仕事先ではどこまでがOK?メイクのボーダーラインとは?

仕事先ではどこまでがOK?メイクのボーダーラインとは?

仕事先でも女性らしく、魅力的に見せたい、とメイクに力を入れるのは悪いことではありません。 しかし過剰なメイクはかえって悪い印象を与えてしまいます。 仕事先ではどこまでメイクをしてもよいものなのでしょうか? 仕事先に適したメイクについてお伝えします。
仕事先でも女性らしく、魅力的に見せたい、とメイクに力を入れるのは悪いことではありません。しかし過剰なメイクはかえって悪い印象を与えてしまいます。

仕事先ではどこまでメイクをしてもよいものなのでしょうか?仕事先に適したメイクについてお伝えします。

仕事向けメイクの基本

オフィスは仕事をする場所なので、それに適したメイクが必要です。プライベートのように自分の好みだけでメイクをしてしまうと、それが合っていない場合、周りから浮いてしまったり、厚化粧に見られてしまったりします。

仕事向けメイクとはどのようなメイクなのでしょうか?

きちんと感と清潔感がポイント

仕事先でのメイクはきちんとした印象を与えることが大切です。きちんと感があれば、信頼性も高まり上司や周りの人が安心して仕事を任せられる、といった印象を持ってもらえます。

また清潔感もポイント。さわやかで品のあるメイクは、好印象を与えます。取引先の人など社外の人には第一印象も大切。

きちんと感や清潔感があることで、安心感を与えられるでしょう。

カラーレスメイクとは?

職場では色を多用しない、濃い色をあまり使わないカレーレスメイクがおすすめです。肌馴染みのよいブラウン系や淡いピンク系などは、上品で清楚な印象に。顔全体のメイクのトーンを統一することで、まとまりのあるメイクに仕上がります。

ノーメイクはNG

仕事先ではナチュラルなメイクが基本ですが、ノーメイクではない方がよいでしょう。肌荒れがそのまま見えてしまったり、ボサボサな眉毛だったりすると不潔な印象やずぼらな印象を与えかねません。

女性の身だしなみとして、最低限のメイクはした方が印象はよくなるでしょう。

どこからNG?仕事メイクのボーダーライン


仕事先では派手すぎず、厚化粧にならないメイクを心がけたいものです。どういったメイクはNGなのでしょうか?仕事先で避けたいメイクについて知っておきましょう。

派手なパールやラメはNG

キラキラメイクは美しく個性的ですが、使い過ぎはNGです。目の周りに派手なラメやパール入りのアイシャドウは、仕事向きではありません。

使用する際には、パールならできるだけ粒子の細かいものを使うと品のよい印象に。ラメはまぶたの真ん中だけに塗るなど、ポイント使いをするとよいでしょう。

不自然なほどボリュームのある付けまつ毛やマスカラはNG

アイメイクに力を入れたい気持ちはわかりますが、ボリュームのありすぎる付けまつ毛やマスカラはNGです。

目元だけ不自然になってしまう可能性もあり、厚化粧に見えてしまいます。付けまつ毛が取れたりすれば、仕事に支障が出てしまうこともあるので、注意しましょう。

たっぷりグロスは抑えて

ツヤのある唇は魅力的ですが、グロスの使い過ぎは逆効果です。特に男性にはテカテカしすぎる唇は、「油っこいもの食べた?」と思われるだけで印象がよいとは言えません。

リップで適度なツヤを出す程度にしておきましょう。

ネイルにも注意

長すぎる爪は作業の邪魔になったり、折れてしまったりする危険性もあります。人によっては「怖い」と感じる場合もあるでしょう。ネイルケアも身だしなみの一つですが、邪魔にならない長さに整えましょう。

仕事先では清楚なカラーのネイルがおすすめ。ネイルアートは控え目にしておきましょう。

職場の先輩や同僚のメイクをチェック

メイクの加減は職場によっても、職業によっても異なるものです。派手なメイクでないと浮いてしまう、という職場もあるでしょう。

そういった職場であれば、さまざまなメイクをしても大丈夫ですが、一般的にはきちんと感や清潔感が大切。どの程度がOKなのかは、先輩や同僚などのメイクをチェックしてみましょう。

どこまでのメイクがOKを把握し仕事で失敗しないようにしよう


メイクな自由だからと自己満足だけで好きなメイクをしていると、嫌われることはないとは思いますが、よい印象を与えないこともあります。

職場でのメイクはきちんとした印象や清潔感が大切です。

どこまでのメイクがOKなのかを社内でチェックし、過剰なメイクにならないようにしましょう。
TOP