マスクでも崩れない!仕事中も乗り切る鉄壁メイク術

マスクでも崩れない!仕事中も乗り切る鉄壁メイク術

通勤や通学、仕事中など一日中マスクをつけている人も多いはずです。 フルメイクでマスクをつけたらいつもよりメイク崩れしやすいと感じることはないでしょうか。 いつものメイクに一工夫加えてメイク崩れを防ぐ方法を紹介します。
通勤や通学、仕事中など一日中マスクをつけている人も多いはずです。
フルメイクでマスクをつけたらいつもよりメイク崩れしやすいと感じることはないでしょうか。
いつものメイクに一工夫加えてメイク崩れを防ぐ方法を紹介します。

マスクのメイク崩れは摩擦と湿気で起きる


マスクをしていてメイクが崩れる主な原因は摩擦と湿気です。
それぞれ対策によってある程度防ぐことができます。
具体的な対策方法をチェックしてみましょう。

摩擦はマスクのサイズや形柄を見直そう

マスクを着用していると肌とマスクが触れて擦れる状態になります。
小さな刺激ではありますが、仕事中など長時間マスクをつけっぱなしにしていると摩擦で肌荒れすることもあります。

マスクの摩擦が気になるときはマスクのサイズがあっているか、正しくつけられているかを確認してください。
当然ながら、小さすぎると肌に擦れるのでメイクが崩れやすくなります。
正面から見た時にマスクがほほとほほ骨をすっぽり覆っているのがちょうどいいサイズです。

またマスクの素材を変えることによって摩擦が軽減されることもあるので、試してみましょう。

湿気が気になる人はベースメイクを変えてみよう

マスクの内部は息がこもって湿度が高まります。
ファンデーションがどろどろになってしまう人もいるかもしれません。

マスク内の湿気は雑菌の温床にもなるため、マスクの時には肌に負担をかけるようなベースメイクは避けるようにしましょう。
ファンデーションは必要な部分だけにして最低限の化粧下地だけのベースメイクにしてみてください。

仕事中にも崩れにくいマスクメイク


仕事をしているとなかなかメイク直しをする時間も取れません。
ちょっとした工夫でメイク崩れを防ぐ方法を紹介します。

ファンデーションは濡れスポンジで最小限に

マスクでのメイク崩れを防ぐためにファンデーションはできるだけ薄く伸ばすようにして塗りましょう。
乾燥肌の人は美容オイルなどをプラスして伸びを良くして使う方法もあります。

またスポンジを一度濡らしてからファンデーションを伸ばすようにすると伸びやすくツヤがある仕上がりになります。
メイクを肌に密着させるイメージでむらなく塗っていきましょう。

フェイスパウダーは無色のもの


仕上げに使うフェイスパウダーは皮脂を吸着してメイク崩れを防いでくれます。
濃い肌色のフェイスパウダーはカバー力はあるものの、マスクにつきやすくメイクがよれやすくなります。
仕上げにつけるのであれば透明のパウダーでサラサラに仕上げましょう。

肌荒れや色ムラなど気になる部分はコンシーラーやコントロールカラーで事前にカバーしてください。

チークは水分があるものを

チークもパウダータイプのものはマスクにつきやすくメイク崩れしやすくなります。
ナチュラルに仕上げるなら、クリームタイプやリキッドタイプのチークを使いましょう。
ほほの上に何度かとんとんと重ねるようにしてチークをのせるとにじみ出るような血色になります。

メイクキープ用のフェイスミストを使う

朝メイクをしたら仕上げにメイクをキープしてくれるフェイスミストをつかってみしょう。
フェイスミストを顔に噴射しておくことで、メイクへの付着やよれを防いでくれます。
汗や涙にも強いので暑い時期にもおすすめです。
化粧直しの回数を減らしたいという人も使ってみてください。

仕事中でも崩れないメイクは朝に決まる


仕事やお出かけでもメイクを崩さないポイントは朝にあります。
時間をかけて肌とメイクをしっかりとなじませることで、化粧がよれにくく崩れにくくなります。
普段しているメイクにプラスしてみるだけでも変化はあるので、今すぐにでもぜひためしてみてください。

TOP