20代メイクのままはNG! 30代のモテメイク指南

20代メイクのままはNG! 30代のモテメイク指南

30代になると、メイクテクを磨いている人と20代メイクのままの人で大きな差が出てきます。 20代メイクのままだと、少しずつ変化する自分の肌質や顔の作りに合わなくなってきてしまいミスマッチな印象を与えてしまうことも。 年齢に合ったメイクでより魅力的な自分を演出しましょう!

こんなメイクは卒業! 30代のNGメイク

仕事でも後輩が増えたり職種によっては重要なポストに就いたりすることもある30代。
プライベートも結婚、出産、育児などライフステージが目まぐるしく変わる時期でもあります。
自分のメイクを見なおすことなく時間が過ぎてしまいがちですが、一度立ち止まって“ちょっとイタい”メイクとさよならしましょう。

濃いだけのアイメイク

20代まではとにかく目元の印象重視で濃いめのアイメイクをする人が多いですよね。
しっかりとしたブラウンのアイシャドウに太めのアイライン、バサバサのまつ毛など、小ジワも出てくるようになると、逆にその濃いメイクがシワを目立たせてしまうことも。
ブラウンメイクでも質感や色味をしっかり選ぶように、マスカラもボリュームタイプより長さ重視など仕上がりにこだわりましょう。

甘めのピンクチーク

20代だからこそ似合うメイクの代表格といえば、甘めの大きなピンクチークです。
30代になると顔の雰囲気だけでなく服装や髪型なども変化するので、発色の良いピンクチークは浮いてしまう場合も。
また、あどけなく見せたい時に有効な頬の高い位置に入れるチークも、やりすぎは×。
浮かない色を適切な部分に入れるようにしましょう。

眉の描き方で時代が分かる!?

顔の印象を左右するのは、アイメイクでもリップでもなく眉毛なんです。
眉毛というパーツはアイメイクやリップに比べて地味な割に長さや角度、濃さなど微妙に難しいテクが多く、どうしても慣れた描き方をしてしまいがちですよね。
しかし、眉毛の描き方を長年変えていない人は要注意。
それだけで少し古臭い印象を与えてしまっているかもしれません。

どうすればいい? 30代モテメイクのポイント

20代の頃のように、ひたすら可愛さを重視した足し算メイクは卒業しましょう。
30代はスキンケアや小ジワ対策など日頃の肌の手入れもメイクに大きく影響します。
ライフスタイルや変わってくる顔の雰囲気、好みが変化する服装などに合わせて、周りに好印象を与えるモテメイクをはじめましょう。

シミやくすみを飛ばすベースメイク

透明感やツヤ感を印象付けるベースメイクはいつの世代にも大事なポイントですが、薄付きの下地やファンデーションをそのまま使
だけではシミやくすみを隠すことはできません。
あくまでもナチュラル“風”に見せるために、シミやくすみはしっかりカバーしましょう。
メイク前の保湿やツヤ肌になるクリームファンデはもちろん、コンシーラーやコントロールカラーを上手につかってシミ&くすみ対策を。

自眉を活かした太めのストレート眉

細眉や眉頭が鋭角だと、一気に顔の印象が古くなる危険も。
今は自眉を活かしてふんわりとさせた眉がトレンドです。
髪の毛よりやや明るめカラーのアイブロウパウダーや眉マスカラを使って、自然に仕上げましょう。
パウダーをのせたブラシで眉毛の隙間を埋めるように描き、眉頭がはっきりしすぎないようにふんわりとさせます。
眉マスカラで形を整え、色味を足しましょう。

マットなアイシャドウで大人可愛く

アイメイクは意識して力が入りすぎないようにしましょう。
大きめのラメやパールが入ったアイシャドウは、目元のシワを目立たせてしまう原因にも。
微粒子のパールやマットなシャドウを選び、グラデーションは控えめに。
単色使いで抜け感を出すのもおすすめですよ。
アイラインはまつ毛の隙間を埋めるように少しずつ、マスカラはロングタイプのものをチョイスしてください。

30代のモテメイクはやりすぎないのが丁度いい♪

濃すぎるアイメイクや眉、かわいらしさを全面に出したチーク、グロスたっぷりのリップなど、30代のメイクはやりすぎNG。
パーツごとに自分に合ったメイクを丁寧に仕上げて、自然で品のある印象を与えるのが重要です。
ナチュラルに見えて細部までこだわりのあるメイクで、身近な人をドキッとさせましょう。
TOP
無題ドキュメント