【パーティ―仕様】大人の上品な濃い目メイク

【パーティ―仕様】大人の上品な濃い目メイク

特別な日はいつもとは違うメイクで華やかに仕上げたいですよね。 でも濃い目メイクにするとどうしてもケバくなってしまいませんか? 大人のパーティーメイクはあくまでも品よく。 TPOをわきまえた大人の濃い目メイクをご紹介します。

写真にも対応したメイクを

パーティーシーンでは写真を撮られる機会も多いですよね。
よれて顔がテカテカだったり・・・なんてことになったら大ショック!
SNSでも映える写真映りまで気にしたメイクを心がけましょう。

テカリ撃退!セミマットな肌

毛穴や小じわが目立たないよう部分用下地を使用しましょう。
下地があるかないかで上に重ねるファンデーションのつきかたも、持ちも変わってきます。
ベースは実はおろそかにしてはいけないんですよね。
長時間よれない肌にするためには必須です。

チークはあくまで自然に

強い色味のリップを付けたときは、チークは目立たせすぎずに控えめな発色に。
コーラル系がベターでしょう。
ひとつ持っていると何かと役立つ色味です。
大人メイクにもぴったりです。

パーティーであればアルコールを召し上がることも多いでしょうから、ちょっと薄いかも?くらいにのせてあげるほうが写真映りは良くなりますよ。

口角上げて、気分もアゲて

口角が上がっているだけでも表情は華やかに見えます。
口角を上げるリップの塗り方をマスターして仏頂面とはオサラバしましょう!

リップベースを縦ジワを埋めながら塗ります。
左右にではなく縦に溝を埋めるように塗ってあげてください。
次にリップを下唇の中央にのせましょう。
「んまっ」として上唇にも色をのせたらその後はざっくりと上唇を塗ります。
上唇の山を筆で整え唇の立体感を強調させましょう。
上唇の口角から山へ向かっては1ミリはみ出してふっくら見えるようにしましょう。
ゴージャス感が出ますよ!

最後に口角を上げるワンポイント。
口角下にワントーン明るいコンシーラーをうっすら入れるとくすみやたるみを消してくれ、キュッと上がった口角に見せてくれます。

引き算の美学

大人メイクのポイントは、濃い目と言っても盛りすぎないこと。
強い色味はワンポイントに絞ってみるとか、いつもとどこかをかえてみるだけでやりすぎない特別感をうみだすことも可能です。
一点豪華主義がケバくなりすぎないコツかもしれません。

グリッターリップの魔法

繊細なグリッターが魔法のように華やかな口元にしてくれます。
筆ではなく大胆に直塗りしてみてください。
輝きをしっかりと唇にのせてあげてください。

濃い目のリップは内側から塗り始めると綺麗にぬることができますよ!
リップを塗ったら最後にもうひと手間。
下唇の口角を一センチ程度綿棒で綺麗に整えてみてください。
小さなことですがこのひと手間が大人の気品を感じさせるんです。

グロスで輝きやラメをプラスするメイクは普段のメイクでされている方も多いと思います。
特別な日だからこそグリッターリップ、はじめてみませんか?

点アイライナーで目力アップ

まつげとまつげの隙間を埋めてあげることでまつげを際だたせることができます。
アイシャドウの色を濃くするよりも一本一本のまつげを際だたせて縦の目の幅を大きく見せてあげた方が上品に濃いメイクになります。
その為にまつげの隙間を埋めましょう。

細いリキッドタイプのアイライナーで左右に小さく動かしながらまつげの間を埋めていきます。
目頭に向かっては徐々に細くなるように心がけてください。

下まつげにもマスカラを

普段下まつげまでマスカラを塗っていない方も、特別な日は塗ってみましょう。
マスカラを塗るときに縦に持ち、小さく振りながら塗っていきます。
寝ているまつげをこうして起こしてあげるとパンダ目防止にもなります。

ブラシを横にして今度は下に向かって長さを出していきましょう。
ダマにならないようにするのも忘れないでくださいね。

ほんのひと手間でいつもと違う自分に

ひとつひとつのメイクは難しいことはありません。
濃い目でも上品に見せるには全てをやりすぎないこと。
いつもと違う特別なアイテムを、いつもよりも丁寧にするだけでワンランク上のゴージャスな自分に会えるはずですよ!
TOP
無題ドキュメント