ZOOMでの面接で注意したい!好印象を与えるメイク方法

ZOOMでの面接で注意したい!好印象を与えるメイク方法

在宅での勤務が増えるなど、会社での仕事スタイルに変化が生じている現在、面接もZOOMなどを利用してオンラインで行う企業も増えています。 そこで注意したいのがメイクの方法です。 普段と同じようにメイクをしていては、好印象を与えられないことも。 ZOOMなどオンライン上の面接のメイクポイントを紹介します。
在宅での勤務が増えるなど、会社での仕事スタイルに変化が生じている現在、面接もZOOMなどを利用してオンラインで行う企業も増えています。

そこで注意したいのがメイクの方法です。普段と同じようにメイクをしていては、好印象を与えられないことも。ZOOMなどオンライン上の面接のメイクポイントを紹介します。

ZOOMでの面接におけるメイクで心がけたいこと


通常の面接でもきちんとした印象を与えることは大切です。特に在宅での面接では、気持ちが緩みがち。それが顔やメイクに表れてしまうのは避けたいところです。

そうかといって、厚塗りにすると不健康なイメージを与えてしまいがち。ZOOMなどweb面接でのメイクで心がけたいことを把握しておきましょう。

きちんとした印象を与えるメイクにする

面接では緊張感を持ち、好印象を与えることが大切です。そのためにもきちんとした印象を持たれるメイクをしましょう。

顔が白く映るとぼんやりした印象になり、くすんでしまうと不健康な印象になります。ナチュラルで健康的な印象を与えるメイクをすることが必要です。

顔色を補正して好印象に

顔色は明るく、健康的な印象にしましょう。ファンデーションよりも、ピンクやラベンダーカラーの化粧下地やコントロールカラーを使うとよいでしょう。

ZOOM越しの顔色は白っぽく見えたり、くすんで見えたりします。顔色を補正して、健康的な印象を与えられるようにしましょう。

ポイントメイクは左右対称に

きちんとした印象を与えるポイントは左右対称にすることです。特に眉の形や長さが異なると、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。アイメイクの色の濃さも均等になるようにしましょう。

派手すぎも、メイクをしないのもNG

アイラインや眉、リップなどはしっかりメイクすることが大切です。ただし、眉毛の色が濃すぎたり、口紅の色が赤すぎたりするとその部分だけ浮いてしまうので注意しましょう。

ノーメイクではメリハリのない、ぼんやりした印象を与えてしまいます。顔色もくすんで不健康に見えてしまうことも。何より気を抜いていると思われてしまうと好印象を持ってもらえないので注意しましょう。

ZOOMでの面接のメイクのコツ

ZOOM越しの面接におけるメイクは顔色やメリハリ、バランスに注意することです。メイクのコツを紹介しましょう。

コントロールカラーとコンシーラーで厚塗りを避ける

特にファンデーションをいつも通りに塗っていると、厚塗りしているように見えて不自然な印象を与えかねません。

シミやニキビ跡があると、それを隠そうと何度も重ね塗りをしてしまうのもNGです。気になるシミやクマはコンシーラーで部分的にカバーしましょう。

アイメイクは“ぼかし”がコツ

顔にメリハリをつけたいからと、ブラックや濃い目のブラウンを使ったり、アイラインで目を囲んだりするのは避けましょう。アイメイクはぼかして、ふんわりさせるのがコツです。

濃いブラウンを使うと、目の周りに影ができたように見え、暗い印象に。アイラインで目を囲んでしまうと、キツイ雰囲気になります。

面接ではナチュラルな雰囲気を大切にしたいもの。アイシャドウはベージュ系など、肌になじみやすい色を選びましょう。アイラインは目尻だけに使うと自然でメリハリのある目元ができます。

ハイライトはテカリに注意

鼻筋や額、頬骨、顎にハイライトを入れると、メリハリのある立体的な顔になります。ただし、入れ過ぎるとテカリすぎて厚化粧に見えるなど不自然な印象になってしまいます。

ハイライトはブラシでサッと塗る程度にしておきましょう。また、顔の大きさが気になる場合は、フェイスラインにシェーディングを入れてみましょう。メリハリも出るので、のっぺりした印象も払拭されます。

オンライン上のメイクのコツをつかんで面接で好印象を与えよう


ZOOM越しの顔は、顔が平面的でくすんで見えがちなので、ハイライトやピンク系の化粧下地を使うのがおすすめです。

眉や目元は濃い目の色を避け、くっきりとしたラインを描かずにぼかしてやわらかい雰囲気に仕上げるのがポイント。左右のバランスに注意して、きちんとした印象を与えるメイクをしましょう。

TOP
無題ドキュメント