チークっていらないの?マスクメイクの時ポイントメイクを紹介!

チークっていらないの?マスクメイクの時ポイントメイクを紹介!

メイクはマナーとしてはもちろん、気分を上げるためにも大切です。 しかし、マスクが生活の必需品となり、仕事や通勤にマスクをずっとつけている人も多いでしょう。 マスクでもメイクが上手くできたらうれしいもの。 チークやアイメイクなどマスクメイクのポイントを紹介します。
メイクはマナーとしてはもちろん、気分を上げるためにも大切です。
しかし、マスクが生活の必需品となり、仕事や通勤にマスクをずっとつけている人も多いでしょう。
マスクでもメイクが上手くできたらうれしいもの。
チークやアイメイクなどマスクメイクのポイントを紹介します。

マスク美人に見せるチークの入れ方は


マスクをしていると顔の半分が隠れてしまうため、メイクが楽になると考える方が多いかもしれません。
しかし、そのまま普段のメイクの半分の手間で済むかと言えばそうではありません。
マスクで隠れる分、顔の上半分の印象は強くなるものです。
マスク美人に見せるメイクのポイントを紹介します。

血色感を活かすチークで明るく

チークはほほに入れるため、マスクでほぼ隠れてしまいます。
マスクのときにチークを活かしたメイクをするなら、ほほ上につながるような自然な流れで目の周りのCゾーンにグラデーションでチークを入れていきます。
マスクでも見えている部分に血色感をプラスすることによって、マスクでも健康的に魅せることができます。

チークはリキッドタイプを選ぼう

チークはパウダータイプを使うとメイクがよれやすく、マスクにつきやすくなります。
クリームタイプやリキッドタイプのチークを指にのせてからぽんぽんと伸ばすようにしましょう。

ハイライトやノーズシャドウで印象を変える

マスクをしていると鼻の大部分は隠れます。
眉から目元につながる部分の雰囲気だけで、鼻筋の印象が大きく変わります。
ハイライトとノーズシャドウを普段使っていないという人もこれをきっかけにチャレンジしてみましょう。

透明のプレストパウダーで崩れを防ぐ

メイクが終わった後はパウダーで仕上げましょう。
パウダーが皮脂を吸着してくれるので、てかりや化粧崩れを防いでくれます。
肌色のパウダーはマスクにつきやすいので透明のパウダーを薄くなじませるようにしてください。
仕事中のメイク崩れが気になるという人はメイクキープスプレーも試してみてください。

アイメイクで楽しもう


アイメイクはマスクをしていても目立つ部分。
社会人であればきちんと感を出す部分でもあるので、丁寧に仕上げましょう。
アイメイクのポイントを紹介します。

崩れにくいアイメイクを目指す

パウダータイプのアイシャドウはちょっとした摩擦などでよれたり取れたりしてしまいます。
パウダータイプのアイシャドウを使うときには、アイシャドウベースを使ってメイク崩れを防ぎましょう。
アイシャドウベースを使うと後から塗るアイシャドウの発色も良くなります。

またクリームシャドウなら指でとんとんと伸ばすだけなので、不器用な人でも簡単にアイメイクを楽しめます。
ツヤやラメが入ったものだと目元が華やかになり立体感も出ます。

マスカラとアイライナーはウォータープルーフ

マスク内は湿気が多くなり、メイク崩れの原因になります。
マスカラやアイラインをキープするにはアイライナーとマスカラはウォータープルーフのものを選びましょう。
マスカラは落ちやすくなるので、根元からしっかりとビューラーで上げてマスカラ下地も使いましょう。

眉毛は明るめカラーで優しく

せっかく見えているからといってアイメイクを濃くすると厚化粧でキツイ印象になってしまいます。
マスクの時はアイラインやアイブロウは明るめの色を使ってふんわり仕上げましょう。

マスクでも自分が好きなメイクを楽しもう


マスクだからと、メイクを諦めると気分も上がりません。
マスクの時だからこそ、いつもとちょっと違うメイクを楽しんでみるのも良いでしょう。
マスクの色や形にこだわるなど、マスクのファッションやメイクを変えてみると、マスク生活も楽しくなってくるはずです。

TOP