崩れるオフィスメイクの直し方、崩れないメイク方法はある?

崩れるオフィスメイクの直し方、崩れないメイク方法はある?

基本的に、メイクは自分が満足できる仕上がりになれば、どんなメイクをしても問題はありません。しかし、職場でのオフィスメイクとなると、何でもOKというわけではないでしょう。やはり職場ということで、環境に馴染むナチュラル感は必要不可欠ですし、社会人として見た目の清潔感も必要です。メイク一つで自分自身の社会人としての信頼にも影響が出ますから、たかがメイクとは言えません。

オフィスメイクの基本


基本的に、メイクは自分が満足できる仕上がりになれば、どんなメイクをしても問題はありません。しかし、職場でのオフィスメイクとなると、何でもOKというわけではないでしょう。やはり職場ということで、環境に馴染むナチュラル感は必要不可欠ですし、社会人として見た目の清潔感も必要です。メイク一つで自分自身の社会人としての信頼にも影響が出ますから、たかがメイクとは言えません。

オフィスメイクをする際には、働く環境に合わせて崩れにくいメイクをしたいものです。冷暖房が効いた職場環境とアウトドアで汗をかくことが多い環境とでは、メイクの方法やおすすめのアイテムも異なります。どちらの場合でもできるだけ崩れにくいオフィスメイクをマスターすることで、何回もメイク直しをする時間と手間を省けます。

オフィスメイクはベースが大切

基礎化粧品からファンデーションまでのベースによって、オフィスメイクの仕上がりは大きく変わります。基礎化粧品を使ったスキンケアでは、冷暖房によって肌が乾燥しないように、たっぷりと保湿ケアをしましょう。忙しい朝にスキンケアばかりに時間をかけられないという人はオールインワンタイプのアイテムを使っても良いですが、乾燥肌の人は、オールインワンの前に化粧水を使いましょう。保湿力がアップします。

基礎化粧品のプロセスが終わったら、ファンデーションの前に化粧下地を使います。普段は下地は面倒だからと省略している人でも、オフィスメイクでは下地はあったほうが良いでしょう。下地は、肌とファンデーションをつなぐ役割をしています。そのため、下地がないと、ファンデーションは崩れやすくなってしまいます。

下地を使う際には、少量を薄く顔全体に伸ばすように使うのがポイントです。頬に少量をのせて顔全体に伸ばしたり、手のひら全体に伸ばしてから顔にのせると良いでしょう。毛穴が目立つ部分やクマが気になる部分なら、下地を重ね付けしてもOKです。

ファンデーションvsBBクリーム、どちらがオフィスメイクにおすすめ?

化粧下地の後に使うファンデーションには、いろいろなタイプがあります。人気が高いケーキタイプやリキッドタイプ、保湿力が高いクリームタイプもあれば、軽い使用感が魅力のパウダータイプもあります。肌質によってどのタイプと相性が良いかが異なるので、いろいろ使ってみた上で、自分の肌に合うファンデーションを選ぶと良いでしょう。

メイク直しの回数をできるだけ最小限に抑えたいという人なら、ファンデーションではなくて、BBクリームやCCクリームを使うという方法もアリです。コンシーラーを使わなくてもニキビ跡やシミ、くすみなどをカバーすることができる優秀なアイテムで、肌に負担がかからないため、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えます。ファンデーションと比べると崩れやすいのがデメリットですが、BBクリームやCCクリームの後に仕上げのパウダーをのせることで、崩れにくく仕上げることができます。

オフィスメイクではどちらでも問題ありませんが、見た目のきちっと感を出したいならファンデーションがおすすめですし、ナチュラル感を高めたいならBBやCCクリームを使うと良いでしょう。

ファンデーションのつけ方を工夫

オフィスメイクを崩れにくくするには、ファンデーションの種類によってつけ方を少し工夫するのがおすすめです。例えば、リキッドやクリームタイプのファンデーション、BBやCCクリームは、基礎化粧品や化粧下地が完全に乾く前につけることで、肌への密着度が高くなります。一方、パウダータイプのファンデーションは、下地が乾いてからのせたほうが崩れにくくなります。種類によって使い方を変えれば、オフィスメイクが長持ちします。

崩れるメイクの直し方

朝、どんなにオフィスメイクを丁寧に仕上げても、時間の経過とともに毛穴からは皮脂が分泌されますし、職場環境によっては汗をかくこともあります。そのため、朝のオフィスメイクを夕方まで一度もお直しすることなく維持することは、難しいかもしれません。

メイクは崩れるもの、崩れたら直せばよいと思っていれば、多少のメイク崩れは気にならなくなるでしょう。しかし、職場のトイレで時間をかけてメイクを直すのは面倒です。そのため、崩れるオフィスメイクを効率的に直す方法を知っておくと便利です。

オフィスメイクの崩れの多くは、皮脂による崩れです。脂取り紙を使って皮脂を取り除く方法は、肌表面がさらに皮脂を分泌しようと作用してしまうため、逆効果です。それに、皮脂と一緒にファンデーションも取れてしまうので、メイクをやり直さなければいけません。

崩れるメイクを短時間でサッと解消するには、スプレータイプの化粧水を使うのがおすすめです。化粧水を顔にスプレーして、手のひらでパッティングしましょう。化粧水が分泌された皮脂となじみ、毛穴の中へ保湿成分と一緒に浸透していきます。そうすることで、皮脂のテカリを解消できますし、ファンデーションを塗り直す必要もありません。
TOP