ナチュラルで健康的!あたたかみのあるモテメイクのやり方

ナチュラルで健康的!あたたかみのあるモテメイクのやり方

メイクをするときは、目を大きく、シミを消して…など、少しでもキレイになりたくて力を入れるものですよね。 しかしそれが逆効果になってしまうことも。 せっかく時間をかけ、ていねいにメイクをしたのに厚化粧になってしまうこともあるでしょう。 それはとても悲しいこと。 モテメイクのコツを把握し、ほどよい色気と、ナチュラルなメイクを目指しましょう!

モテメイクのコツ

モテメイクのコツを知らなければモテメイクはできませんね!
モテメイクはナチュラルで健康的であることが大切。
具体的にはどんな点に注意すればよいのか知っておきましょう。

シミやソバカスを無理に隠そうとしない

シミやソバカスが気になってしまう、という人も多いでしょう。
でも、無理に隠さない方がよい場合も。

シミやソバカスを隠そうとしてファンデーションを厚塗りすれば、不自然な顔色になってしまいます。
ファンデーションの重ね塗りは肌への負担になり、シミやシワを増やしてしまうことも。

コンシーラーを使うのもおすすめですが、ちょっとしたシミやソバカスなどは隠さない方がナチュラルです。

とにかくぼかしてメイク感を出さない

眉毛を描いています、アイシャドウはグラデーションにしています、というくっきり感はNGです。
カラーはぼかして、メイクをしていることを意識させないことが大切です。
チークやシェーディングなどもぼかして、境目を作らないようにしましょう。

ツヤ感を出すのがポイント

モテメイクで重要なのが肌の質感です。
ツヤのある健康的な肌を作るのがポイント。
ツヤと透け感のある肌はそれだけで美しいもの。
メイクをしているかどうか分からない、素肌のような肌づくりをしましょう♪

ナチュラルでキレイ!モテメイクのポイント

ナチュラルで健康的なのが大切、ということが分かったら、実際はどうすればよいのかモテメイクのポイントを紹介しましょう。

スキンケアで素肌をキレイにする

やっぱり大切なのは素肌がキレイなことです。
スキンケアをきちんとして、キレイな素肌づくりをしましょう。
肌荒れをしていると、どうしてもカバーしなければならないため、素肌感が出にくくなります。

洗顔や保湿をしっかりすること、肌に合わない化粧品を使わないこと、スキンケアの方法が間違っていないか確認すること、など肌をいたわるケアをしましょう。
夜メイクを落とさずに寝てしまう、なんてことはダメですよ!

ベースメイクはピンク系

下地クリームなどベースメイクはピンク系がおすすめです。
ピンク系は肌を健康的に見せてくれます。
ほんのりピンク色の印象を与えることも、モテメイクでは重要ですよ♡

フェイスパウダーを用意

リキッドなどカバー力のあるファンデーションより、フェイスパウダーを活用するのもおすすめです。
カバー力のあるファンデーションは、シミやソバカスをカバーしてくれますが、メイク感が出やすいものです。

フェイスパウダーをサッと一塗りするだけなら、厚塗り感が出ませんね。
細かいラメが入っていれば、ツヤ感も出ます。
肌への負担も軽いので、肌質改善も期待できますよ。

カラーは暖色系がおすすめ

アイシャドウやリップは暖色系を使いましょう。
ブルーなどの寒色系は、メイク感が強く出やすいです。
温かい色の方がナチュラルで優しい雰囲気になりますよね♪
アイラインも黒よりブラウンやボルドーなどの色を使うとよいですよ♡

マスカラは控え目に

マスカラをたっぷり塗りたい衝動を抑え、控え目にしてみましょう。
がっつりマスカラを塗れば、ぱっちりした目元になりますが、メイク感もバッチリ出てしまいます。
それは厚化粧にも見えてしまうものです。

まつ毛は毛先を整え、透明マスカラだけでもOK。
物足りない場合は、控え目に塗りましょう♪

ナチュラルであたたかみのあるメイクを意識しよう

モテメイクのポイントは、ナチュラルで健康的、さらにあたたかみのあるメイクです。
メイク、してない?と思わせるようは素肌感と自然な色味を使うのがコツ♪
いわゆる引き算メイクをしてみましょう。
キレイな素肌を作るためにも、日々のスキンケアは手を抜かないようにしましょうね!
TOP