マスクメイクで蒸れる…蒸れないためにはどうするべき?

マスクメイクで蒸れる…蒸れないためにはどうするべき?

新型コロナウイルスの関係から、マスク着用が当たり前になりつつあります。 感染を防ぐためにマスク着用を嫌がる人は少ないでしょうが、着用のデメリットもあります。 それはマスクによって蒸れることです。 蒸れてしまうとメイク崩れなどを引き起こすこともあるので、女性にとっては憂鬱でしょう。 今回はマスクメイク時の蒸れについて紹介していきましょう。
新型コロナウイルスの関係から、マスク着用が当たり前になりつつあります。
感染を防ぐためにマスク着用を嫌がる人は少ないでしょうが、着用のデメリットもあります。

それはマスクによって蒸れることです。
蒸れてしまうとメイク崩れなどを引き起こすこともあるので、女性にとっては憂鬱でしょう。

今回はマスクメイク時の蒸れについて紹介していきましょう。

マスクメイクで蒸れるとどうなる?


マスク着用時に蒸れるとどんなことが起こるのかを見ていきましょう。
特に肌が弱い人などはどうなるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

これからもマスクは欠かせないので蒸れることについてはしっかり覚えておきましょう。

汗をかきやすくなる

普段呼吸をすることで外気を取り込み体温を調整することができますが、マスクを着用するとあたたかい空気しか入ってこないため、身体の温度を上昇させてしまいます。
マスクを着用していると息苦しさ等を感じる人もいるでしょう。

これは体温が上昇していることで起こるのです。

体調不良を起こしてしまう人もいますが、これは体温の調節が上手くいっておらず、体温の上昇に身体が追い付いていないことが原因と言われています。

雑菌が繁殖しやすくなる

汗をかきやすくなるということは、それだけ雑菌が繁殖しやすい環境になることです。
過剰な汗や皮脂分泌はメイク崩れだけではなく、雑菌を繁殖させて不要な体調不良を引き起こすのです。

雑菌は甘く見てはいけません。
人によっては雑菌で大きな体調不良を引き起こすこともあるので、しっかり対策しなければいけません。
しかも、使い捨てマスクではなく繰り返し使える布マスクの場合は、使用後にしっかり洗わないと雑菌が繁殖した状態が続いてしまうので注意が必要です。

もちろん、使い捨てマスクの使い回しは厳禁です。

肌トラブルが起こりやすくなる

汗や皮脂が過剰に分泌され、雑菌が繁殖しやすくなることで肌トラブルにも繋がります。

特に肌が弱い人は些細なことで肌トラブルを起こす可能性があるので注意しましょう。
肌が弱い人じゃなくても、マスクをしている部分の蒸れなどでニキビなどが出来やすくなっています。

マスクメイクで蒸れないためには?


マスクメイクで蒸れないためにはどうすればいいのか、と悩む人も多いでしょう。
こちらでは、蒸れないための工夫について見ていきます。

パウダーで抑える

メイクの後にフェイスパウダーで軽く抑えてあげると、汗などを抑える効果があります。
他にもあぶらとり紙なども活用しましょう。

あぶらとり紙を使う際は、こするのではなくおさえる感覚で行ってください。
あぶらとり紙でこすってしまうと摩擦によって肌がダメージを受けます。

冷感アイテムを活用する

暑い時期に販売されている冷感アイテムも積極的に活用しましょう。

熱い場所に使うのもいいですが、首やデコルテに使用することで肌の体感温度がより冷たく感じられるようになるのでおすすめです。

その後に気になる部分に使いましょう。

こまめに汗を拭く

冷感アイテムのひとつにアイスシートなどがあります。
それらを使ってこまめに汗を拭くようにしましょう。
汗を放置すればするほど雑菌が繁殖する原因となるので注意してください。

雑菌が繁殖するだけではなく、時間が経てば汗特有の嫌なニオイを発する原因にもなります。
そのため、可能な限りこまめに汗を拭くようにしましょう。

マスクメイク時に蒸れない工夫をしよう!


冷感マスクなども販売されているので、自分なりの蒸れない工夫を見つけましょう。

今回紹介したすべてをする必要はありませんが、自分に必要な対策をひとつは持っておきましょう。
冷感アイテムなどはさまざまなものがあるだけではなく、バッグに入れていてもかさばらないのでひとつでもしのばせておくといいかもしれません。

TOP