今さら聞けないパーソナルカラーの基本。自分で判断するのはどうして難しいの?自己診断のコツを解説!

今さら聞けないパーソナルカラーの基本。自分で判断するのはどうして難しいの?自己診断のコツを解説!

似合う服やメイク、ヘアカラーを判断するのに使われる「パーソナルカラー」。ファッション雑誌やSNSでは当たり前に使われている言葉ですよね。 でも、実際自分は何タイプなの⁉分からないままなんとなく過ごしている方も多いのでは?改めて、パーソナルカラーとはどのようなものなのかおさらいしておきましょう!

似合う服やメイク、ヘアカラーを判断するのに使われる「パーソナルカラー」。ファッション雑誌やSNSでは当たり前に使われている言葉ですよね。
でも、実際自分は何タイプなの⁉分からないままなんとなく過ごしている方も多いのでは?改めて、パーソナルカラーとはどのようなものなのかおさらいしておきましょう!

そもそも「パーソナルカラー」って、なんだっけ?


同じ色のリップを塗っても、友達はとっても綺麗に見えるのに自分はなんだか垢抜けなくてがっかりした…。素敵だと思った服を試着してみたら、顔色が悪く見えてしまい買うのを諦めた…。そんな経験はありませんか?

人にはそれぞれ、「似合う色」ってありますよね。似合う色、つまり、自分の肌や目の色をキレイに見せてくれる色は、人によって違います。そんなちょっとした印象の違いを突き詰めていくと、ある傾向に分けられます。

自分が持って生まれた色素に似合う色の傾向、それがパーソナルカラーなんです。

<パーソナルカラー4つのタイプをおさらい!>

①イエベ春

黄みのある肌、つまり「イエローベース」かつ、透明感がありキュートな印象の春タイプ。
ふんわりしたピンクや紫、ゴールド系を合わせるのがおすすめです。くすんだ色は顔色を悪く見せてしまうので注意しましょう。

②ブルベ夏

青みのある「ブルーベース」ながら、ほんのりピンクがかった肌の夏タイプ。
柔らかく涼しげで穏やかな印象を与えます。パステルカラーが似合い優雅なイメージを持たれやすいです。

③イエベ秋

春タイプよりも、暗めで穏やか・温かみのあるイエローベースの肌が特徴の秋タイプ。
大人っぽいアースカラーなどが似合います。秋の美しい紅葉のような色の服や、ゴールド系のアクセサリーもおすすめ。

④ブルベ冬

血色を感じにくい一方で艶のある肌に、はっきりした瞳を持つ冬タイプ。
シャープでかっこいいイメージや、ビビットなカラーが似合うタイプです。ライダースなど辛めのコーデもばっちり着こなせますよ。

自分の生まれ持った色素は、【目・髪・肌】に現れる!


パーソナルカラーを見極めるポイントは、自分が生まれ持った色素をしっかり見極めること。例えば、同じ日本人でも生まれつき目の色が黒い人と茶色っぽい人がいますよね。そのようないくつかのポイントをおさえていくことで、あなたが生まれ持った色素を見極めることができます。

パーソナルカラーの自己診断では「似合う色」に気を取られがちですが、まずは色素から判断していきましょう。

判断ポイント①:目の色

イエベ春さん…明るい茶色、または柔らかい黒色で、キラキラ輝く雰囲気。
ブルベ夏さん…赤っぽい茶色、または灰色がかった黒で、柔らかい雰囲気。
イエベ秋さん…深い茶色または黒で、落ち着いた雰囲気。
ブルベ冬さん…はっきりした黒、または暗い茶色で、黒目と白目の境目がしっかりしている。

判断ポイント②:地髪の色

イエベ春さん…陽の光に透ける柔らかい茶色。
ブルベ夏さん…透明感のある柔らかい黒色。
イエベ秋さん…深い茶色、焦げ茶。
ブルベ冬さん…つややかではっきりした黒色。

判断ポイント③:肌の色


イエベ春さん…明るめのアイボリーでつややか。日焼けしやすいが、もとに戻りやすい。
ブルベ夏さん…血色がよく、明るいピンクのマット肌。日焼けしてもすぐもとの色に戻るが、赤くなりやすい。
イエベ秋さん…オークル系のマット肌。日焼けすると黒くなりやすく、もとの色に戻りにくい。
ブルベ冬さん…つややかで血色を感じにくい肌。ピンクがかった色白または地黒。日焼けすると、赤くなった後に黒くなる。

しかし自分で判断するときに迷うのが、場所によって当てはまるタイプが違う場合。

例えば、肌はピンクっぽいけど目や髪は焦げ茶色っぽい方は、ブルベ夏とイエベ秋の特徴を持っていることになりますよね。このような場合、複数のタイプが混じっている傾向があるんです。

季節にも変わり目の時期があるように、パーソナルカラーの4つのタイプにも「中間タイプ」という方がいます。もし、自分は中間タイプや複数のタイプの要素を持っているかもと思ったら、そのタイプに共通する特徴を参考にしてみましょう。

つまり、夏タイプと秋タイプを持っている方は、共通する印象である「穏やか」というキーワードに注目。穏やかな印象を与える色を身につけてみると、あなたの魅力がよりひき立つでしょう。

パーソナルカラーに合わない色=NGカラー、というわけではない!


もし、赤や青といったカラフルな色が好きな人が、「イエベ秋」だったら、その人はもうカラフルな色を着ないほうがいいのでしょうか。

パーソナルカラーを診断することで、自分が好きだったアイテムや色を止めないといけないとしたら…。とっても悲しいと思いませんか?でも、そうではありません。

ファッションは自分のテンションを上げて、人生を楽しくしてくれるもの。パーソナルカラーに囚われすぎて、好きなファッションを楽しめなくなってしまったら元も子もありません!

パーソナルカラーを参考にしつつ、自分を素敵に見せる服やメイクを選ぶコツがあります。

もし、イエベ秋の方がカラフルなファッションを楽しみたいと思ったら。

例えば、ビビットすぎる赤ではなく少しくすみのあるカラーを選んでみる、ファッションのメインカラーではなく差し色として使ってみる、などの方法があります。

大切なのは、自分の「好きなファッション」と「似合うファッション」をうまく組み合わせること!

パーソナルカラーは、あくまであなたを輝かせるツールの一つ。知っておくことで、より一層素敵になれることは間違いありません。

パーソナルカラーと上手に付き合って、自分だけのおしゃれを楽しんじゃいましょう!
TOP
無題ドキュメント