おすすめ部分用ビューラー7選!選び方や使い方も解説します

おすすめ部分用ビューラー7選!選び方や使い方も解説します

ビューラーは使っているけど、部分用ビューラーは使ったことがないという人も多いのではないでしょうか? どんな時に使えばいいのか、使い方や選び方などがわからないという人のために、部分用ビューラーについて解説します♪ 使いこなすことでなりたい目元に近づくことができるので、ぜひ参考にしてみてください。
ビューラーは使っているけど、部分用ビューラーは使ったことがないという人も多いのではないでしょうか?
どんな時に使えばいいのか、使い方や選び方などがわからないという人のために、部分用ビューラーについて解説します♪
使いこなすことでなりたい目元に近づくことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

部分用ビューラーってどんなもの?

まずは、部分用ビューラーって普通のビューラーと何が違うのか、どんな時に部分用ビューラーを使えばいいかなどについて解説します。

部分用ビューラーの特徴

部分用ビューラーとは、横幅の狭いビューラーのことです。
まつげ全体をカールさせるのではなく、狙った部分だけをカールしたり、部分によってカールの強さを変えたりして好きな形に整えることができます。
また、全体用ビューラーで目尻や目頭など、特定の場所がうまく上がらないという時にも役立ちます。

部分用ビューラーはこんな人におすすめ!

ただまつげを上げたいだけでなく、まつげの形にこだわりがある人にはおすすめです。
中央を強めに上げて黒目を強調したい、目尻に向かってきれいな扇状のまつげに見せたい、目頭をしっかり上げて可愛い印象にしたいといった時に使えます。

また、全体用ビューラーでいつも上手にまつげをカールできないという人にもぴったりのアイテムといえます。
小回りがきくため、不器用な人にも扱いやすいのが特徴です。
全体用ビューラーと部分用ビューラーを併用することで、全体をきれいに仕上げることができます。

下まつげにもビューラーを使いたいという人にとっても使いやすい部分用ビューラーがあるようですので、チェックしてみてください。

部分用ビューラーの使い方

部分用ビューラーを使ったらちぐはぐなまつげになりそう…と思っている人もいるかもしれません。
しかし、ポイントをしっかり押さえれば難しいことはありません!
部分用ビューラーを上手に使うコツを解説します。

部分用ビューラーの使い方・全体編

まず、全体用ビューラーでまつげをカールさせるところからスタートです。
どのタイプのビューラーでも共通しているのが、一度に強い力をかけてカールさせず、3段階ほどに分けて力を加減しながら上げていくという点です。

かける力の強さは、根本に近い部分を最も強く、中間~毛先に向かって段階的に弱くしていきます。
まつげは毛先にかけて細くなっており、とくに毛先のほうは切れやすくなっているため、やさしく力をかけます。
また、根本に力をかける時に引っ張ってしまうと、まつげが抜ける原因となってしまいますので注意してください。

部分用ビューラーの使い方・目頭編

まつげ全体をビューラーで上げたら、部分用ビューラーで目頭のまつげを上げていきます。
部分用ビューラーは全体用よりもやや力がかかりやすいため、慎重におこなってください。
根本→中間→毛先と力を段階的に弱めながら挟んでいきます。
可愛らしさを出したいときは、目頭側のまつげをしっかり上がるようにするといいですよ☆

部分用ビューラーの使い方・目尻編

目尻側も、手順は全体や目頭と同じです。
目尻のまつげを部分用ビューラーで挟み、毛先にいくにしたがって力のかけ方を弱めていきます。
このとき、やや外側に流れるようにカールさせていくと、目幅が広く見えてきれいに仕上がります。

部分用ビューラーの選び方

自分にあったビューラーを見つけるポイントが知りたい人のために、部分用ビューラーの選び方について解説します♪

部分用ビューラーは眼球のカーブに合ったものを

全体用のビューラーについても同じことがいえるのですが、きれいなカールを作るためには自分に合った幅・カーブのものを選ぶことが大切です。
全体用のビューラーは、自分の目幅に合っていることがポイントとなりますが、部分用ビューラーを選ぶときには目幅は考えなくても大丈夫です。
部分用のビューラーは眼球のカーブに合っているものを選ぶということがポイントになります。

ビューラーを選ぶときは実際に試してみよう

自分の眼球のカーブに合っているかどうかは、見ただけではなかなか判断できないと思います。
日本人女性の平均的なまぶたに合わせて作られているアイテムを選ぶのもひとつの方法です。
おすすめなのは、実際に売り場に行って試してみることです。
まつげの根本を挟んでみて皮膚を挟んでしまったり、逆にゆるくて根本をきちんと挟めない部分があったりする場合は、カーブが合っていないといえます。
デパートの化粧品売り場やロフトなどで試すことができるので、ぜひ足を運んでみてください。

全体用も部分用も、自分のまぶたに合ったカーブのものを探すことがきれいなまつげの第一歩です。
自分に合ったビューラーを見つけたら、替えゴムを利用するなどして、同じアイテムを使い続けるというのもおすすめです。

