朝の工夫が一日を決める!夏のマスクメイクにおすすめのテクニック集

朝の工夫が一日を決める!夏のマスクメイクにおすすめのテクニック集

新しい生活様式になってから初めての夏は苦労した人も多いでしょう。 酷暑に加えてマスクをつけているせいで、すぐにメイクがドロドロになってしまいます。 夏のマスクメイクにおすすめのメイクテクニックを紹介します。
新しい生活様式になってから初めての夏は苦労した人も多いでしょう。
酷暑に加えてマスクをつけているせいで、すぐにメイクがドロドロになってしまいます。
夏のマスクメイクにおすすめのメイクテクニックを紹介します。

夏のマスクメイクを崩さないテクニック スキンケア編


夏にメイクが崩れやすい理由として挙げられるのが汗や皮脂です。
もちろんメイクでカバーすることも大切ですが、スキンケアは見逃していないでしょうか?
メイクを崩さないためのスキンケアテクニックをまとめました。

メイク前には洗顔料で洗う

普段から朝の洗顔は水だけという人もいるかもしれません。
夏は寝ている間にも皮脂分泌が進んでいるため、メイク前には洗顔料を使って皮脂や汚れを落としておくようおすすめします。

ただし、ゴシゴシ擦ったり、洗浄力が強すぎる洗顔料を使ったりしてしまうと、肌を守ろうとする働きによって、逆に皮脂分泌が活発になってしまいます。
洗顔料はたっぷりと泡立てて、皮脂や汚れを浮かせてからしっかりと洗い流すように心がけましょう。

化粧水は水分をたっぷり浸透させる

洗顔の後は、化粧水で水分を補給しましょう。
冷やした化粧水やシートパックを使うと快適で、化粧水の保湿効果でしっとりとしてきます。
もし時間がない場合は、手のひらで顔を包み込むように浸透させると効果的です。

夏でも保湿は必須

ベタベタするからという理由で、夏は化粧水だけでスキンケアをしている人は少なくありません。
しかし、紫外線など刺激が多い夏は肌にもダメージが蓄積します。
化粧水の後には適度な油分を補ってケアしましょう。
油分は多すぎるとメイク崩れしやすくなってしまうので、クリームや乳液を適量に調整して使います。

夏のマスクメイクを崩さないテクニック メイクアップ編


スキンケアが終わったら、いよいよベースメイクです。
ベースメイクのテクニックによってメイク直しの手間も全く変わります。
ちょっとした工夫でメイク崩れを防ぎましょう。

ファンデーションは水あり使用でひんやり

夏のメイクがすぐに崩れてしまう場合、ファンデーションが肌に密着していない可能性があります。
ピタッと肌にファンデーションを密着させるにはスポンジに水を含ませてファンデーションを伸ばしてみましょう。

水を含ませてからぎゅっと絞ったスポンジでファンデーションを伸ばしていきます。
水を使うことで肌にフィットして薄付きでも崩れにくくなります。

メイク直しはメイク崩れに合ったものを

メイク直しは崩れた部分に応じて適切な方法を選んでください。
Tゾーンを中心に崩れた場合は、あぶらとりで軽く押さえてからパウダーではたきましょう。

汗や皮脂で全体が崩れた場合は、皮脂を押さえてからミストで水分を補給します。
崩れた部分のファンデーションをぬぐってから、再度塗りなおします。
崩れていない周囲となじませれば完成です。

ベビーパウダーとフィックスミストで仕上げる

ファンデーションを塗った後は皮脂を吸着してくれるパウダーをはたきましょう。
またメイクの最後にはメイクキープスプレーを使います。
スプレーが乾いてから手で押さえてなじませるようにするとメイクが長持ちします。

夏メイクを楽しむためにもメイクしたてのキレイをキープしよう


夏のメイクは思い切った色のアイシャドウやアイカラーで遊んで楽しめます。
しかし、せっかくの夏メイクも崩れてしまってはもったいないでしょう。

夏のポップカラーやラメのメイクを楽しむためにも、メイク崩れは事前に防ぎましょう。
メイク崩れを防ぐことによって、マスクにも付着しにくくなります。
マスクやメイク崩れでテンションが下がりがちな夏も、ちょっとした一工夫で乗り切りましょう。

TOP