ブルベとは何のこと?その特徴や配色のおすすめを紹介

ブルベとは何のこと?その特徴や配色のおすすめを紹介

透明感のある綺麗な肌は、女性なら誰でも憧れる肌です。「ブルベ」や「イエベ」は雑誌などでよく紹介される美容の専門用語で、女性なら一度は聞いたことあるのではないでしょうか?人の肌は「ブルーベース」と「イエローベース」の2種類に分けられ、「ブルベ」とはブルーベース、「イエベ」とはイエローベースを略した言葉です。自分の肌の色に合わせたメイクやアイテムを取り入れることにより、いつものメイクと違う印象になれるでしょう。
透明感のある綺麗な肌は、女性なら誰でも憧れる肌です。「ブルベ」や「イエベ」は雑誌などでよく紹介される美容の専門用語で、女性なら一度は聞いたことあるのではないでしょうか?

人の肌は「ブルーベース」と「イエローベース」の2種類に分けられ、「ブルベ」とはブルーベース、「イエベ」とはイエローベースを略した言葉です。自分の肌の色に合わせたメイクやアイテムを取り入れることにより、いつものメイクと違う印象になれるでしょう。

同じブルベでも違う!それぞれの特徴


ブルベとは、茶色系より黒系の色味が似合う肌の方を言います。日焼けをすると赤くなりやすく、地毛が真っ黒に近い色で、寒色系の色味の方はブルベである可能性が高いでしょう。また、手のひらがピンクや青っぽいとか、手首の血管が青いと、ブルベであると言えます。また、ブルベの中でも、「ブルベ夏(サマー)」と「ブルベ冬(ウィンター)」の2種類に分かれ、それぞれ同じブルベでも特徴が少し違います。

ブルベ夏タイプは、ピンク系の明るい肌で、ダークブラウンの瞳の色が特徴です。きめ細やかなふんわりした肌で柔らかい髪、顔立ちは上品で優しい方が多く、落ち着いた印象の持ち主でしょう。

ブルベ夏タイプは、優しいパステルカラーやソフトな中間色が似合います。特に、水色やラベンダー、オフホワイト、ベビーピンクなど、明るく鮮度の控えめな色味が似合うでしょう。これらの色を身につけることで、顔の透明感が上がり、輪郭の立体感が引き立ちます。

ブルベ冬タイプは、瞳がブラックかダークブラウンで白目とのコントラストが強く、シャープな印象が特徴です。顔立ちがはっきりしていて華やかな印象で、クールビューティーな雰囲気があります。

暗めの鮮やかな色味が似合い、ブラックやダークネイビー、レッドなど、強い色も着こなすことができます。色の選択肢が多いため、オシャレの幅が広がるカラーの持ち主です。これらの色を身につけることで、肌の色味が強調され、肌のほうれい線や色むらを抑えることができます。

ブルベに合うメイクカラー

ブルベ肌の方は、白くピンクかかった肌が魅力的なので、肌の透明感を引き出すことができるブルー系のカラーが似合います。

ファンデーションは、ライト系でピンクが入っているものを選びましょう。アイシャドウは、ブルー系や青みがかかったピンクやパープルもおすすめです。チークやリップも青みのあるローズ系を選ぶと、肌の色味と合うメイクができます。

ラメ感があるメイクをしたい場合は、シルバー系のラメを合わせたメイクがおすすめです。イエローベースの黄みかかっている化粧品カラーを使ってしまうと、肌が浮いてしまい、肌色を悪く見せてしまう可能性があるでしょう。また、メイクだけでなく、髪も寒色系のブラウンなど、暗めの色が似合います。インパクトが欲しい場合には、ピンクやパープル系のカラーもおすすめです。

ブルベのファッション配色のおすすめ


ブルベ夏タイプは涼しげなイメージで、穏やかで上品なスタイルが似合います。ブルーやグレーを着ても肌の色と合うため、地味な印象になりません。おすすめは、シンプルでソフトなグラデーション配色です。しかし、ラフな服装をしてしまうとだらしなく見えてしまう可能性があるため、着こなしを崩しすぎず、しっかりとした印象を与えましょう。

ブルベ冬タイプはハードな色が似合うため、オーソドックスなスタイルが似合います。ブラック、ホワイト、グレーなどの暗い印象の服を華やかに見せることができるでしょう。また、強いコントラストの配色でアクセントをつけることで、キレがあるメリハリのついたファッションになるのでおすすめです。

ブルベの避けた方がいい色とは?


ブルベ肌の方は、基本的に、真逆のイエローベースのような黄みかかった色味は避けた方が良いでしょう。

ブルベ肌の方がオレンジなどの暖色を取り入れた場合は、肌色に暖色が負けてしまい、顔色が悪く見られる可能性があります。もし苦手な色を取り入れたい場合は、顔の周りは避け、分量を少なくすることで、抜け感のある魅力的なコーディネートができるでしょう。

ブルベ夏タイプの方は、鮮やかな色や極端な淡い色を避けた方がよいと言われています。苦手な色味を着てしまうと顔色が重く感じられ、色に負けて浮いた印象になってしまいます。ブルベ夏タイプはブラックが似合うので、素材を柔らかいものにして、ブルーやグレーなどが混ざった生地を選ぶと、華やかになるでしょう。

ブルベ冬タイプの方は、地味な中間色や明るい色を避けた方がよいと言われています。苦手な色味を着てしまうと顔がぼけた印象になり、顔色が暖色に負けて疲れて見えるなどのデメリットがあります。ブルベ冬タイプの方も、ブラックを着ると顔立ちが際立ち、はっきりした印象になるでしょう。アクセントに色を入れると、着こなしのバリエーションが増えます。
TOP
無題ドキュメント