肌トラブルの原因、乾燥をなんとかしたいっ!この冬こそ”カサカサ”から卒業するためのスキンケア

肌トラブルの原因、乾燥をなんとかしたいっ!この冬こそ”カサカサ”から卒業するためのスキンケア

乾燥はさまざまな肌トラブルを起こしてしまいますよね(・_・;) そのため、ボディケアなどにも苦労している人も少なくありません。 今回は乾燥肌の人のボディケアについて見ていきましょう(`・ω・´) 肌が弱い人こそ参考にしてみてくださいね(*´ω`*)

乾燥しやすい人はどんな人?

こちらでは、どんな人が乾燥しやすいのかを見ていきましょう。
「私、乾燥肌かも」という人がいれば自分が当てはまっているかを見てみてください。
ただ、これはすべての人に当てはまるのではなく目安程度に見てくださいね(;^ω^)

30代後半の女性

30代後半になると皮脂の分泌が減少する傾向があります。
そのため、20代などでは問題なかった人も乾燥しやすくなるようです。
30代後半になって乾燥が目立つようになった人は皮脂の減少による乾燥だと考えましょう。
そのため、しっかりと保湿などをしないと肌トラブルにつながります。

高齢者

年配の男性や女性も乾燥しやすい傾向があります。
これは、加齢によって発汗量が減少したせいと見られています。
発汗量が減ることによって、皮膚も薄くなっていくのでどの年代よりも乾燥しやすいのです。
皮膚が薄くなるとシワがよりやすく、ひび割れのようになってしまう人もいます。

子供

生後6ヶ月前後の子供は皮脂が少ない傾向にあります。
そのため、非常に乾燥しやすい状態と言っても過言ではありません。
赤ちゃんは乾燥しにくいというイメージを持っている人もいますが、実は逆なのです(;´・ω・)
成長によって皮脂が増えていくので、この時点の赤ちゃんは乾燥しやすい特徴を持っています。

乾燥肌の人はどうやってボディケアすればいい?

こちらでは、乾燥肌の人はどうやってボディケアをすればいいのかを見ていきましょう。
肌が弱い人などは、しっかりポイントを抑えたボディケアをしていきましょうね(;´・ω・)

アレルギー反応を起こしにくい素材のタオルで洗う

理想的なものは綿のタオルなどアレルギー反応を起こしにくいもので洗いましょう。
柔らかい素材のものは肌への負担も最小限で済みます。
柔らかい素材のタオルが見つからない場合は、手のひらで優しく撫でるだけでも構いません。
肌は摩擦に弱いので優しく撫でるように洗ってください。
身体を拭く時も強く擦ると赤みが出てしまい、かゆみなどに繋がることがあります。

低刺激性のボディソープを選ぶ

近年は肌が弱い人のためにさまざまなボディソープが販売されています。
低刺激性のものを選ぶことで、肌への負担を抑えることができるのです(`・ω・´)
刺激が強すぎたり、洗浄力が強すぎたりすると必要以上に皮脂を落としてしまい、余計に乾燥を招くことになるので気をつけてくださいね(・_・;)

すすぎは丁寧に行う

ボディソープなどの洗浄成分が身体に残っているとかゆみや炎症の原因になってしまいます。
そのため、すすぎはしっかり行わないといけません。
ボディソープを選ぶ際は、すすぎやすいかどうかもチェックしておきましょう。
目には見えなくても、洗浄成分が身体に残っている場合もあるので気をつけてくださいね(・_・;)
あまりすすぎすぎるのも良くありませんが、ある程度「洗浄成分は残っていないな」と思うほどにはすすぎをするようにしてください。
乾燥肌の人は特にボディケアに注意しよう
乾燥肌の人はボディケアなども大変です。
ちょっとした刺激がかゆみや炎症に繋がってしまうからです。
でも、ちょっとした工夫をすることでかゆみや炎症を引き起こさずにボディケアができるのです。
基本的に「優しくすること」を意識しておきましょう。
洗い方、すすぎ方、ボディソープの選び方なども優しさを意識することで過剰なやり方を避けることができるのです。
TOP