花粉症の時のマスクメイクはどうすればいい? 注意するべき点とは?

花粉症の時のマスクメイクはどうすればいい? 注意するべき点とは?

花粉症の時ってメイクが面倒ですよね(;^ω^) しかも、新型コロナウイルスのことも影響してマスク着用が当たり前になっています。 そのため、例年以上に気を付けないといけない部分が多いんですよね(;^ω^) 今回は花粉症の時のマスクメイクについて見ていきましょう(`・ω・´)

花粉症の時のマスクメイクについて

こちらでは、花粉症の時のマスクメイクはどんな風にすればいいのかを見ていきましょう。
花粉症とマスク、考えなければいけないことが多くあって結構悩む人も多いんですよね。
そのため、ちょっとしたポイントなどを見ていきましょう。

化粧下地を使いわける

花粉症の時は化粧下地を上手く使い分けるようにしましょう。
敏感肌用の下地などは、花粉症などで肌荒れを起こしやすい人におすすめです。
花粉症の時は普段は感じない刺激に影響されることがあるので気を付けないといけないんです。

メイク崩れを100%防ぐことはできない

基本的にメイク崩れを100%防ぐことはできません。
しっかり対策をしたとしても、マスクによる擦れなどでメイク崩れが起こってしまうからです。
マスクをしている以上、メイク崩れによる悩みも頭を悩ませる原因になっているんですよね(;^ω^)

マスクによる摩擦に注意

マスク着用が当たり前になっていますが、摩擦には気をつけましょう。
喋る時などに摩擦によって口元の乾燥に繋がることがあるんです。
マスク着用によって肌荒れが増えたという人も多いんですよね(;^ω^)

花粉症の時のマスクメイクの注意点とは?

こちらでは、花粉症の時のマスクメイクについて見ていきましょう(`・ω・´)
どんな注意点を踏まえたメイクをすればいいのか、ぜひチェックしてみてください。

水分が多いファンデーションは使わない

水分を多くふくんでいるファンデーションは控えるようにしましょう。
リキッドファンデーション、クッションファンデーションなどは水分や油分が多いことから、肌表面に花粉が付着しやすくなってしまうのです。
結果としてメイクが原因で花粉を吸着させやすくなってしまうのです。

ウォータープルーフを選ぶ

汗や涙などでアイラインや枡からがにじまないようにウォータープルーフタイプを選びましょう。
マスク着用をしていることで呼気による上記でマスカラのカールが落ちやすくなるのです。
そのため、マスカラ用の下地を併用するのがいいかもしれませんね。
ただ、ウォータープルーフはメイク落としの時に苦労するかもしれないのでその点だけはしっかり覚えておくようにしましょう(・_・;)
落ちにくいということは、それだけメイク落としも刺激が強いものを使わないといけないからです。

ティントタイプのリップを使おう

マスクを着用していることから、リップは保湿程度で十分と言われています。
色を足したい時はティントタイプのリップを使うようにしましょう。
ティントタイプのリップであれば、唇に色が定着しやすいので落ちにくいからです。
ただ、リップをつける以上、マスクにも付着することは考えておいた方がいいでしょうね(;^ω^)
落ちにくいコスメを使うことで、メイク崩れを防ぐことができます。
ただ、保湿ケアは徹底しないと花粉症も相まって乾燥などが酷くなるので気をつけましょう!

花粉症の時のマスクメイクはちょっとしたことに気を付けよう

花粉症の時のマスクメイクはちょっとした工夫を重ねることで十分です。
あれもこれもと対策をしようとすると、どうしてもボロが出てしまう部分があるのです。
過剰に対策するのではなく、しっかりとポイントを押さえた対策を心掛けるようにしましょう。
マスクをしていることから、リップなどにはあまりこだわらなくてもいいと思いますよ(*´ω`*)
その分、唇の保湿ケアをした方がいいような気がしますね!
TOP
無題ドキュメント