のっぺり眉にならない!立体感のあるナチュラル眉のモテメイク

のっぺり眉にならない!立体感のあるナチュラル眉のモテメイク

顔の表情は眉の形や細さで大きく変わるものですよね。 しかし、眉を描くのって難しい、と悩む女子も少なくないでしょう。 太く描きすぎて男らしく(?!)なったり、薄すぎて間抜け顔になったり…なかなか大変ですよね。 キレイなモテ顔メイクをするには、立体感のある、それでいてナチュラルな眉が大切。 そんな眉になれる描き方のポイントを紹介しましょう!

立体感のあるナチュラル眉毛を描く際のポイント

女性らしく、自然な眉はどのように描けばよいのでしょうか?
ペンシルやパウダーなどアイテムはいろいろあります。
それらを上手に使うのがポイント。

立体感のある自然な眉になれる描き方のポイントを紹介します♪

ペンシルよりもパウダーを使う

眉ペンシルを使っている人も多いでしょう。
それをパウダーに変えて見てはいかがでしょうか?

確かに眉ペンシルは簡単にラインが引けて便利です。
でも、濃くなってしまったり、ラインがきっちり引かれてしまうので不自然な眉になってしまったりすることも少なくありません。
パウダーなら色を調節しやすく、何より自然な眉毛になれますよ♪

ペンシルは1本1本描き足すときに使う

パウダーだけではカタチが取りにくいというデメリットもあります。
ペンシルにはペンシルのメリットもあるもの。

眉ペンシルは毛と毛の隙間を埋める際に使うと便利です。
ペンシルはラインを引くというより、1本1本毛を描き足すというイメージで使いましょう。

ブラシで眉毛を整える

最初に眉ブラシで毛をとかし、流れを整えることも必要です。
眉毛もとかさないと、毛先があちこちに向いています。
それを一定方向に向けてあげるのが、キレイに仕上げるコツ♪
眉頭の毛は上に、他の毛は眉尻に向けてとかしましょう。

眉マスカラも活用

眉マスカラは眉毛にメリハリが加わり、眉毛を立体的に見せてくれる便利なアイテム。
ナチュラルにふんわりとした眉毛にしてくれますよ♡

横顔を見ると一目瞭然!
立体感のある眉に仕上がります。
パウダーよりも落ちにくいのもメリットですよ。
眉毛の薄い人などは使ってみる価値アリです!

色の濃さもバランスよく

のっぺり眉を打破するには、色のバランスがポイント。
眉頭は薄く、目尻にかけて濃くするように描きましょう。
眉の真ん中を濃くすると、立体感ができてのっぺり眉になりませんよ。

余分な毛は取り除く

ボサボサ眉毛では整えるのも一苦労。
眉バサミで余分な毛はカットしましょう。
ただし、毛抜きで抜くのは避けた方がよいですよ。
皮膚が乾燥したり、シワになりやすくなったりします。

モテ眉を描くために持っておきたいアイテム

眉毛を描くアイテムには愛ブルペンシルやアイブロウパウダーがありますが、他にもそろえておきたいアイテムがあります。
こんなアイテムがあると、キレイに簡単に理想の眉が描けるでしょう。

スクリューブラシ

眉毛をとかして毛の流れを整えるブラシですね。
パウダーをぼかしたり、マスカラのダマを取ったりすることもできます。
眉毛用としては、太めの方が使いやすいです。
毛質はやわらかい方が、キレイにぼかせますよ♪

シェーバー

余分な毛はシェーバーでキレイに剃っておきましょう。
カミソリでもありますが、眉シェーバーがあるとより便利です。
刃をあてるだけで、キレイに眉毛をカットできます。
顔にも使えるものもあるので、利便性を考えて選ぶとよいですよ!

眉毛バサミ

電動シェーバーは抵抗があるという場合は、眉毛バサミがあると便利。
眉毛バサミには、毛先が丸くなっているものやまっすぐなもの、毛先がカーブしているものがあります。

毛先が丸くなっているものは、肌に突き刺さる心配がないので安心です♪
肌が弱い人にもおすすめです。
1本の毛を処理したいときに便利なのは、毛先がまっすぐなもの、まとめてカットしたいときに便利なのが、毛先がカーブしたハサミです。

アイテムを駆使してナチュラルなモテ眉を描こう

眉毛を描くポイントは、ペンシルだけなくパウダーを使うことです。
眉マスカラなども使えば、立体的でナチュラルな眉が描けるでしょう。

さらに、スクリューブラシや眉毛バサミなどで、眉家をきちと処理して整えることも必要ですよ♪
いろいろなアイテムを使い、ナチュラルな眉毛を描きましょう!
TOP
無題ドキュメント