在宅勤務でもメイクはしたほうが良い?

在宅勤務でもメイクはしたほうが良い?

職場へ出社する日にメイクをせずにすっぴんで出かけるという人は、ほとんどいないでしょう。しかし在宅勤務の場合は自宅で仕事をしますし、誰かと顔を合わせるわけではありません。そのため、わざわざメイクをするのが面倒だと感じる人は多いものです。

在宅勤務だとメイクが面倒という人は多い


職場へ出社する日にメイクをせずにすっぴんで出かけるという人は、ほとんどいないでしょう。しかし在宅勤務の場合は自宅で仕事をしますし、誰かと顔を合わせるわけではありません。そのため、わざわざメイクをするのが面倒だと感じる人は多いものです。

在宅勤務でもメイクはしたほうが良いのでしょうか?ある化粧品メーカーが行ったアンケートによると、メイクをする人としない人とでは、半数ぐらいずつという結果が出ました。年代別では、20代は在宅ならメイクはしないという人が多いのに対し、30代以降になると在宅でも一応メイクをするという人が多いです。

在宅勤務は仕事をしない週末と比べて、大きな違いがあります。それは、家にいるという部分は共通していても仕事をするという点です。Web会議やテレビ会議などが急に入ったりすると、メイクをしていないと恥ずかしい思いをするかもしれません。また、外出しなければいけない時はメイクをしていないと準備に時間がかかってしまうでしょう。

その日のスケジュールを完全に把握していて、誰にも顔を見られることがないと確信できる時には、メイクをしないという選択肢はアリかもしれません。しかし、いつ何が起こるか分からないなら、在宅勤務でもメイクをするのが安心です。

在宅勤務でもメイクをするメリットは多い

在宅勤務によって自宅で仕事をする時にもメイクをすることは、たくさんのメリットがあります。

1つは、肌を乾燥や紫外線から守るというメリットです。メイクをしなくてもスキンケアをきちんとしていれば、肌を乾燥から守れると考える人は多いです。しかし、自宅でエアコンや暖房を使えば室内は乾燥し、パソコンやスマホからはブルーライトが放出されているため、肌へのダメージがあります。よって、室内にたくさん加湿器をおいて乾燥対策をしている人でも、ブルーライトによる肌へのダメージ対策としてメイクをするのがおすすめです。

また、緊急の時に慌てないというメリットもあります。メイクをしていればWeb会議でも速やかに参加でき、昼食の休憩時間にはコンビニまでサッと足を運ぶこともできます。メイクをしていないと、それが理由で行動が制限されてしまうことが多いものです。行動しやすい自分づくりという点でも、メイクをする習慣をつけておくことはおすすめです。

気持ちの切り替えができるという点もメリットといえます。在宅勤務でもメイクをするという人の中には、メイクをすることによって気持ちが切り替わり、仕事のスイッチが入るという人がたくさんいます。確かに、起きて洗顔だけした時よりもメイクをしたほうが気持ち的には引き締まります。在宅勤務でなかなか仕事モードになれないという人は、出勤する時のようにメイクをするのが良いかもしれません。

在宅勤務のメイクは工夫次第で簡単

在宅勤務のメイクは通勤する日と全く同じでもOKです。しかし、一日中他人の視線を気にする必要がない在宅という点を生かして、簡単で肌に負担をかけず、見た目が良いメイクを心がけてみてはいかがでしょうか?

在宅勤務メイクの1つ目のポイントは、ベースメイクで肌にかかる負担を軽減することです。通勤に時間がかからないため、誰でも朝は普段より自由になる時間が多くなります。その時間を上手に利用して、スキンケアは肌にたっぷりと潤いを与える保湿ケアを心がけると良いでしょう。朝のスキンケアでたっぷり保湿しておけば、一日の中で肌が受ける乾燥やダメージを軽減できます。

2つ目のポイントは、ファンデーションではなくてBBクリームやCCクリームを使うことです。BBクリームもCCクリームも見た目はファンデーションと同じですが、肌に負担がかからない設計となっています。しかも、気になるシミやくすみをコンシーラーを使わなくてもカバーできるので、機能面でとても優秀です。商品の中には、ブルーライトをカットできるハイスペックなアイテムもあります。上手に活用すると良いでしょう。

3つ目のポイントは、ファンデーションを使うなら肌への負担が軽減できるミネラルファンデーションを活用することです。出社する時は化粧崩れが心配という人でも、在宅勤務ならその心配はありません。できるだけ肌に負担がかからないファンデーションを選べることが、在宅勤務メイクの醍醐味です。

おすすめの在宅勤務メイクはナチュラルメイク


在宅勤務におすすめのメイクは、手抜きをしてもバレにくいナチュラルメイクです。例えば、アイメイクならナチュラルカラーのアイシャドウをサッと塗り、マスカラとアイブロウだけで仕上げるという方法もいいでしょう。アイブロウはペンシルやブラシなどを使って丁寧に立体感を出す必要はなく、パウダーとブラシで軽く形を整えるだけでも、きちんと感を演出できます。

もしナチュラルメイクでは血色が悪く見えてしまうという人は、チークとリップのメイクに明るい色を使うことで、血色を良く見せることができます。
TOP
無題ドキュメント