ブルベ肌を活かすノーファンデメイクの方法

ブルベ肌を活かすノーファンデメイクの方法

ノーファンデとはファンデーションを塗らないメイクのことで、透明感のあるブルベにはぴったりのメイク方法です。 ブルベの肌を活かせるだけでなく、肌への負担が軽減されます。 ただしノーファンデは注意点もあります。 ノーファンデメイクの方法と注意点について説明します。
ノーファンデとはファンデーションを塗らないメイクのことで、透明感のあるブルベにはぴったりのメイク方法です。ブルベの肌を活かせるだけでなく、肌への負担が軽減されます。

ただしノーファンデは注意点もあります。ノーファンデメイクの方法と注意点について説明します。

ブルベ肌におすすめのノーファンデのメリット


ファンデーションを使わなければ、肌への負担が軽くなります。ブルベの透明感のある肌を活かすこともできるでしょう。ノーファンデのメリットをお伝えします。

ブルベの透明感を活かせる

ファンデーションを塗ると厚塗り感が出てしまい、せっかくの透明感が失われてしまうことも。色選びに失敗しれば、ブルベの色白な肌も隠れてしまう可能性があります。

ノーファンデならそのような心配がありません。ブルベの透明感のある白い肌を活かすことができるでしょう。

肌への負担が少ない

肌に負担が少ない、美肌成分が配合されているなど、肌によいと言われるファンデーションでも肌に塗る限り、肌への負担は否めません。ファンデーションを塗ればクレンジングや洗顔もしなければならず、その際に肌を傷めてしまうこともあります。

間違った洗顔方法で洗えば、肌が乾燥してしまうでしょう。ファンデーションを使わなければ、肌は自由に呼吸をすることができ、クレンジングによる負担もありません。

肌を休ませることができる

ファンデーションは長時間肌に塗っているものです。何度かは塗り直して、さらに厚塗りになることもあるでしょう。肌にファンデーションの成分をずっと乗せているということは、負担もかかります。ノーファンデは肌への負担をなくし、肌を休ませることができるのです。

肌に余計な成分を塗布しない状態でいれば、細胞も元気になりやすく肌の新陳代謝も促されるでしょう。

美肌をキープするノーファンデのポイント


ノーファンデメイクはファンデーションを塗らないだけではありません。肌を休ませ、健康にするためにはポイントがあります。

何も塗らないと肌荒れする

ファンデーションには肌への負担をかけるなどのデメリットだけではなく、肌をキレイに見せてくれるほか紫外線から肌を守ってくれる働きもあります。何も塗らずに外に出れば、たちまち紫外線を浴びてシミやそばかす、乾燥など肌荒れの原因を作ってしまうでしょう。

スキンケアをしっかり

シミやそばかす、ニキビ跡、肌のくすみなどをカバーしてくれるのがファンデーションです。ノーファンデは素肌を見せるということ。そのためには素肌がキレイでいなければなりません。

スキンケアをしっかりすることが大きなポイントです。ファンデーションを塗らなくても洗顔をしっかりして、化粧水、保湿美容液を使い肌を乾燥させないこと。

洗顔はよく泡立て、肌に負担をかけないようていねいに洗うようにします。週に1回程度はピーリングで角質ケアをしましょう。またコットンパックなどで肌の水分補給をして、美容マスクやマッサージなどで血行をよくすることも大切です。

化粧下地を塗る

スキンケアをしっかりした肌に、化粧下地を塗ります。化粧下地には肌をなめらかにする働きがあり、肌のツヤを出してくれるものもあります。

選び方としては、日焼け止め効果や保湿効果があるものがおすすめ。ブルベで肌色が青白い人は、コントロールカラーなどで色味を加えるのもよいでしょう。ブルベにはラベンダーカラーがおすすめです。

気になる部分にはコンシーラーを塗る

下地クリームだけではシミやニキビ跡は消せないものです。気になる部分はコンシーラーでカバーします。肌色よりもワントーン暗めの色を選びましょう。

ツヤ感を足したいときはパウダーを使う

仕上げにパウダーを使います。パウダーで余分な油分を取り除くことで、ポイントメイクがしやすくなるでしょう。ブルベ肌にはピンク系のファンデーションがおすすめです。

ノーファンデメイクでブルベ肌を活かし美肌をキープしよう


スキンケアをしっかりすることで、透明感のあるブルベ肌はより美しくなります。肌色に合わせた下地とパウダーを使えば、ツヤ感のある健康的な肌に。ノーファンデメイクで美肌をキープしましょう。

TOP