肌色を見極めて決める!ブルベ冬・一重のアイメイクポイント

肌色を見極めて決める!ブルベ冬・一重のアイメイクポイント

はれぼったくなりがちな一重のアイメイク。 アイシャドウ選びも一苦労、という人も少なくないでしょう。 コツの一つは肌色を把握し、合った色を選ぶことです。 まずは自分がイエベなのかブルベなのか、さらにブルベ夏なのか冬なのかを見極め、似合う色のアイシャドウを選びましょう。
はれぼったくなりがちな一重のアイメイク。アイシャドウ選びも一苦労、という人も少なくないでしょう。

コツの一つは肌色を把握し、合った色を選ぶことです。まずは自分がイエベなのかブルベなのか、さらにブルベ夏なのか冬なのかを見極め、似合う色のアイシャドウを選びましょう。

ブルベ冬の一重メイクのポイント

ブルーベースでもより詳しくわけると夏と冬があります。ブルベ夏とブルベ冬では、似合う色が異なるもの。自分の肌はブルベ夏か冬かを把握し、似合うカラーを選びましょう。

ブルベ夏とブルベ冬の違い

ブルーベースは涼しげでさわやか、青みを帯びた肌色が特徴です。ブルベは夏と冬にわけることができます。

夏はラベンダーや薄いブルー、青みがかったピンクが似合います。目の色はやわらかい黒か少し茶色がかった色。エレガントで清楚な雰囲気です。

冬は鮮やかなブルーやワインレッド、濃いピンクなどビビッドなカラーが似合うのが特徴。黒目と白目のコントラストがはっきりしていて、髪の色は黒。クールな印象の人が多いです。

ブルベ冬に似合うカラー

ブルベ冬に似合うのは青みがかったビビッドなカラーです。ロイヤルブルーやネイビー、チャコールグレーやワインレッド、ローズなどが似合います。反対にイエロー・オレンジ系の色はあまり得意ではありません。

ブルベ冬のメイクポイント

ブルベ冬の人の肌は青みがかっていて、血色が悪く見えやすいです。ベースメイクは血色をよくする色を使いましょう。

アイメイクはビビッドな色がおすすめ。バーガンディやピンク系のブラウン、グレイッシュブラウンなどは似合います。チークは青みがかったピンクのほか、大人っぽいワインレッド系も得意です。

真っ赤なボルドー系のリップも色浮きすることなく、色白の肌に似合うでしょう。

はれぼったくならないための一重メイクの基本


似合う色が分かったら、それを活かしてメイクをしましょう。ただし一重の場合は注意しないとはれぼったくなってしまうことがあるので、注意が必要。はれぼったさを緩和する一重メイクを紹介します。

アイホールをきちんと認識

一重のアイメイクではアイホールを認識することが重要です。認識できていないと、幅広くアイシャドウを塗ってしまい失敗につながります。

アイホールは目頭と目尻を半円状に囲んだ部分、眼球と骨のくぼみに沿った部分です。まぶた全体ではないので、アイホールの部分をしっかりチェックしましょう。

まぶた全体に塗ってしまうと、はれぼったさが目立ったり、厚化粧に見えたりしてしまうので注意が必要です。

アイシャドウを塗るアイテムを使い分ける

一重の人のアイメイクは立体的なメイクをすることです。そのためには単色ではなく複数の色を使い、グラデーションにすること。

グラデーションを簡単に作るには、3色入りのパレットがおすすめ。パレットの色を使えば簡単にグラデーションを作れます。

一番薄い色がハイライトカラーで、まぶた全体に塗ります。ハイライトカラーよりも濃く、メインカラーよりも薄いのがミディアムカラー。自然なグラデーションを作るのに役立ちます。

パレットの中で一番濃い色がメインカラーです。目のキワや目尻に入れて、引き締める役目があります。

ダークトーンのアイシャドウで目元を引き締める

一重の場合は平面的になりがちな目元を、メリハリを作って立体的にすることです。そのためには、タークトーンのアイシャドウやアイライナーで、アイラインを入れること。目元が引き締まります。

さらにアイホールに薄い色を塗り、目のキワに向かって色を濃くすることで目元に奥行が出て立体的になります。

マットタイプを選ぶ

一重の人にはツヤのあるアイシャドウやパール感の強いアイシャドウより、マットタイプがおすすめです。マットタイプの方が目元が引き締まりやすく、はれぼったさも強調されません。

パールなどで華やかさを出したい場合は、目のキワや目尻だけなど、ポイントに使うとよいでしょう。

ブルベ冬と夏の違いを認識してより似合う一目メイクをしよう


一重メイクはアイシャドウのグラデーションを利用し、目元にメリハリを出すことではれぼったさが緩和されます。ブルベ冬と夏との違いを認識し、自分に似合う色をチョイスすることも大切です。

TOP