花粉症の時にメイクをすると痛い! どうすれば軽減できる?

花粉症の時にメイクをすると痛い! どうすれば軽減できる?

そんなに私のことが憎いのか! ……と若干中二病的なことを言いたくなるのが花粉の季節です。 どれだけ対策をしても入り込んできて、花粉症の人を苦しめてくるんですよね(;^ω^) 今回は花粉症の時にメイクをすると痛い、という人のためにちょっとした情報を集めました! 花粉症の時のメイクに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください(`・ω・´)

花粉症の時にメイクをするとどうなる?

花粉症の時にメイクをすると、結構な確率で肌荒れを招いてしまいます(・_・;)
これは、花粉症による原因と言えば原因なのですが、悪いことが重なっている状態だからです。
こちらでは、花粉症の時にメイクをするとどうなるのか見ていきましょう。

物理的な刺激によりヒリヒリ

物理的な刺激によってヒリヒリする人がほとんどですね(;^ω^)
目をこすってしまう、鼻をかむということはどんなに気をつけても摩擦による影響が出ます。
物理的な刺激によって、肌が敏感な状態になるので気を付けないといけないのです。

肌の菲薄化

角層の表皮や真皮などが薄くなることを肌の菲薄化と言います。
肌の菲薄化が進むと、ヒリヒリとしたり赤みやかゆみに繋がるのです。
そのため、肌荒れを起こしやすい状態になってしまうと言っても過言ではありません。

バリア機能の低下

肌の菲薄化などが進むことで、バリア機能の低下にも繋がります。
バリア機能が正常に働いていれば、紫外線やホコリ、アレルゲンなどから守ってくれるのです。
しかし、花粉症の時はバリア機能の低下が激しくなり、些細な刺激にも過敏に反応するようになってしまいます……(ノД`)・゜・。

花粉症で痛いと感じたらメイクはどうするべき?

花粉症の時にメイクをすると傷みを覚える人もいます。
こんな時ってどうすればいいのでしょうか?
こちらでは、対策の一例について見ていきましょう(`・ω・´)

普段よりも抑えたメイクにする

花粉症だからと言って、ノーメイクは難しいですよね(;^ω^)
職場などにノーメイクで行く勇気はありません……(・_・;)
だから、普段よりもナチュラルなメイクを意識するようにしましょう。
最低限のメイクだけにして、少しでも肌にかかる負担を抑えるようにしてください。

保湿ケアを強化しよう

花粉症の時は乾燥によってバリア機能の低下が激しくなります。
だからこそ、保湿ケアを徹底するようにしましょう。
普段以上の保湿ケアをすることで、バリア機能を100%に戻すことはできなくても多少は正常に近い状態になるはずです。
化粧水、乳液などの量を普段以上にして、自分ではやりすぎるくらいに肌を整えることを意識してください(`・ω・´)

摩擦を防ぐ工夫をする

最近は花粉症の人のために保湿ティッシュなどが販売されています。
保湿ティッシュを使うことで、肌の乾燥などを多少抑える効果が期待されているのです。
普通のティッシュより若干値段が高いですが、摩擦を防ぐ工夫のひとつとして利用しましょう。
洗顔後も顔を拭く時は、摩擦をしないようにしてください。
優しくタオルをあてて、水気を取るように意識しましょう。
ここで摩擦をしてしまうと、保湿ケアをしていても本末転倒になるので注意してくださいね。

花粉症時のメイクによる傷みはちょっとした工夫で軽減してあげよう

花粉症の時にメイクをすると傷みが生じることも珍しくありません(・_・;)
でも、ちょっとした工夫で乾燥を軽減することができるんです。
そのため、花粉症の時は普段以上に保湿にこだわるようにしましょう。
保湿ケアや保湿ティッシュなどを使うことで、メイク時の痛みを軽減することができるはずです。
手間がかかって面倒だな、と思う人もいるでしょうが花粉症を乗り切るためだと考えて頑張りましょう!
TOP