肌のたるみケアにおすすめの食事方法は?食材や食事の仕方まで!

肌のたるみケアにおすすめの食事方法は?食材や食事の仕方まで!

年を重ねるごとに気になる、肌のたるみ。「いい年齢だから仕方ない…」なんてあきらめていませんか? 実は普段の食事を見直すことで、肌の老化を遅らせたるみをケアすることも可能なんです!どんな食材を選び、どのような方法で食事するのが良いのでしょうか。

肌のたるみを引き起こす食事の習慣とは

肌のたるみは、加齢によるもの。しかし、加齢のスピードを早めてしまうような日々の生活習慣もあります。

食生活もそんな生活習慣のひとつ。美しい肌を保つには、まず普段の食事の習慣を見直しましょう!

糖質を摂りすぎている

甘いものが大好きな女性も多いかもしれません。しかし実は糖の摂りすぎは、たるみの原因になりえるんです!

食事で摂った余分な糖は、体の中でコラーゲンなどのタンパク質と結びついて「AGEs」をつくります。これを「糖化」といいます。

この糖化によって細胞の新陳代謝が阻害されてしまい、老化の原因になってしまいます!肌がたるんでしまうのも、このAGEsが影響しているんです。

血糖値を上げる食べ方をしている

空腹の状態で白米や食パンなどを食べると、血糖値が急激に上がります。この急激な血糖値の上昇もまた、たるみの大敵!

食事で急激に血糖値が上がって高血糖が続くと、インスリンが出て脂肪がつきやすくなり、また過食しやすくなってしまいます。
その状態ではタンパク質の糖化が進んでしまうため、AGEsも作られやすくなります。

肌のたるみに効果的な食材とは

私たちの肌も体も、食べ物で作られています。ただ満腹になるまで食べれば良いというものではありません。

肌のたるみを防ぎ、よりハリのある肌を目指すには、選ぶ食材も大きく影響するのです。それでは、いったいたるみケアにはどんな食材を選ぶのが良いのでしょうか?

食物繊維の多いもの

食事を通してたるみケアをしたい人は、食物繊維を多く摂ることを心がけましょう!体内のAGEsを排出する効果が期待できます。

食物繊維は野菜はもちろん、豆類や海藻などにも豊富に含まれています♫
また、これらの食材は血糖値をゆるやかに上げていくことにもつながります。

アスタキサンチンが含まれる赤い食べ物

老化を防ぐ成分として知られているのがアスタキサンチン。サプリや化粧品にも取り入れられています。

たるみなどの肌の老化現象は、紫外線によっても引き起こされます。アスタキサンチンは紫外線のダメージを軽減する役割があるんです!

アスタキサンチンが含まれているのは、サケ、エビ、カニ、イクラなどの赤い海洋生物です。ニンジン、トマト、赤パプリカなどの赤い野菜にも、アスタキサンチンと似た成分が含まれています。

抗酸化作用のある食材

たるみなどの肌の老化現象は、細胞が酸化することによっても引き起こされます。
肌の酸化を食い止めるには、抗酸化作用のある成分を体内に取り入れることがポイント。

食事でも、抗酸化作用のある食材を積極的に摂りましょう!
たとえば色の濃い野菜や果物、鶏胸肉などには、抗酸化作用のある成分が含まれています。

肌のたるみを防止する食事の摂り方

肌のたるみを防止するには、食事の摂り方にも気をつけたいところ。どんなに栄養素の豊富な食材を摂っても、効果的に摂取できなければ意味がありませんよね。

肌のたるみを防止するには、ちょっとした工夫を食事の中に取り入れることが大切なんです!

甘いものを摂りすぎない

たるみの原因となる糖化を防ぐには、余るほど大量に糖をとりすぎないこと。特に、甘いものが好きな人は要注意というわけです!

甘いものが食べたい時には、自然な甘さのフルーツを摂るようにしつつ、量も控えめを心がけましょう。

ジャンクフードに含まれる糖も、カロリーが高いだけで栄養がないため、空腹になりやすく過食を促すので気をつけましょう!

食べる順番を意識する

血糖値の上昇をゆるやかにすることが、たるみケアにも効果的。

血糖値の急激な上昇を避けるため、食事の際には、白米やパン、めん類といった炭水化物を食べ始める前に、サラダなどの食物繊維を多く摂るようにするのがおすすめです。

特に、抗酸化作用がある野菜を積極的に摂ることで、より肌の老化防止効果が期待できます。

食生活を見直して肌のたるみを改善しよう

私たちの身体は、日々摂取する食べ物でできています。
肌の老化を遅らせ、たるみを改善するには普段の食生活を見直すことがとても効果的なのです。

食べる順番や選ぶ食材などを工夫し、たるみ知らずの肌を目指しましょう!
TOP