マスクにしてからシミが目立つ?肌荒れをカバーするメイクを紹介します

マスクにしてからシミが目立つ?肌荒れをカバーするメイクを紹介します

マスクをしていると顔の半分が隠れるので、肌荒れも目立たないと思うかもしれません。 しかし、マスクをすることによって逆に見えている部分が強調されてしまうこともあります。 マスクをしていると顔にコントラストができるため、目元のシミやしわが目立ってしまいます。 マスクの時も肌トラブルはしっかりカバーしましょう。
マスクをしていると顔の半分が隠れるので、肌荒れも目立たないと思うかもしれません。
しかし、マスクをすることによって逆に見えている部分が強調されてしまうこともあります。
マスクをしていると顔にコントラストができるため、目元のシミやしわが目立ってしまいます。
マスクの時も肌トラブルはしっかりカバーしましょう。

マスクが肌荒れの原因になることも?


マスクによって口や鼻がおおわれるとメイク崩れの原因になります。
また人によってはマスクが原因でシミなどの肌トラブルを引き起こすこともあるでしょう。
どうしてマスクが肌トラブルの原因になるのでしょうか。

マスク内部の蒸れ

マスクをしていると肌が外気からシャットダウンされて乾燥しないと思う人もいるかもしれません。
しかし、気温と湿度が上がりがちなマスクは内部が蒸れがち。
雑菌が発生することもあります。
マスク内もしっかりファンデーションを塗っているという人は肌に負担がかかっているかもしれません。

マスクによる摩擦

マスクを着用している間はずっと肌にマスクが当たっています。
そのため、摩擦や擦れが起こってしまうこともあるでしょう。

マスクによる摩擦で肌荒れしたり、色素沈着、シミになることもあります。
特にマスクのサイズがあっていない、大きすぎるマスクだと口を動かすたびにマスクが擦れてしまいます。
マスクによる摩擦が気になる場合は、マスクのサイズや素材を見直しましょう。

マスクによる乾燥肌

マスクをつけることによってマスク内部が蒸れます。
しかし、マスクを外すと今度は水分が蒸発して角質層の水分が奪われて乾燥しやすくなってしまうのです。
マスクを頻繁につけはずしする人は、肌の乾燥にも注意してください。

シミをカバーするマスクのメイクとは


マスクだと肌トラブルがより目立ってしまうことがあります。
新しい肌トラブルを防ぐとともに、今あるトラブルはしっかりカバーしましょう。
肌荒れをカバーするメイクを紹介します。

ファンデーションは最低限

肌荒れを隠そうとしてファンデーションをしっかり塗ってしまうとメイク崩れしやすく、また肌への負担を増やしてしまうことになります。

ファンデーションは厚塗りするとマスク内部が崩れてマスクにべったりついてしまうこともあるでしょう。
マスクの時はファンデーションは塗らないか最低限にとどめるようにしてください。
ファンデーションを塗る場合は、乾燥しにくく、よれにくいリキッドタイプをおすすめします。

シミはコンシーラーでカバー

ファンデーションを塗らないとシミや肌荒れが気になるかもしれません。
気になる部分をカモフラージュするために使って欲しいのがコンシーラーです。
コンシーラーにはチューブタイプやスティックタイプなどさまざまな種類が販売されています。

肌荒れの範囲や種類に合わせてコンシーラーは使い分けますが、必ず伸びが良くてよれにくいものを選びましょう。

フェイスパウダーで仕上げる

マスクをしているとてかる、脂っぽくなるという人はパウダーを使ってみましょう。
パウダーを使うことでお肌がサラサラになって、毛穴も目立ちにくくなります。

ふんわりと仕上がるルースパウダーとカバー力があるプレストパウダー、用途によって使い分けてみてください。

朝のメイクはスキンケア重視

保湿不足は肌トラブルやメイク崩れの原因となります。
しっかりと保湿して肌に水分を補給しましょう。
おでこや目元など乾燥が気になる部分はクリームも使ってください。

マスクに合わせたベースメイクに切り替えよう!


マスクはメイクも崩れやすく、シミや乾燥といった肌トラブルの原因になります。
日常生活でマスクが必需品となった今、マスクの生活に合わせてメイクも切り替えましょう。
ちょっとした工夫でメイクが崩れにくく、肌荒れも防ぐことができるので、今日からぜひお試しください。

TOP