マスクでもバッチリ!秋メイクで大人っぽさプラスしよう

マスクでもバッチリ!秋メイクで大人っぽさプラスしよう

秋はメイクが楽しい季節です。 メイク崩れしにくく、ファッションのバリエーションが豊富な秋はメイクも楽しい季節でしょう。 マスクだからメイクもつまらないと思い込むのは大間違いです。 マスクに秋をプラスして大人っぽく彩りましょう。
秋はメイクが楽しい季節です。
メイク崩れしにくく、ファッションのバリエーションが豊富な秋はメイクも楽しい季節でしょう。
マスクだからメイクもつまらないと思い込むのは大間違いです。
マスクに秋をプラスして大人っぽく彩りましょう。

しっとりとした秋肌を作るベースメイク


健康的な夏のツヤ肌と対照的に、秋になるとしっとりと吸いつくような肌が魅力的に感じます。
アイシャドウなどのポイントメイクを際立たせるためにもベースメイクが重要。
崩れにくい秋のベースメイクを紹介します。

秋は肌が揺らぎやすい季節

秋は夏のような暑さや紫外線こそありませんが、季節の変わり目で肌が揺らぎやすい季節です。
夏に蓄積した肌ストレスに加えて、気温や湿度の低下、一日の気温差が大きくなることなどが原因で肌がかさかさしてくることがあります。
肌が乾燥することによってバリア機能が衰えると、外気やホコリにも弱くなり肌トラブルを引き起こす可能性もあるでしょう。

肌が揺らぐ秋にはスキンケアはシンプルに

肌の調子が悪いと、ついついスキンケアを変えてみたり、パックなどのスペシャルケアをいろいろ試したりしたくなってしまうかもしれません。
しかし、普段とは違うスキンケアを取り入れることで、肌にストレスがかかってしまっては本末転倒です。

ゆらぎやすい秋は、洗顔と保湿のシンプルなケアをおこないます。
タオルでゴシゴシ擦ったり、マスクが当たったりといった物理的な刺激は避けていつものケアを丁寧に続けましょう。

美容液配合の化粧下地で吸いつくような肌に

肌が揺らぎやすい秋はベースメイクも負担を極力避けて薄付きにしましょう。
美容液配合の下地などを使って肌に潤いを保つようにしてください。
化粧下地は指先で伸ばすよりも手のひら全体でなじませていきます。
塗りにくい細かい部分はスポンジでとんとんと伸ばしましょう。

大人色アイカラーで目元に秋を呼び込む


季節によってファッションを変えるようにメイクも変えましょう。
マスクでもメイク次第で季節感を表現することができます。
秋におすすめのマスクメイクを紹介します。

差し色に秋をプラス

マスクをした時にメイクのポイントとなるのは目元です。
顔の下半分が覆われてリップが見えない時こそ、目元の印象をポイントにしたメイクにチャレンジしてください。
例えばアイシャドウやアイライナーに秋らしい色をプラスするだけで印象が大きく変わります。
プラムやカーキ、ボルドーといった大人っぽいカラーを差し色に使ってみましょう。

ブラウンやボルドーのマスカラで艶っぽく

秋の定番色であるカーキやブラウンはうっかりすると目元が暗く見えてしまいます。
また目力を出そうと黒のアイラインやマスカラを使うと、より重たく見えてしまうでしょう。
ナチュラルに目元の印象を強めるならブラウンのアイライナーやマスカラを使ってみてください。
目元に秋らしいニュアンスを出すことができます。

クリームチークとハイライトで上質のツヤを出す

秋は夏よりも落ち着いた季節です。
ハイライトやチークもラメできらきらしているよりも肌の内側から発光しているようなツヤが理想。

クリームタイプのハイライトやチークを使って自然なツヤを出しましょう。
クリームタイプを使うことでメイク崩れもしにくくなるので、マスクを外したときにも肌にほんのりとした血色間を残すことができます。

マスクでも秋メイクを楽しもう!


深みのある秋メイクはメイクをしていての楽しいものです。
秋メイクのポイントは内側からうるおうようなツヤっぽさ。
季節に合わせた旬のメイクアイテムを使ってトレンド感を出しましょう。

TOP