一重まぶたさん必見!メイクとアイラインのコツを解説します

一重まぶたさん必見!メイクとアイラインのコツを解説します

一重まぶたに二重と同じようにアイラインを引いても、思った仕上がりにならなかった…そんな人は多いのではないでしょうか。 この記事では、一重まぶたの特徴と悩みの原因をもとに、一重まぶたさんにぴったりのアイラインの引き方を解説します。
一重まぶたに二重と同じようにアイラインを引いても、思った仕上がりにならなかった…そんな人は多いのではないでしょうか。この記事では、一重まぶたの特徴と悩みの原因をもとに、一重まぶたさんにぴったりのアイラインの引き方を解説します。

一重まぶたメイクのアイラインでありがちな悩み


まず、一重まぶたメイクにありがちな悩みをいくつかご紹介します。一重まぶたの人は二重まぶたの人に比べて脂肪が厚く重い印象だったり、逆に脂肪が少ないとくぼんで見えたりしてしまいがちです。アイラインの引き方によって、一重まぶたの強調したくない部分が目立ってしまうこともあります。

一重まぶたメイクのアイラインを太く引くとキツい印象になる

一重まぶたの人がアイラインをくっきりと太めに描いてしまうと、実際よりもキツい印象を与えてしまうことがあります。

人は意外と、目をはっきり開けた状態よりもまばたきの時や下を向いた時など、伏し目がちになったときの目元を見ているものです。そのため、実際の目の輪郭よりも幅の広いアイラインはメイク部分ばかりが強調されてしまい、かえって目を小さく見せる結果になることもあります。

特に、まぶたの脂肪の少ないタイプの一重の人は、目の形通りにくっきり引いたり、目尻の跳ね上げを強調しすぎたりするとキツい印象を与えがちです。

一重まぶたメイクのアイラインが脂肪で隠れてしまう

また、まぶたの脂肪が厚いタイプの一重では、せっかく引いたアイラインが脂肪に隠れてしまうという悩みが多いようです。とくに生え際のアイラインが見えなくなってしまい、かといって太く引いてしまうと目を閉じたときにだけくっきり、という状態になってしまいます。

アイラインの引き方で一重まぶたメイクの悩みを解決


このような一重まぶたさんのアイラインの悩みを解決する秘訣は、アイラインの引き方にあります。一重まぶたさんのアイメイクのポイントは「目尻」にあります。

一重まぶたさんのアイラインはまつげを埋めるように描く

一重まぶたさんのメイクでは、目に沿って入れるアイラインはまつげを埋めるように描くのがポイントです。こうすることで、目の輪郭を自然な印象で強調することができます。

目尻は少し長めに描き足します。ここは逆に、少し太めに入れていくのがポイントです。ペンシルなどで太めのラインを入れる場合は、目尻の少し内側から入れ始めて、引き始め部分を綿棒などでぼかしてなじませましょう。

引き終わりはすこし跳ね上げるとエレガントで大人っぽく、思い切ってきゅっと切るとモードな印象になります。跳ね上げを作るなら、仕上げたい印象に応じてリキッドライナーを選んでもよいでしょう。

ただし、黒のリキッドライナーを使ってしまうとやはりキツい印象を与えてしまいます。ブラウン~ブラウンブラック、あるいはボルドーなど柔らかさのある色味を選ぶとよいでしょう。

一重まぶたさんのアイライン・アイシャドウは目尻をポイントに

アイホール全体に濃い色やラメをのせてしまうと重くなってしまいがちな一重まぶたメイクでは、目尻に色を集めるのがポイントになります。

アイシャドウはベージュからブラウンのグラデーションで目尻に向かって陰影を作り、アイラインも目尻で見せましょう。目尻に長さを足すことで、一重でも目そのものが大きく見えるようになります。目尻から強めのラインを入れたり、目尻の下部分にもラインを入れて三角ラインを作ったりすることで、印象的な目元に仕上がります。

腫れぼったいまぶたを卒業!一重まぶたメイクの悩みはアイラインで解決しよう


一重まぶたのアイラインメイクは細く長く入れることで、重たくならず目元を強調することができます。キツく見られがちな一重さんもやさしい印象に見せるアイラインの引き方をマスターすれば、もっと自分の顔が好きになれるはずです。

TOP