マスクでもメイクを楽しみたい♪おすすめの方法を伝授します!

マスクでもメイクを楽しみたい♪おすすめの方法を伝授します!

外出するときは、マスクが手放せないこのご時世。特に女性は、マスクをすることによって起こるメイクの悩みが多いですよね(》_《)

マスクをしたときのメイクのお悩み

via pixta.jp
外出するときは、マスクが手放せないこのご時世。特に女性は、マスクをすることによって起こるメイクの悩みが多いですよね(》_《)

マスクをするとメイクが崩れる!

マスクを着けていることによるメイク崩れやヨレに悩んでいる方は多いのでは?マスクをしていると、自分が吐いた息でとっても蒸れますよね。

湿度が高い状態になって、ファンデーションやチークなどが崩れてしまいます。せっかく朝きれいに仕上げたのに…と悲しくなる方も多いでしょう。

また、喋ったり水を飲んだりするときにマスクがずれることによって、摩擦が発生します。そうすると、どうしてもその部分のメイクがマスクに付いてしまいますよね。

口元が隠れて顔の印象が薄くなる

マスクをすると口元が隠れているので、顔の表情が分かりにくいです。それに、目元だけしか見えないので顔の印象も薄くなりがちですよね。そんなつもりはないのに、怖い顔に見えてしまうこともあるのではないでしょうか。

肌が荒れてしまう

長時間マスクをしていると、マスクの繊維が肌に当たったりして肌荒れを引き起こしやすいです。それに、マスク内にこもった呼気が水蒸気になると、肌が乾燥する可能性もあるんです。

ポイントをおさえたメイクでマスクでも可愛く過ごそう

via pixta.jp
マスクをしていても、なるべく可愛い状態でいたいですよね。そのためには、いくつかのポイントをおさえてメイクするのが大切です♪

崩れにくいベースメイクをしよう

マスクをしていると特に崩れやすいのが、ベースメイク。ファンデーションやコンシーラーなどが、よれたり崩れたりしがちです。

そこでまずは、崩れにくい下地から作っていきましょう。たとえば皮脂や汗に強いタイプを選ぶのがおすすめ。さらに、塗り方も重要です。手に出して肌の上に乗せたら、スポンジを使って馴染ませてくださいね。そうすると肌にしっかり密着しますよ。

ファンデーション選びも大切。リキッドファンデーションの場合は、下地と同じく汗や皮脂に強いものを選びましょう。厚塗りすると崩れやすいので、薄く塗って均一に仕上げるのがポイントです。

そしてパウダーファンデーションの場合も、薄く塗って肌にしっかりとフィットさせてくださいね。

アイメイクで顔をはっきりと

マスクをすると口元が隠れるので、顔の印象をはっきりとさせるためにはアイメイクが重要!アイシャドウをしっかりと塗りましょう。ですが目元しか見えていないので、アイラインをがっつり塗ると派手に見えることがあります。

そこで、アイラインではなくマスカラを重視するのがおすすめ。アイラインをいつもよりも控えめにしたら、ビューラーでまつげを根元からしっかりと上げましょう。

そしてマスカラを上下のまつげに塗ってください。マスクの蒸気でまつげが下がるのを防ぐために、クリアマスカラでキープさせるのもおすすめですよ。

また、目の下のクマを隠すことも大切!マスクによってクマが目立つことがあるので、コンシーラーでカバーしてくださいね。

チークで血色のいい顔に

マスクで見えないからチークをしない方もいるかもしれませんが、顔の血色をよく見せるためにチークは大切です。マスクを外したときにも、チークをしていれば明るい表情をキープできるでしょう。

マスクをするときのチークのポイントは、鼻の横あたりに入れることです。ワイヤーがあたる部分に入れると崩れてしまうので、なるべくあたらない所に塗ってくださいね。

クリームで肌の乾燥を防ごう

マスクがあたって肌が乾燥してしまう方には、クリームを使うのがおすすめ。

少し硬めのクリームをちょっとだけ出して、マスクの肌に当たる部分に塗ってみてください。そうすれば、クリームがクッションの役割を果たしてくれますよ。

メイク直しはどうする!?

いくら崩れにくいメイクを心がけても、崩れてしまうことはあります。また、マスクを外さないといけなくなったときには、メイク直しをしたいですよね。そんなときには、簡単にできるメイク直しで乗り切りましょう。

やさしくティッシュオフ

まずは、崩れて浮いてきてしまったファンデーションなどを取り除きましょう。ティッシュで軽くおさえるのがおすすめです。ゴシゴシこするのはNGなので気をつけてくださいね。

コンシーラーや部分用ファンデーションでカバー

ヨレを取り除いたら、ファンデーションが取れた部分だけをカバーしましょう。コンシーラーや部分用ファンデーションを使うととても手軽ですよ。

最後にパウダーでおさえる

最後に、メイク直しをした部分にパウダーを少しのせてください。肌がサラサラになって、マスクにメイクが付きにくくなります。

マスクメイクを楽しもう

マスクをしているときも、いろんな工夫をしてみてください。メイクを楽しみましょう♡
TOP
無題ドキュメント