控え目なラメを少しだけ!仕事メイクでも華やかさをプラス

控え目なラメを少しだけ!仕事メイクでも華やかさをプラス

ラメ入りのアイシャドウやマスカラ、ネイルなどはキラキラして美しく、華やかな印象を与えます。 ただし、仕事上、キラキラしたメイクはしにくいものです。 それでも女性として華やかさは大切なことも。 オフィスでも浮かない、控え目だけれど華やかメイクの方法を紹介します。
ラメ入りのアイシャドウやマスカラ、ネイルなどはキラキラして美しく、華やかな印象を与えます。ただし、仕事上、キラキラしたメイクはしにくいものです。

それでも女性として華やかさは大切なことも。オフィスでも浮かない、控え目だけれど華やかメイクの方法を紹介します。

オフィス向け華やかメイクの方法

顔が地味でメイク映えしない、と悩む人もいるでしょう。そういった悩みには華やかメイクがおすすめ。

しかし、オフィスではラメやパールなどを使ったメイクや派手な色のメイクはできないこともあるでしょう。そこで、オフィス向けの華やかメイクの方法を紹介します。

控え目パールを使う

メイクに華やかさをプラスするには、パール入りのアイテムを使うことです。特にアイシャドウなど目元にパール入りを使うと華やかな印象になります。オフィス向けとしては、控え目なパール入りシャドウを選ぶこと。

パール感が強いと白っぽくテカッてしまい、厚化粧に見えてしまう可能性があります。粒子の細かい清楚な雰囲気のパール入りアイシャドウを使いましょう。パール入りのホワイトペンシルで目頭に色を添えるのもおすすめです。

ラメ入りアイテムはポイント使いで

ラメ入りのアイシャドウやマスカラはキラキラして派手な印象を与え、仕事には向かないメイクです。

どうしても使いたい場合は、ポイントで使いましょう。目頭と鼻の間にちょこっと、またはまぶたの真ん中に少しだけ入れます。

ラメ入りアイシャドウを使う場合は、直接塗る前に一度余分な粉を落としてから使うこと。そうしないと顔にラメが飛び散ってしまうことがあるので、注意しましょう。

ピンク系アイシャドウがおすすめ

顔に華やかさを与えてくれるのはピンク系のアイシャドウです。かわいらしく清楚な雰囲気になり、オフィスにもぴったり。

ピンクといってもいろいろなカラーがあり、肌色に合わせないと目がはれぼったく見えてしまうことがあります。肌色がブルーベースの人は青みがかったピンクを、イエローベースの人はオレンジよりのピンクを選びましょう。

眉毛の色は明るめに

眉毛の色を明るめにすることで、華やかさが加わります。明るすぎないブラウン系のパウダーを使い、ナチュラルに仕上げましょう。

眉尻を整えたい場合は、ペンシルで描き足すより綿棒で余分な部分を消していくとキレイに整います。

リップはコーラルピンクがおすすめ

オレンジよりのピンクは華やかで清楚な印象を与えます。上品で愛らしい色なのでオフィスメイクにもおすすめ。

コーラルピンクにもいろいろあるので、肌色に合わせて選ぶことが大切です。チークの色と合わせるとメイクに統一感が出て、きちんとした印象になります。

華やかすぎはNG!仕事向けメイクの注意点


華やかな印象を与えるのはよいのですが、オフィスではやりすぎに注意が必要です。周りの女性のメイクをチェックして、どれくらいならやりすぎないのかを確認することも大切。特にやり過ぎに見えてしまうメイクには注意しましょう。

アイメイクはほどほどに

アイメイクに力を入れてしまうのはわかります。ただしグラデーションにしたり、濃い色を使ったり、パールやラメをアイホール全体につけたりすると、派手な印象になりがち。

また付けまつ毛を重ねたり、マスカラを塗り過ぎたりするのもNGです。アイメイクは単色づかいでほどほどにするのがおすすめ。パールやラメの粒子も小さいものにしましょう。

リップグロスはテカりすぎに注意

ツヤのある唇は魅力的ですが、テカりすぎはよくありません。リップグロスの塗りすぎには注意が必要。塗り過ぎたかも、と思ったらティシュオフをしてテカりを抑えましょう。

仕事メイクでラメを使う際には控えめに使おう


せっかくメイクをするなら華やかな印象を与えたい、地味目な顔をもっと華やかにしたい、などと思う人もいるでしょう。

ラメやパールを使ったり、メイクの色使いに配慮したりすることで華やかになれますが、オフィスでは控え目にするのがポイント。

ラメやパールはポイント使いがおすすめ。ピンク系のアイシャドウやリップを使えば、清楚で上品な印象になるでしょう。

TOP