アラフォー女性におすすめの一重メイクのポイントを解説します

アラフォー女性におすすめの一重メイクのポイントを解説します

大人になったからこそ楽しめるものはたくさんあります。 メイクもそのひとつではないでしょうか。 二十代のはつらつとした若さもいいですが、大人の落ち着き、自然体でさまになるよそおいも、その年代ならではの魅力です。 アラフォー世代にぴったりのメイク、今回は特に一重まぶたさんに焦点を当てて解説していきます。
大人になったからこそ楽しめるものはたくさんあります。メイクもそのひとつではないでしょうか。

二十代のはつらつとした若さもいいですが、大人の落ち着き、自然体でさまになるよそおいも、その年代ならではの魅力です。

アラフォー世代にぴったりのメイク、今回は特に一重まぶたさんに焦点を当てて解説していきます。

アラフォー女性の一重メイクは抜け感が決め手


アラフォー女性の一重メイクは、作りすぎず重くならない「抜け感」のある仕上がりが理想です。一重まぶたメイクは二重と同じように塗ってしまうと腫れぼったくなったり、目ではなくメイクが強調されたりしがちです。そのため、抜け感を上手に作ってあげることがポイントになります。

アラフォー女性のフルメイクは「頑張ってる」感が出てしまう?


メイクはTPOに合わせてするものです。フォーマルな場などではきちんとしたフルメイクが華やかで映えますが、普段はもう少し肩の力を抜いているほうが印象もよいのではないでしょうか。

大人女性のメイクは引き算が原則です。

アラフォー女性のメイクは自然体がかっこいい

アラフォー世代といっても、今はそのあり方もさまざまで、多様性の時代と言われます。だからこそ、自分の道を進んでこの世代に差し掛かった女性には、それぞれの「自然体」があるはずです。力いっぱいアピールしなくても内側からにじみ出るものがあるからこそ、ナチュラルで飾らない姿勢がかっこいい世代といえます。

一重まぶたのアラフォー女性向けポイントメイク


一重まぶたさんが地味になりすぎず、また目元がうるさくならないメイクをパーツごとにご紹介します。

アラフォー女性の一重まぶたメイク・アイライン

使用するアイライナーはジェルライナーがおすすめです。リキッドライナーよりも線がやさしく、ペンシルよりもテクスチャがやわらかいのでスルスル描けるのもポイントです。色はグレーブラウンやブラウン、ブラウンブラックなど、真っ黒よりも肌馴染みのよい色がベターです。

まつげを埋めるように描くことで、やわらかさを保ったまま自然に目元の印象を高めることができます。目尻は少し長めに引くとよいでしょう。

アラフォー女性の一重まぶたメイク・アイシャドウ

アイシャドウはベージュやブラウン、オレンジなどの中から、自分の肌色に合わせて選ぶとよいでしょう。一重まぶたにはグラデーションで入れていくのがおすすめです。アイホール全体には暗すぎないベージュ系を、目のキワは濃い目の色をのせ、目尻にいくにつれて濃い色をメインにしていきます。パール系は全体に入れず、黒目の上部分にハイライトとして入れるようにしましょう。

まぶたが腫れぼったく見える人は、ベースにブルー系を仕込むと目元が明るくなります。

アラフォー女性の一重まぶたメイク・眉

やわらかく自然な眉を作るには、パウダーアイブロウがおすすめです。薄い色から濃いめの色までセットになっているタイプなら、自然な陰影をつけていくことができます。細すぎる眉よりも、太めのナチュラル眉のほうが相性がよいといえます。

アラフォー女性の一重まぶたメイク・チーク

チークもあくまで自然に見えるカラーを選ぶのがよいでしょう。ほのかに血色が見えるようなカラーのクリームチークをぽんぽんとのせるとナチュラルな仕上がりになります。

アラフォー女性の一重まぶたメイク・リップ

引き算メイクのバランスには、透け感のあるリップがよく合います。シアータイプのリップカラーを選ぶと、メイク全体が透明感のある仕上がりになります。

一重まぶたのアラフォー女性は抜け感メイクで「こなれ感」を出していこう


一重まぶたの大人女性におすすめした抜け感メイクですが、ポイントをおさえていけば地味顔ではないナチュラルメイクを楽しむことができます。作りすぎない、でも手抜きではない「こなれ感」のあるスタイルを目指しましょう。

TOP
無題ドキュメント