いつでもきれい!アラフォー向けマスクメイクのコツ!

いつでもきれい!アラフォー向けマスクメイクのコツ!

マスクをしていると普段と印象が違ってしまい、どうにかしたいと思うアラフォー女性も多いはず。 それに丁寧にメイクをしたはずなのにきれいに見えないと、気分が下がってしまいます。 そんなときに役立つ、アラフォー向けマスクメイクの方法を紹介します。
マスクをしていると普段と印象が違ってしまい、どうにかしたいと思うアラフォー女性も多いはず。
それに丁寧にメイクをしたはずなのにきれいに見えないと、気分が下がってしまいます。
そんなときに役立つ、アラフォー向けマスクメイクの方法を紹介します。

アラフォーマスクメイクのコツ


マスクのときはメイクしない女性もいますが、アラフォーの場合メイクなしでは顔色が悪く見えがちです。
そのため、普段のメイクにひと工夫してマスクをつけた状態の表情を作りましょう。
アラフォー向けマスクメイクのコツを説明します。

マスクで隠れる所も下地はつける

マスクをつけると擦れたり蒸れたりしてメイクが崩れやすいためメイクをしない人もいるでしょう。
ですが、食事などの際マスクをはずしたときにメイクあり部分との違和感を防ぐためにも下地だけはつけることをおすすめします。

下地で肌を整えておき、ナチュラルメイク程度に押さえると崩れも気になりません。

普段よりしっかりと

マスクより上の鼻から額にかけての部分のメイクは、これまでよりしっかりとします。
マスクで口紅やチークの色が隠れるため、赤みが見えず顔色が悪く見えやすいからです。

特にアラフォーになると目元はたるみがちで、口元が隠される分そちらに注目されると不健康な印象になってしまいます。
アイメイクに明るい色を使ったり、アイラインをよりしっかりと引いたりして仕上げると顔色良く見せられます。

きれいな肌見せのための下地作り


マスクをしていると普段よりも顔に自分の息がかかりやすく、湿気でメイクが崩れがちです。
そのためメイク崩れ防止を目的とした崩れにくい下地作りがポイント。
気になる部分もカバーしてきれい肌を目指しましょう。

下地とコンシーラーでベースメイク

スキンケアをしたあとで、下地は顔全体にムラなく下地をつけましょう。
左頬・右頬・額・鼻・顎の5箇所にまず下地をつけてから全体へ伸ばすと上手につけられます。

それからコンシーラーで気になるところをカバーしますが、マスクから出てよく見える目の下のクマはしっかりつけて指で伸ばします。
ていねいにクマやくすみをカバーすれば、下地だけでもきれいな肌に見せられるのです。

部分で下地の種類を変える

マスクの外と中で使う下地の種類を変えると、それぞれに必要な働きが期待でき、マスクを外してもその部分だけメイクが落ちている心配がありません。
マスクなしの額や目の周りでは乾燥を防ぐ保湿タイプの下地を、マスクをする鼻や口元、頬には皮脂浮き防止タイプの下地を選んで使い分けます。

ツヤをプラス


きれい肌のアラフォーメイクを目指すには、下地の上にツヤをプラスするコスメを使います。
パールやラメ入りコスメをアクセントに使って、軽さをアップさせましょう。
マスクに隠れない目の周りに輝きを置くと、今まで以上の美肌が叶うはずです。

目の周りにツヤ

具体的には目尻の周りのCゾーンと鼻筋にそって、パール入りコスメなどを使いツヤを入れます。
すると顔をスッキリとしなやかに見せ、鼻筋の通った印象に仕上がります。

さらに細かくチップやブラシでパールをプラスすると洗練されたマスクメイクが期待できます。
そのためには、上まぶたの真ん中と目頭に最小限のパールをのせることです。

プチプラコスメを活用

今までパールやラメ入りのコスメをあまり使ったことがなければ、どれを使えば良いか迷いがち。
しかしプチプラコスメなら気軽に試せるので、思い切って気になる色にチャレンジできます。

ドラッグストアなど身近なショップでも多数扱っているため、好みの仕上がりに出会えるまで試してみましょう。

しっかり下地を作ってマスクメイクをきれいに仕上げよう


アラフォーのマスクメイクを美しく仕上げるには、顔全体にきちんと下地をつけることがポイントです。
コンシーラーも使って気になる部分を押さえれば、それだけでも十分きれいな仕上がりになります。

さらにパールやラメを部分使いして、より顔色を明るくし印象の良いマスクメイクを実現しましょう。

TOP
無題ドキュメント