マスク着用時の美人度はまゆげが決める!?

マスク着用時の美人度はまゆげが決める!?

マスク着用時は顔の半分が隠れてしまいます。 そのため、目元やまゆげに注目が集まってしまうのです。 マスクメイクの時は目元を重点的にする人が多いですが、意外とまゆげもチェックされています。 そして、目元に集中するあまりまゆげをおざなりにしてしまう人も多いのです。
マスク着用時は顔の半分が隠れてしまいます。
そのため、目元やまゆげに注目が集まってしまうのです。

マスクメイクの時は目元を重点的にする人が多いですが、意外とまゆげもチェックされています。

そして、目元に集中するあまりまゆげをおざなりにしてしまう人も多いのです。

マスクメイク時のNGまゆげ


こちらでは、マスクメイク時のNGまゆげについて見ていきましょう。
どのようなまゆげがNGとされているのかを知ることで、NGまゆげを避けることができます。

ナチュラルすぎる

マスクメイクで注目されているものが「ナチュラルメイク」です。

肌への負担や化粧崩れ等を考えてナチュラルメイクの傾向があるのですが、まゆげはナチュラルすぎると顔色が悪く見えてしまいます。

そのため、濃すぎるものも良くありませんが薄すぎないように工夫をしなければいけません。

曖昧な太さ

マスクメイク時にまゆげをしっかり見せるためには、曖昧な太さではいけません。
特に眉尻がぼんやりしている、ムダ毛が目立つなどは清潔感が損なわれてしまうのです。

特にムダ毛の場合は横顔を見せた時に悪い印象を与えてしまうので気を付けなければいけません。
太さは自分では気づきにくい部分でもあるので注意しましょう。

眉下ラインのバランスが悪い

眉下の輪郭がぼやけている、がたがたになっているなどアンバランスさも化粧崩れを起こしているような雰囲気になってしまうのでおすすめしません。

先述したようにぼやけてしまうと、清潔感が損なわれるだけではなく、ぼんやりした人という印象を与えてしまうのです。

そのため、まゆげの輪郭などはぼやけさせないようにしなければいけません。

マスクメイク時の美人なまゆげとは?


NGなまゆげがあるのですから、おすすめされているまゆげというものもあるはずです。
こちらでは、どのようなまゆげがおすすめされているのかを見ていきましょう。

凛とした細さ

まゆげは太ければいいというものではありません。

眉尻を細めに仕上げることで、すっきりとした雰囲気を作ることができます。
すっきりとした雰囲気にすることで清潔感が生まれ、普段以上に美しさを演出することができます。

ただし、細すぎるまゆげはあまり印象が良くありません。
太すぎず、細すぎず、適度な太さを考えましょう。

眉下ラインがはっきりしている

眉下ラインを際立させることで、目元をいきいきとした雰囲気にすることができます。

目元がいきいきとしていれば表情も明るく見えるので、マスクをしていてもメイク映えします。
はっきりさせると言っても過剰な濃さでは違和感しか生みません。

理想としては髪の色よりも若干明るいくらいを目安にしましょう。

適度な濃さ

先述したように、はっきりさせた方がいいと言ってもまゆげが濃すぎると浮いて見えます。

マスクによって顔のほとんどが見えないからこそ、余計に濃すぎるまゆげに違和感が出るのです。
そのため、適度な濃さが求められます。

髪の色より少し明るめ、という部分を覚えておけば自分に合う色を見つけることができます。
自分だけではわからないの部分もあるので、家族などに違和感があるかどうかを見てもらうこともひとつの方法です。

マスクメイクの時はまゆげの濃さに注目しよう


マスクメイクの際、アイメイクにばかりこだわりがちですがまゆげにもしっかり注目しましょう。

アイメイクをしっかり仕上げても、まゆげがアンバランスであれば意味がありません。
アイメイクをしっかりしている分、まゆげの不自然さが際立ってしまうからです。

濃すぎず薄過ぎずという美容なさじ加減ではありますが、しっかり自分に合うまゆげの濃さを見つけて、メイク映えのするものを見つけましょう。

TOP