おすすめ部分用ビューラー7選

それでは、とっておきのおすすめ部分用ビューラーをご紹介します!
自分にぴったりのものを見つけてみてください。

資生堂 ミニアイラッシュカーラー215

部分用ビューラーの定番、資生堂のミニアイラッシュカーラーです。
細長いフォルムでポーチに入れても場所をとらず、持ち歩きにも便利です。
資生堂のアイラッシュカーラーは日本人女性数千人のまぶたの形をもとに開発されており、どんなまぶたの人にもフィットするのが特徴です。
シリコンゴムにも弾力があり、丸い形になっているためまつげへの負担が極力少なくなっているそうです。
どれを選んでいいかわからない、初めてビューラーを購入する…という人にはとくにおすすめの一本といえます。
全体用ビューラーでは上がりにくい目尻もすっときれいに持ち上がり、調整もしやすいので、可愛さもクールさも自由自在です。

シュウウエムラ S カーラー マルチファンクショナル アイラッシュカーラー

独特のヘッド部分が印象的な、シュウウエムラのアイラッシュカーラーです。
サイドバーがないため、どのような目の形にも合わせることができ、理想のまつげに近づけることができます。
通常の全体用ビューラーではなかなか形の合うものがない、左右で目の形や二重幅が違うなどの悩みがある人にはぴったりのアイテムといえます。
形が変わっており、まつげの見え方も違うため、使い慣れるまでに少し苦労するという声もありますが、慣れればしっかりカールできると評判のようです。

コージー本舗 No.100 アクセントカーラー(部分用ビューラー)9.5mm幅

目もと用コスメやメイク用品でおなじみのコージー本舗の部分用ビューラーです。
支柱がないため使いやすく、小回りがきくのが特徴です。
つけまつげを部分的に上げたいときや、目尻・中央など強調したい場所にピンポイントで使えて微調整しやすいので、理想の形を作ることができます。
扱いやすい形なので、下まつげをカールするのにもおすすめです。
替えのゴムがどこでも手に入りやすいのもポイントといえます。

Prima shogyo カールアップ ステンレス製ハンドメイドまつ毛用カーラー

毛抜きのような形状が特徴的な、ステンレス製の部分用ビューラーです。
日本国内で職人がひとつひとつ手作りしており、見た目にも高級感があります。
通常のビューラーとは原理が違うため最初は使い勝手に戸惑う人もいるようですが、慣れれば微妙な力加減もできるそうです。
とくに、下まつげにビューラーを逆さにあてて使うのが苦手という人には使いやすいアイテムのようです。
普段ビューラーを使わないけれどさかさまつげで困っている、という人にもおすすめのビューラーです。

コバコ アイラッシュカーラー(ミニ)

日本のモノづくりの伝統を大事にしている「貝印」の技術が生かされたコスメブランド、コバコのアイラッシュカーラーです。
見た目も可愛く持ち歩くのにもぴったりなアイラッシュカーラーのシリーズで、模様やカラーにもバリエーションがあるのが特徴です。
毎年限定デザインが出ているため、楽しみにしているユーザーも多いようです。
化粧ポーチに入るコンパクトさも魅力です。

オレンジの小花模様が和風で可愛らしいミニタイプは、部分にはもちろん、まつげ全体を上げるのにも使えるすぐれものです。
持ちやすい形状である一方、挟んでいる部分が見えにくいという意見もあるので、全体使いよりは部分使いのほうが使いやすいかもしれません。

コバコ アイラッシュカーラー(センターカール)

幅は全体用と同じですが、目の中央部分を強めに上げる形になっている、センターカールタイプのアイラッシュカーラーです。
黒目の上を強調する効果があり、目をぱっちりと大きく見せてくれます。
キツい印象になりがちな一重まぶたや奥二重のまぶたも、まるくやさしい印象に仕上げてくれるのでおすすめです。
もちろん、中央部分だけでなく目尻までしっかりカールしてくれます。
先に紹介したミニタイプとあわせて使うのもおすすめです♪

コバコ アイラッシュカーラー(サイドカール)

左右二つのビューラーがセットになった珍しいタイプのアイラッシュカーラーです。
目尻に向かってカーブが強くなるようにデザインされており、セクシーな目元や切れ長の印象を作りたい人におすすめのアイテムです。
通常のビューラーのように使うだけで、扇形のきれいなまつげが完成します。
自まつげをしっかりあげて華やかな印象に仕上げてくれるため、つけまつげやまつげエクステが苦手という人にもピッタリといえます。
もちろん、つけまつげのカールにも使用することができます。

部分用ビューラーを使いこなして、思い通りのまつげを手に入れよう

部分用ビューラーの選び方や使い方から、おすすめのアイテムまでご紹介してきました。
自分のまぶたや眼球の形に合うものや、使いやすい形などがありますので、自分にぴったりのものを探してみてください。
ひと工夫で目元の印象を変えることができる部分用ビューラー、ぜひ使いこなしてくださいね☆
TOP