ブルベ肌に合ったメイクでそばかすのない肌づくり

ブルベ肌に合ったメイクでそばかすのない肌づくり

紫外線を浴びたり、間違ったスキンケアをしていたりするとそばかすが目立ってしまうことがあります。 メイクで隠そうとしても隠しきれないことも。 メイクで隠せないのは肌に合っていない色のコントロールカラーや、コンシーラーが原因の可能性もあります。 日常生活の見直し方や肌に合ったメイク方法など、そばかす対策について知っておきましょう。
紫外線を浴びたり、間違ったスキンケアをしていたりするとそばかすが目立ってしまうことがあります。
メイクで隠そうとしても隠しきれないことも。

メイクで隠せないのは肌に合っていない色のコントロールカラーや、コンシーラーが原因の可能性もあります。日常生活の見直し方や肌に合ったメイク方法など、そばかす対策について知っておきましょう。

そばかすが目立つ理由


そばかすなんてなかったのに、最近そばかすが目立ってしまう、メイクをしても隠せないなどそばかすに関する悩みを持つ女性も少なくないでしょう。そばかすが目立ってしまう原因はどういったことでしょうか?

紫外線

そばかすができたり、目立ったりする原因の一つは紫外線です。紫外線を浴びるとメラニンが肌を守るために過剰に生成されます。

健康な肌であれば、ターンオーバーによってメラニンは肌の表面から自然と剥がれ落ちていくのですが、肌が乾燥していたり新陳代謝が正常でなかったりすると、メラニンがそのまま肌内部にとどまってしまい、シミやそばかすの原因になるのです。

ホルモンバランスが乱れ肌の代謝が悪い

肌の新陳代謝が正常でなくなる原因の一つがホルモンバランスの乱れです。睡眠不足や冷え、疲労やストレスなどによってホルモンバランスが乱れると、血行不良や肌荒れを引き起こします。

その結果、肌のターンオーバーが遅れてしまうのです。

ブルベ肌なのにイエベ肌に合うメイクをしている

肌色に合っていないメイクはそばかすを隠すどころか、目立たせてしまうこともあります。ブルベ肌なのにイエベ肌に合う色を使っていると、肌になじまずそばかすを隠すことができなかったり、そこだけ色浮きしてしまったりします。

隠せないからと何度も重ね塗りをしていると肌への負担となり、しみやそばかすを増やすことにもなりかねません。

そばかすを解消する方法


そばかす対策としては、スキンケアや日常生活を見直すとともに、肌色に合わせたメイクをすることが必要です。

紫外線対策をする

外出する際には日焼け止めやファンデーションを塗りましょう。日傘や帽子などを使用することも必要です。少しだけでも紫外線は肌へのダメージとなります。短時間の外出でも、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

スキンケアを見直す

洗顔は肌への刺激とならない成分のものを選び、よく泡立てやさしく洗い流すようにします。洗顔後は化粧水と美容液を塗り、乾燥しないよう保湿ケアをしっかりすることが大切です。

角質ケアをする

肌のターンオーバーを正常にする方法として角質ケアがおすすめ。週に1回程度、ピーリングをして肌に溜まった古い角質を取り除きましょう。

ブルベ肌に合ったベースメイクをする

そばかすをカバーするには、肌色に合わせた色を選ぶことが大切。ブルベ肌にはピンク系のコンシーラーやファンデーションがおすすめです。ベージュ系や黄色がかった色をベースメイクに使用していると、上手にカバーできません。ベースメイクに使用している色をチェックしましょう。
・コンシーラーの選び方
そばかすには部分的にカバーできるコンシーラーがおすすめです。少し固めのテクスチャーの方がカバー力があります。白すぎたり、ブルー系の色を選んだりするとその部分だけ浮いてしまうので、肌のトーンに合わせたもの、もしくはワントーン暗めの色を選びましょう。

3色カラーなど、複数の色が入っているものなら調整がしやすいのでおすすめです。

・コントロールカラーの選び方
ブルベ肌にブルー系のコントロールカラーを選ぶと、顔色が悪く見えてしまことがあります。コントロールカラーを顔全体に使う場合は、ラベンダー系など少し温かみのある色を選ぶとよいでしょう。

そばかす対策をすると同時にブルベ肌に合ったメイクをしよう


紫外線やスキンケアに注意をしていても、加齢とともにそばかすができてしまうことも。素肌ケアをすることも大切ですが、そばかすを隠したいときには肌に合った色を選んでメイクをしましょう。

ブルベ肌に適したポイント使いのコンシーラーやコントロールカラーは、ブルー系よりもラベンダーカラーの方がおすすめです。

TOP