夏だけじゃない!冬も紫外線対策をして肌を守ろう♪

夏だけじゃない!冬も紫外線対策をして肌を守ろう♪

夏場は太陽がギラギラでかなり紫外線が気になりますよね。そのため、紫外線対策をばっちりして出かけている方が多いでしょう。ですが、冬はどうですか?夏よりは紫外線が強くない気がして、あんまり対策していない方は注意が必要ですよ!冬も紫外線は降り注いでいるので、最低限の紫外線対策をして日焼けを防ぎましょう(^_^)

冬でも紫外線対策しよう!



夏場は太陽がギラギラでかなり紫外線が気になりますよね。そのため、紫外線対策をばっちりして出かけている方が多いでしょう。

ですが、冬はどうですか?夏よりは紫外線が強くない気がして、あんまり対策していない方は注意が必要ですよ!冬も紫外線は降り注いでいるので、最低限の紫外線対策をして日焼けを防ぎましょう(^_^)

紫外線対策をおこたるとどうなる?

紫外線は、肌に大きな悪影響を与えてしまいます。気を抜かずに対策しましょう。

肌が老化する

紫外線を長年にわたって浴びることで、しみやシワ、弾力の低下といった肌の老化を促進し、さらには皮膚がんを誘発する原因になることがあります。加齢にともなう老化と比べ、UVAがもたらす光老化は、硬くゴワゴワした肌に深いシワが刻まれるのが特徴です。ヒマラヤやネパールなどの高地に住む人たちは紫外線の影響を受けやすく、20代からこの症状があらわれることもあります。

また、年齢を重ねた肌ほど抵抗力が弱くなるため、UVAによって肌細胞の老化が起きやすくなることも、コーセーの研究によって明らかになっています。つまり、加齢とともに、より紫外線への注意が必要になってくるのです。
koseさんのWEBサイトは本当にためになるね^^
長時間強い紫外線を浴びていると、シワのもとになる酵素が発生しやすくなるといわれています。そのため、すぐに影響がなくても、将来的にシワができやすくなるかもしれません。

シミができやすくなる

紫外線を浴び続けると、メラニン色素が増加します。そして、シミやそばかすができやすくなるのです。

冬の紫外線量はどのくらい?

冬の紫外線量は、夏に比べると少ないのはたしか。だいたい真夏の1/3から半分くらいだといえるでしょう。ですがゼロになるわけではありませんよね。そのため、しっかりと対策することが大切なんです!

紫外線は冬のほうが顔にあたる!?

冬の紫外線は夏よりも弱いですが、だからといって安心はできませんよ!実は、冬の方が紫外線が顔にあたる可能性があるんです。

夏は太陽が高い位置にあって、真上から光があたりますよね。冬はどうでしょうか。太陽の位置か低くなって、斜め上からあたりませんか?ということは、顔全体に紫外線を浴びやすくなってしまうということです!

冬の紫外線対策のポイント

冬に行う紫外線対策は夏と同じでも大丈夫ですが、少し変えてみるのもおすすめ。

冬でも日焼け止めを塗る!

まずは基本中の基本。冬でも日焼け止めはしっかりと塗ってくださいね。毎日塗ることが大切です。ですが、SPFの数値などは夏場より低くてもOK。日常生活で浴びる紫外線であれば、SPF15から25くらいあれば十分ですよ。

また、日焼け止めは塗り直すことが重要。2~3時間経ったら効果が薄くなってしまうので、露出している顔や手、首などにはきちんと塗り直しましょう。

帽子や日傘で紫外線をブロック

顔の日焼けが気になる場合は、日傘を使って紫外線から肌を守ってくださいね。また、頭皮も日焼けすることがあるので、帽子をかぶるのもおすすめです。

身に付けるアイテムで日焼け防止!

冬は長袖や長ズボンなどを着るので、夏よりも肌が露出する面積は抑えられますよね。ですが手や首元は出てしまうこともあるので、そんなときはマフラーや手袋を使いましょう。あたたかくて日焼けも予防できるので、一石二鳥ですよ♡

肌の乾燥も防ごう

冬は肌が乾燥しやすい季節。乾燥していると紫外線によるダメージも受けやすいので、保湿を徹底することも必要です。

保湿効果のある日焼け止めを活用

日焼け止めの種類はいろいろありますが、なかには日焼け止め乳液というアイテムもあります。乳液状になっていて、肌を保湿しながら日焼けを防いでくれますよ。

冬に乾燥が気になる方や、乾燥肌の方はぜひチェックしてみてくださいね。

スキー場に要注意!

普段出かけるときや通勤、通学などであれば日焼け止めを塗ったりする対策で大丈夫。しかし、雪が積もっている場所に長時間いるなら話は別です!

特に、スキー場は要注意。白い雪に紫外線が反射して、顔にあたりますよね。そして雪の反射率はコンクリートや水面よりも高くて、紫外線がとても跳ね返ってくるんです!

さらにスキー場は標高が高い場所にあることが多いですよね。ということは、平地よりも紫外線が強い可能性が高いです。上からも地面からも紫外線を浴びてしまうので、十分に気をつけましょう。

スキーに行くときには、とにかく日焼け止めを塗りましょう。しかも、体を動かして汗をかくと日焼け止めは落ちやすいので、こまめに塗り直すことが重要!休憩する度に塗り直すことをおすすめします。

さらに、スキー場は日光の照り返しでとてもまぶしいですよね。紫外線を目に浴びることでも日焼けすることがありますし、目の病気になってしまうこともあります。そのため、ゴーグルなどで目も守ってくださいね。

日焼けしてしまったらどうする!?

対策をしてしまっても、日焼けしてしまうことはあります。そんなときは焦らずに、丁寧にアフターケアしましょう♪

まずは焼けた部分を冷やしてください。濡れタオルや水などを使って、肌が熱を持つことを防ぎます。その後、化粧水や乳液でしっかりと保湿しましょう。日焼けをすると肌から水分が奪われてしまうので、水分のチャージが大切です。

冬も気を抜かないで!

冬は紫外線が弱いですが、日焼けをしないわけではありません。対策をして、紫外線から肌を守りましょう♡
TOP