マスク生活だからこそ欠かせない!涙袋メイクは小顔見せに最適!

マスク生活だからこそ欠かせない!涙袋メイクは小顔見せに最適!

新型コロナウイルスの影響から、マスク着用が当たり前の時代になってきました。 マスクに慣れていない人は息苦しさ、メイク崩れなどに悩まされることも多いでしょう。 せっかくメイクをしてもマスクをしていることで汗をかいて崩れてしまう人も多いです。 マスクにはデメリットしかないように見えますが、実はちょっとしたメリットもあります。
新型コロナウイルスの影響から、マスク着用が当たり前の時代になってきました。
マスクに慣れていない人は息苦しさ、メイク崩れなどに悩まされることも多いでしょう。

せっかくメイクをしてもマスクをしていることで汗をかいて崩れてしまう人も多いです。
マスクにはデメリットしかないように見えますが、実はちょっとしたメリットもあります。

マスクで涙袋メイクをすると小顔効果が期待できる

マスクをすることで小顔効果が期待できると言われています。

女性はメイクやヘアスタイルを駆使して小顔効果を生み出しますが、実はマスクを用いることで手軽に小顔効果が得られます。

こちらでは、なぜマスクによって小顔効果が生まれるのかを見ていきましょう。

余白が減る

当然ながらマスクを着用することで顔の余白が減ります。
基本的にマスクと目の位置が近い方がいいです。

その理由として、目が大きく見えやすくなること、顔の余白が減って小顔に見えることがあります。
普段はメイクなどでしっかり小顔に見せるようにしますが、マスクを着用していることでその手間も最小限に抑えることができるのです。

涙袋メイクの効果

涙袋メイクは小顔効果に繋がります。
マスクをしていると、顔の半分以上は見えないため目元の印象だけが重要になるからです。

マスク着用がなくても涙袋メイクは重要視されていますが、目元しか見える部分がないマスク着用時こそ涙袋メイクが活きると言っても過言ではありません。

陰影をつける

目元に陰影をつけることで立体感を作ることができます。
涙袋メイクは芸能人も重視している人が多く、それを真似している女性も少なくありません。

目元にコンプレックスを持っている人も、アイメイクで陰影をつけることでぱっちりとした目に見せることができるのです。

目元の陰影だけで印象が大きく変わるので、一重や奥二重など腫れぼったい目が気になる人は試してみましょう。

マスクメイクで欠かせないことは?


マスク着用が当たり前になっているため、女性も「マスクありき」のメイクに切り替えなければいけません。
これまでのメイクと同じ方法を取っていると、マスクの蒸れによる肌荒れなどに繋がるからです。

こちらではマスクメイクで欠かせないことについて見ていきましょう。

イメージを明確にする

会社によって異なりますが、社内でマスク必須にしているところも少なくありません。
つまり、自宅に帰るまで常にマスク着用をしている人が多いのです。

そのため、これまでのようなメイクをしていると肌荒れやメイク崩れに繋がります。
メイクをする時はしっかりと「どんな風に見えるのか」というイメージを固めておきましょう。

涙袋を強調して優し気な印象に

マスクメイクでは涙袋メイクが欠かせません。

涙袋をアイブロウなどで強調することで優しい雰囲気を作ることができます。
さまざまなコスメブランドでフェイクライナーなどが販売されているので、そういったものを用意しておきましょう。

ペンシルタイプのアイメイク用品は、職場でメイク直しをする際にも最適です。

手間を惜しまない

女性によっても異なりますが、マスクメイクはしっかり顔の全部をする人もいれば見えない部分はある程度手を抜いて目元だけをしっかりする人もいます。

基本的にマスクをつけっぱなしの職場などであれば、目元だけを重視してメイクしても構わないでしょう。

ただ、目元だけでも手間を惜しまないでください。
涙袋メイクなどひと手間を加えるだけで、これまでとは異なった雰囲気のメイクに仕上げられます。

涙袋メイクでマスク生活に彩りを与えよう


マスク着用が当たり前になったことでメイクに対して憂鬱な気持ちを持つ人も多いでしょう。
しかし、涙袋メイクで小顔効果を得られるのも事実です。

憂鬱になるのではなく、どうすればマスクを活かしたメイクになるか前向きに考えてみてください。

TOP