アラサー女子にかわいいメイクは厳禁!?かわいいではなくキレイを目指そう!

アラサー女子にかわいいメイクは厳禁!?かわいいではなくキレイを目指そう!

いつまでもかわいいメイクをしていたいものですが、アラサーになってくると考えてしまいますよね。 かわいいだけでは許されない年齢になってきているのです(;´・ω・) そのため、年齢に合わせたメイクが重要になってくるのです(`・ω・´)

アラサーのかわいいメイクポイントとは?

アラサーのかわいいメイクポイントは、若すぎないことですかね(;´・ω・)
若すぎるメイクは「若作り」「痛々しい」など陰でコソコソと言われる原因になってしまいます(;´・ω・)
こちらでは、どんなメイクポイントがあるのかを見ていきましょう!

かわいいは20代までと考えよう

基本的に「かわいい」は20代までと考えてください。
20代と言っても、後半になればアラサーなのでかわいい卒業を考えるべきです(;^ω^)
本人にどれだ似合っていても、年齢とメイク方法が釣り合っていないと「若作り」と言われてしまうんですよね(ノД`)・゜・。
一応わたしは20代半ばでかわいいメイクを卒業しましたね(;^ω^)
でも、その後が結構どんなメイクにすればいいのかと悩みましたけど(;´・ω・)

30代はキレイ系メイクを目指そう

アラサーはキレイ系メイクを目指すのが一般的のようです。
仕事にメイクは関係ありませんが、かわいいだけだと「いつまで若いつもりだ」と言われかねません。
キレイ系メイクだと、大人のステップを踏んだような感じがしてなんとなく気が引き締まりましたね。

年齢に合わせたメイクを心掛ける

アラサーになってからは、結構メイクに悩むことが多くなります(;´・ω・)
アラサーからアラフォー、アラフィフなど年齢に合わせてメイクを変えていかないといけないからです。
メイクだけではなくファッションや普段使っているものなども変えていく必要があるので、結構アラサーを迎えてからは慌ただしくなりますね(^_^;)

アラサーでイタイと言われるメイクとは?

自分では気づかないうちに「イタイメイク」をしているかも、とは思いませんか?
私は結構不安なので周りに「若すぎたら教えてねwww」と言っていたんですけどね。
冗談交じりでしたけど「大丈夫かな」と不安な時もありました(;´・ω・)
こちらでは、アラサーでイタイと言われるメイクについて見ていきましょう。

ファンデが濃い

ファンデが濃い人は若干イタイと言われがちですね(;^ω^)
厚塗りのような濃さは20代など若い世代が多いこともあり、アラサーになるとどちらかと言えばナチュラルメイクをメインにする人が多いです。
その中でファンデが濃いと若作りをしていると思われる可能性があるのです(;´・ω・)

濃いチーク

20代前半などは濃いチークなどでアクセントをつけていた人もいるでしょう。
でもアラサーになっても同じことをしていると浮いてしまいます。
それだけではなく、濃いチークで誤魔化さなきゃいけないほど「メイクが下手な人」というレッテルを貼られかねません。

涙袋メイクで目の下がギラギラ

目の下に白いラインを入れる、涙袋を作るためのギラギラとしたラメを取りいれるなどは痛々しい雰囲気の方が強くなってしまいます。
アラサーになったら、涙袋は無理に作らず自然な美しさを強調するようにしましょう。

アラサーのかわいいメイクはキレイ系に移行できるスタイルにしよう

アラサーのメイクで「かわいい」はあまりおすすめされません。
かわいいを前面に出していると「あの人いつまで若いつもり?」と言われてしまいます(;´・ω・)
かわいいメイクはいつまでも憧れるものですが、年齢を重ねるごとにステップアップをしましょう。
ステップアップをすることで、女性としてもランクも高くなっていくのではないでしょうか。
かわいいではなく、キレイが似合うアラサー女性を目指しましょうね(n*´ω`*n)
TOP