守ろう!

体質的に乾燥肌の人や、季節によってかさつく部分が出てしまう人など、乾燥で悩んでいる人は多いですよね(>_<) そんな乾燥肌の強い味方と言えばボディークリーム! ボディークリームの正しい使い方や効果を知って、潤いのある肌を手に入れましょう。

どれが合う? ボディークリームの選び方

ボディークリームの中にも、テクスチャーや香り、成分などさまざまな種類があります。
自分に合ったアイテムを選んで毎日のケアに取り入れることが美肌への近道です。
どのようにして選ぶのか調べてみました。

肌質に合わせる

全体的に乾燥肌なら保湿力の高いもの、敏感肌は低刺激のもの、皮脂が多いタイプの肌には油分少なめの軽いものを、というように、肌の状態に合わせてボディークリームを選ぶようにしましょう。
合っていないものを使い続けると、トラブルの原因となってしまうこともあります。
口コミをチェックしたり、ドラッグストアなどのテスターを試したりするのもおすすめです。

保湿力が高いものを選ぶ

ボディクリームの中に入っている成分に、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿力が高いものがたっぷり配合されているものを選ぶと良いでしょう。
また、アルコールやパラベンといった肌の刺激になると言われている成分が入っていないかチェックすることも大切です。
特に敏感肌の人は注意して確認するようにしてください。

好きな香り、テクスチャーのものを選ぶ

ボディークリームは毎日の習慣となるケアなので、好きな香りやテクスチャーのものを選ぶことが長続きの秘訣ともいえるでしょう。
いくつか好きな香りのものを揃えて、その日の気分に合わせて使い分けるのもいいですね♪
テクスチャーは色々試してみて好みのものを見つけましょう。
また、値段が高すぎないアイテムを選ぶことも継続するうえでは重要なポイントです。

ボディクリームを塗るタイミングや使い方は?

ボディークリームを使うタイミングや塗り方、塗る量によって効果や使い心地が変わってきます。
ケア方法を間違えたままだと乾燥が改善するどころかほかのトラブルにつながることも。
ケア方法があっているか、確認してみましょう。

お風呂上り

1日のうちで最も肌の乾燥が進むタイミングは、ずばりお風呂上りです。
入浴後の肌はバリア機能が低下し、短時間で水分を失ってしまう状態になっています。
身体についた水分をやさしくふき取り、湯冷めしないよう温かな部屋でボディケアを行いましょう。
乾燥の進行を遅らせるために、ボディークリームを塗る前に洗面台などでボディーローションを塗っておくのもいいですね。

塗り方

ボディークリームを塗るときは、基本的に身体の外側から内側へ、リンパの流れに沿って塗るようにしましょう。
リンパ液の流れを良くし、血行を促進してボディケアを効率よく行うことができます。
毎日の習慣にすれば、体質改善やむくみ改善にもつながりメリットいっぱいです♪
いきなり全身に塗りたくるのはNG。
パーツごとに分けて、丁寧に塗っていきましょう。

塗る量

ボディークリームを塗る量が少ないと、摩擦によって肌に刺激を与えることになってしまいます。
適量を使うように意識して、力まずに優しく塗っていくようにしてください。
腕や足など、範囲が広いパーツはクリームを多めに手に取ります。
肘や膝、かかとなどかさつきが気になる部分にはよく塗り込むようにしましょう。
ボディクリームの伸びによっても変わるため、製品に書いてある適量を取るのが良いと思います。

自分に合ったボディークリームを使ってうるうる肌を目指そう!

好きな香りやテクスチャのボディークリームを見つけて、使うタイミングや量を守って毎日の習慣にしましょう。
自分の身体を毎日ケアすることで、体型や体調の変化にも気付きやすくなります。
冬の時期にも負けない、乾燥知らずのうるおい肌を手に入れたいですね!
TOP
無題ドキュメント